跡見学園中学校・高等学校

跡見学園中学校・高等学校(あとみがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都文京区大塚一丁目にある私立女子中学校高等学校

跡見学園中学校・高等学校
Atomi Gakuen Junior and Senior High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人跡見学園
設立年月日 1875年1月8日
創立記念日 1月8日
創立者 跡見花蹊
共学・別学 男女別学(女子のみ)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13562D
所在地 112-8629
東京都文京区大塚一丁目5番9号

北緯35度43分4.3秒 東経139度44分4.2秒 / 北緯35.717861度 東経139.734500度 / 35.717861; 139.734500座標: 北緯35度43分4.3秒 東経139度44分4.2秒 / 北緯35.717861度 東経139.734500度 / 35.717861; 139.734500
外部リンク 跡見学園中学校高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

完全中高一貫校学校法人跡見学園が設置する。

概要編集

校名は創始者の跡見花蹊に由来する、日本人が設立した最古の女子教育機関である[1]

1915年には大正天皇の即位を記念して紫袴の「平常服」を制定、これが日本の女学校として最初の制服となった[2]

戦前は上流階級女子の多くが学び、「ごきげんよう」の淵源とされている[3]

大和和紀の漫画「はいからさんが通る」に登場する女学校「跡無女学館」のモデルとされる[4][5]

沿革編集

  • 1859年 - 跡見花蹊が、大阪・中之島にあった父跡見重敬の私塾を受け継ぎ、私塾経営を開始(のち京都に移転)。
  • 1875年 - 中猿楽町において私立跡見学校を開校。
  • 1888年 - 小石川柳町の新校舎落成式ならびに新築記念祝賀式
  • 1913年 - 新校舎落成式 財団法人跡見女学校設立認可
  • 1932年 - 大塚新校舎に移転
  • 1944年 - 跡見女学校廃止、跡見高等女学校発足
  • 1947年 - 学制改革により跡見学園中等部設立
  • 1948年 - 跡見学園高等学校設置認可
  • 1950年 - 跡見学園中等部を跡見学園中学校に改める
  • 1951年 - 財団法人跡見高等女学校を学校法人跡見学園に組織変更認可
  • 1990年 - 中学校高等学校新校舎竣工
  • 1995年 - 創立120周年
  • 2005年 - 創立130周年
  • 2015年 - 創立140周年 

学校行事編集

クラブ活動編集

文化系
  • 演劇部
  • 音楽部
  • 化学部
  • 家庭部
  • 合唱部
  • 器楽部(吹奏楽班、リコーダー班)
  • グラフィクス部
  • 繊維工芸部
  • 美術部
  • 物理部
  • 文芸部
  • 放送部
  • 英語部
  • 軽音楽部
  • かるた部
運動系
  • 剣道部
  • 水泳部
  • ソフトテニス部
  • ソフトボール部
  • 卓球部
  • 体操部
  • ダンス部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • バレーボール部
同好会
  • 書道同好会
  • パソコン同好会
  • 謡曲仕舞同好会
  • 陸上競技同好会
  • サッカー同好会

このほか週1回、希望者に実費徴収の上「課外授業」が行われている。 開講されているのは以下の講座。

  • 茶道
  • 英会話
  • 英語検定講座
  • 箏曲
  • 華道

制服編集

 ※2016年度モデルチェンジ、濃紺からライトグレーへリモデル。
制服は夏暑く冬だと寒い

交通編集

 
 

著名な出身者編集

旧制跡見学校・跡見女学校・跡見高等女学校編集

新制跡見学園中学校・高等学校編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル大辞泉、小学館 コトバンク、2021年2月28日閲覧。
  2. ^ 跡見学園の歩み 制服 学校法人跡見学園、2021年2月28日閲覧。
  3. ^ 学校法人跡見学園 (2005年11月12日). “跡見学園-130年の伝統と創造 二 飛躍への助走―中学校高等学校 (PDF)”. p. 270. 2019年3月17日閲覧。
  4. ^ かつては上流階級が集う名門 漫画「はいからさんが通る」のモデル「跡見学園女子大学」とはどのような大学なのか 中山まち子、アーバンライフメトロ、2020年8月14日配信、2021年2月28日閲覧。
  5. ^ 別冊宝島編集部『はいからさんが通るの世界』(宝島社、2017年)99頁。

外部リンク編集