賀谷英司

日本のサッカー選手

賀谷 英司(がや えいじ、1969年2月8日 - )は北海道室蘭市出身のサッカー指導者、元サッカー選手。ポジションはDF

賀谷 英司 Football pictogram.svg
名前
愛称 エイジ
カタカナ ガヤ エイジ
ラテン文字 GAYA Eiji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-02-08) 1969年2月8日(51歳)
出身地 北海道室蘭市
身長 176cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992
1992-1996
1997
1998-1999
2000-2001
住友金属
鹿島アントラーズ
横浜マリノス
京都パープルサンガ
ベガルタ仙台
25 (0)
79 (0)
26 (0)
0 (0)
64 (2)
監督歴
2007
2010-2011
2012-2013
2014
2015
コンサドーレ旭川U-15監督
鹿島ジュニアユース監督
鹿島ノルテジュニアユース監督
杭州緑城U-14 監督
杭州緑城U-16 監督
1. 国内リーグ戦に限る。2010年12月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

高校卒業後から鹿島アントラーズの前身である住友金属工業蹴球団に所属。1993年に開幕したJリーグでは、左サイドバックのレギュラーとしてサントリーシリーズでの優勝に貢献した。しかし、1994年にはのちに日本代表の主力となる相馬直樹の入団とともに出場機会は減少し、1997年には横浜マリノス、1998年にはサンガに移籍したが、出番はなかった。

2000年からはベガルタ仙台に移籍し、レギュラーの座をつかむも、2001年限りで選手を引退。2002年からはベガルタのアシスタントコーチに就任し、以後サッカー指導者の道に進む。2003年から2007年までは地元北海道のチームであるコンサドーレ札幌の下部組織で指導を行い、2008年に古巣である鹿島アントラーズの育成組織コーチに就任し、2012年から2年間ジュニアユースの監督を務めた。

現役時代は「なんてったって賀谷英司」という横断幕が目立っていた。

所属クラブ編集

指導歴編集

  • 2002年 ベガルタ仙台 コーチ
  • 2003年 - 2005年 コンサドーレ札幌U-15 コーチ
  • 2006年 コンサドーレ札幌U-18 コーチ
  • 2007年 コンサドーレ旭川U-15 監督
  • 2008年 - 2009年 鹿島アントラーズノルテジュニアユース コーチ
  • 2010年 - 2011年 鹿島アントラーズノルテジュニアユース 監督
  • 2012年 - 2013年 鹿島アントラーズジュニアユース 監督
  • 2014年 杭州緑城U-14 監督[2]
  • 2015年 杭州緑城U-16 監督[2]
  • 2016年 - 北海道コンサドーレ札幌U-15 コーチ[2]
  • 2018年 ー JFAアカデミー福島女子U-18監督

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 住金 JSL1部
1988-89 住金 JSL1部
1989-90 住金 JSL2部 4 0 0 0
1990-91 住金 16 JSL2部 10 0 0 0
1991-92 住金 16 JSL2部 9 0 0 0
1992 鹿島 - J - 5 0 3 0 8 0
1993 鹿島 - J 27 0 6 1 5 0 38 1
1994 鹿島 - J 35 0 1 0 1 0 37 0
1995 鹿島 - J 16 0 - 0 0 16 0
1996 鹿島 - J 1 0 2 0 0 0 3 0
1997 横浜M 2 J 26 0 5 0 0 0 31 0
1998 京都 3 J 0 0 1 0 0 0 1 0
1999 京都 3 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 仙台 4 J2 38 2 2 0 1 0 41 2
2001 仙台 4 J2 26 0 1 0 1 0 28 0
通算 日本 J1 105 0 20 1 9 0 134 1
日本 J2 64 2 3 0 2 0 69 2
日本 JSL1部 2 0
日本 JSL2部 23 0 0 0
総通算 194 2

その他の公式戦


参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2001』p144
  2. ^ a b c 2016 北海道コンサドーレ札幌 アカデミースタッフ決定のお知らせ

関連項目編集