賊軍(ぞくぐん)とは、天皇朝廷)の意思に叛逆し天皇朝廷より口頭、詔勅綸旨等の手段により討伐、鎮撫、もしくは宣戦布告を受けた勢力の保持する軍勢のこと。小規模の場合は「賊徒」とも書かれる。「官軍」の対語。

定義編集

朝敵、逆賊、国賊などとほぼ同じ意味であるが、「朝敵」や「国賊」という言葉が、最少では一人でも成立する言葉であるのに対して、「賊軍」とは軍勢を率いて戦う規模の反乱で、国家転覆を企む意図を持ち得る部隊を指す。武装戦闘集団であり一揆とは異なる。平将門の様に賊軍の首魁(国賊)でありながら、神として奉られる場合もある(神田明神)。南北朝時代の場合は、南北両帝が並立しており、互いに相手側を「賊」と呼んでいた経緯もあるため、どちらの立場であったかで定義が異なる。対外戦争に関しては、白村江の合戦などにおける唐・新羅の連合軍は「賊軍」の範疇に含まれるが、開戦詔勅を伴わない豊臣秀吉朝鮮出兵の際の敵軍は「賊軍」の範疇に含まれない。嘉永6年以降の戦死者の場合は靖國神社の本殿に奉られているか否かで判別が可能である。

「賊軍・朝敵」の歴史(伝承も含む)編集

  • 土蜘蛛
  • 長髄彦(神武天皇即位前) -『日本書紀』では自己の正統性を主張するため互いに神璽を示し合ったが、それでも長髄彦が戦い続けたため饒速日命の手によって殺されたとされる。神武天皇が浪速国青雲の白肩津に到着したのち、孔舎衙坂(くさかのさか)で迎え撃ち、このときの戦いで天皇の兄の五瀬命は矢に当たって負傷し、後に死亡している。その後、八十梟帥兄磯城を討った皇軍と再び戦うことになる。このとき、金色の鳶が飛んできて、神武天皇の弓弭に止まり、長髄彦の軍は眼が眩み、戦うことができなくなった。日本書紀・神武紀には、この時の様子を次のように記している[1]
皇師(みいくさ)遂に長髄彦を撃(う)つ。連(しきり)に戦ひて取勝(か)つこと能(あた)はず。時に忽然(たちまち)にして天(ひ)陰(し)けて雨氷(ひさめ)ふる。乃ち金色(こがね)の霊(あや)しき鵄(とび)有りて、飛び来りて皇弓(みゆみ)の弭(はず)に止れり。其の鵄(とび)光(ひか)り曄煜(てりかかや)きて、状(かたち)流電(いなびかり)の如し。是に由りて、長髄彦が軍卒(いくさのひとども)、皆迷ひ眩(まぎ)えて、復(また)力(きは)め戦はず。長髄(ながすね)は是(これ)邑(むら)の本(もと)の號(な)なり。因りて亦(また)以て人の名とす。皇軍(みいくさ)の、鵄の瑞(みつ)を得るに乃りて、時人(ときのひと)仍(よ)りて鵄邑(とびのむら)と號(なづ)く。今鳥見(とみ)と云ふは、是(これ)訛(よこなば)れるなり[1] — 岩波日本古典文学大系

長髄彦に率いられて戦った賊軍で後に帰順したのが、饒速日命を祖とする物部氏で、サムライを表す「もののふ」の言葉の語源となった氏族であるが、元々は賊軍の帰順者の末裔である。

外敵編集

承久の変における官軍敗北の影響編集

承久の変官軍は賊軍に敗北したため、以降朝廷は事実上、賊軍(幕府)に屈服する異常事態が続いた。幕府は朝廷を監視し、皇位継承も管理するようになり、朝廷は幕府をはばかって細大もらさず幕府に伺いを立てるようになった。院政の財政的基盤であった八条院領などの所領も一旦幕府に没収され、治天の管理下に戻されたあともその最終的な所有権は幕府に帰属した。承久の変には、鎌倉と京都の二元政治を終わらせて武家政権を確立する意義があったと考える学者もいる[2]

幕末編集

禁門の変で御所へ向けて発砲した長州藩が賊軍とされた。しかし孝明天皇崩御後、薩摩藩の盡力によって長州藩の名誉回復が成された。王政復古後の小御所会議徳川慶喜は辞官納地を拒み、不穏空気のまま大坂へ籠城。朝廷の召しに応じて最上洛の際、武装を固くして鳥羽伏見を通過しようとした為、薩摩藩に制止される。慶応4年1月3日申刻、砲声が空に轟いたのを切っ掛けとして、両軍が戦闘となるが、旧幕軍勢が御所の方へ向けて発砲した事により、朝廷より朝敵とされる。慶喜は大坂へ敗走し、船で江戸に逃げ帰り隠居して謝罪と恭順の姿勢を表し、更に旧幕軍勢にも朝廷と戦わぬよう再三に渡り指示を行った。しかしながら、慶喜の指示を無視して、朝廷と戦った旧幕府軍は「賊軍」となった。

会津藩の名誉回復を図って奥羽越列藩同盟が組まれたが、当初、朝廷側は戦いを避け、会津藩恭順を受け入れる姿勢を見せていたが、恭順条件を拒否したり、勤王派の重臣・神保修理を切腹させるなど、優柔不断な態度に出る。(桑名藩は恭順条件を受け入れて許されている)その後、官軍側の参謀・世良修蔵を賊軍側の徹底抗戦勢力が惨殺した事により、会津藩は恭順の機会を逃し賊軍として討伐された。明治維新後、旧幕関係者は「賊軍」と呼ばれることを不名誉に感じ「東軍」と呼び変える例がある(歴史修正主義)。

明治編集

征韓論争の際、西郷隆盛板垣退助らは朝鮮国の不義、無礼を糺そうとし、朝鮮征伐の詔勅を得ようとしたが、岩倉具視らの反撥によって果たせず野に下った[3]明治六年政変)。これにより自由民権運動が起こる契機となった[3]。 その後、実質的に明治時代「賊軍」となったのは西南戦争などでの反乱士族とその同調者のみである。

長らく汚名を被っていた旧幕府軍に対し、西南戦争関係者の名誉回復は比較的早く、1889年(明治22年)に西郷隆盛大赦で許されたのを皮切りに、大正時代が終わるまでに関係者の多くは名誉回復している。

ことわざ編集

俗に「勝てば官軍、負ければ賊軍」といったがあり、「道理はどうあれ勝った側が正義である」という意味であるが、承久の変など、官軍が負けた例もあり「勝てば官軍」という言葉は史実に照らし合わせれば正確ではない。どちらかと言えば、敗軍側が「負け惜しみ」や「自己正当化」の手段として使う例が多い。同様な文言に「歴史は勝者によって作られる」などがある。これらの言葉の裏には、自分は正当だが合戦で負けたため、正当性を封じ込められているのであるという、自己中心的思想が淵源に存在する。

承久の変の場合、北条義時建武政権を滅ぼした足利尊氏は、朝廷によって賊軍とされたが官軍を撃破した。しかしこの場合であっても、当時の文献にも「官軍敗走」などと記載があり「官軍」が負けて「賊軍」となるという図式は成立していない。

戊辰戦争の場合も歴史的経緯を見れば、ことわざのように、勝った側が「官軍」となり、負けた側が「賊軍」となった訳ではなく「官軍」が勝利し「賊軍」が負けた合戦であった。

また、大東亜戦争の場合は、賊軍側の連合国軍国連)が勝利しており、国連憲章には敵国条項に日本が記載されるなど、不当に憲法が改正され軍隊が解体される結果となった。

賊軍戦歿者合祀未遂事件編集

2017年靖國神社の徳川康久宮司らが共謀し、会津藩士や西郷隆盛ら「賊軍」戦歿者を同社本殿に合祀しようとする活動を誘発した事について批判が殺到し、翌年責任を取って宮司を辞任した。(歴史修正主義)。

官軍が敗北した合戦編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本書紀』
  2. ^ 鈴木かほる『相模三浦一族とその周辺史』新人物往来社
  3. ^ a b 『自由党史』

参考文献編集

関連項目編集