メインメニューを開く

金子ノブアキ

金子 ノブアキ(かねこ ノブアキ、1981年6月5日 - )は、日本ドラマー俳優。本名、金子 信昭(かねこ のぶあき)[1]愛称は「あっくん」。「N.K.」とも呼ばれる。ロックバンド・RIZEのメンバー。東京都世田谷区下北沢出身[1]イトーカンパニー、およびILLCHiLL所属。血液型B型[1]

金子 ノブアキ
別名 金子 統昭
生誕 (1981-06-05) 1981年6月5日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区下北沢[1]
ジャンル ロック
パンク・ロック
ハードコア・パンク
ミクスチャー・ロック
オルタナティブ・ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1993年 -
レーベル ILLCHiLL
共同作業者 RIZE
かねこ ノブアキ
金子 ノブアキ
本名 金子 信昭
別名義 金子 統昭
生年月日 (1981-06-05) 1981年6月5日(37歳)
身長 178 cm[2]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1994年[1]-
配偶者 あり(2013年 - )
著名な家族 ジョニー吉長(父)
金子マリ(母)
KenKen(弟)
事務所 イトーカンパニー
公式サイト 金子ノブアキ公式サイト
主な作品

映画

スイート・スイート・ゴースト
クローズZEROII

テレビドラマ

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
軍師官兵衛

ドラマーのジョニー吉長を父に、歌手の金子マリを母に持つ[3]。RIZEのベーシストであるKenKenこと金子賢輔は弟で、兄弟共にリズム隊を組んでいる。

2013年11月、元モデルの一般人女性と結婚[3]2017年10月に第1子が誕生した[4]

目次

人物編集

  • ドラマーとしての評価が非常に高く、数多くのアーティストの作品、ツアーに参加している。
  • 斎藤工とは同い年で同じ地元出身[5]で、友人関係にある[6]。斎藤が手掛ける2017年公開予定の映画『blank13』では、金子が音楽を担当する[7]
  • 北米プロバスケットボールリーグ(NBA)のゴールデンステート・ウォリアーズのファン[8]
  • 小学校の時に『ドラゴンクエスト』や『FINAL FANTASY』などのRPGに熱中して以降、筋金入りのゲーマー[9]。『週刊ファミ通』でKenKenと「スーパーカネコブラザーズ[10]」というコラム連載をしていたり[11]、ゲームプレイヤーとして番組を担当したこともある[12]

音楽編集

バンド編集

  • Gonna Be Fun :『ポンキッキーズ』内で、ともさかりえ(Vo)、鮫島巧(G)と組んだバンド。1997年11月1日東芝EMIからシングルCD「BIRTHDAY PARTY」リリース。
  • RIZE : JESSE(Vo)と実弟KenKen(Ba)との3ピースバンド。RIZEを参照。
  • DADAS : 井手大介(Vo&G)、田中秀基(Ba)、秋満謙章(G)、金子(Ds)によるインディーズバンド[13]。DiSiLLUSiON RECORDiNGS所属。
  • TORCERSE(トルセルセ): 2006年12月に、金子とKenKenによるユニットとして結成。セッション等のライヴを主な活動としている。
  • AA= : 上田剛士(THE MAD CAPSULE MARKETS)のソロプロジェクト。ライブツアーにドラムサポートで参加。
  • LANDS

ソロ活動編集

2009年よりソロ活動を開始。

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年7月15日 オルカ ILCD-002 iLLCHiLL
オリコン最高93位
2nd 2014年2月12日 Historia WPCL-11715 オリコン最高67位
3rd 2016年5月11日 Fauve VPCC-81874

配信シングル編集

  • LOBO(2015年10月9日配信開始)[14]
  • illusions(2018年10月3日配信開始)[15]

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
牛島悟郎 嘘とサル
清水康彦 Historia
不明 オルカ

ツアー編集

  • Nobuaki Kaneko Tour2016 “Fauve”(2016年6月)[16]
  • nobuaki kaneko showcase 2018 autumn(2018年10月27日、BananaHall / 10月29日、名古屋ブルーノート / 11月4日、WWW X)[17]

関連アーティスト編集

使用機材編集

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

配信ドラマ編集

  • ハング(2014年9月20日 - 配信、dビデオ) - 小沢駿介 役[35]

映画編集

DVD編集

CM・広告編集

ラジオ編集

雑誌編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 金子ノブアキ”. Smartザテレビジョン. 2016年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月8日閲覧。
  2. ^ 金子 ノブアキ”. タレント名鑑. VIPタイムズ. 2018年1月23日閲覧。
  3. ^ a b “RIZE金子ノブアキ 一般女性と結婚”. サンケイスポーツ. (2014年3月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140305/mar14030511270001-n1.html 2015年1月25日閲覧。 
  4. ^ “金子ノブアキ、第1子誕生報告も「辛い…」その理由”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年10月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171025-OHT1T50133.html 2017年10月25日閲覧。 
  5. ^ 2013年5月27日放送 21:00 - 22:48 日本テレビ しゃべくり007”. ワイヤーアクション (2013年5月27日). 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  6. ^ “斎藤工、監督した映画「blank13」で海外映画祭目指す”. スポーツ報知. (2016年9月19日). オリジナル2016年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160920191401/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160919-OHT1T50214.html 2017年10月10日閲覧。 
  7. ^ 斎藤工、監督作のキャストを発表。 金子ノブアキが音楽を担当”. エンタメOVO. 共同通信社 (2016年9月19日). 2016年9月25日閲覧。
  8. ^ “金子ノブアキ:ウォリアーズの連覇に期待 「ホームでの優勝が見たい」”. MANTANWEB. (2016年6月9日). http://mantan-web.jp/2016/06/09/20160609dog00m200041000c.html 2016年6月12日閲覧。 
  9. ^ 「金子ノブアキ×PS4」、『BARFOUT!』第254巻2016年11月号、ブラウンズブックス、2016年10月19日、 50-51頁。
  10. ^ 「いい電」「トルテ」「おとなのしくみ」「べーしっ君」ファミ通30th復活祭り”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年6月2日). 2018年7月29日閲覧。
  11. ^ 金子ノブアキ (2015年3月19日). 【特別企画】RIZE・金子ノブアキさんが語る「もうPS4じゃなきゃダメかもしれない!」【インタビュー】(1/2). (インタビュー). ファミ通.com.. https://www.famitsu.com/news/201503/19073755.html 2018年7月29日閲覧。 
  12. ^ a b 金子ノブアキが『Bloodborne(ブラッドボーン)』で死闘に挑む!地上波番組が3月16日より放送開始【動画あり】”. ファミ通.com. Gzブレイン (2015年3月12日). 2018年7月29日閲覧。
  13. ^ DADAS (2007年9月18日). DADASインタビュー. (インタビュー). HMV&BOOKS onlineニュース.. http://www.hmv.co.jp/news/article/709180054/ 2018年4月29日閲覧。 
  14. ^ 金子ノブアキ、新曲は清川あさみ作品インスパイア”. 音楽ナタリー (2015年9月2日). 2016年8月17日閲覧。
  15. ^ 金子ノブアキ、新作でSKY-HIとコラボ”. BARKS (2018年8月31日). 2018年12月2日閲覧。
  16. ^ 金子ノブアキ、幻想的でパワフルなステージが終幕!”. ザテレビジョン (2016年8月14日). 2016年8月17日閲覧。
  17. ^ 金子ノブアキ、2年ぶりソロツアー開催決定”. BARKS (2018年7月25日). 2018年7月29日閲覧。
  18. ^ Def Tech 日本赤十字社CM曲「Bolero」iTunes限定配信”. Musicman-net. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2012年7月19日). 2018年4月29日閲覧。
  19. ^ THE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士によるソロ・プロジェクト、AA=が2009年3月に初の単独ツアーを開催することが決定”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2008年12月18日). 2018年4月29日閲覧。
  20. ^ Chara新作にBUMP直井・RIZE金子ノブアキ他が参加”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2008年5月13日). 2018年4月29日閲覧。
  21. ^ Buono!、アルバム『Buono!2』にはRIZEの新風も”. BARKS (2009年2月11日). 2018年4月29日閲覧。
  22. ^ 大橋トリオ、ロックな新アルバム&初の野音含む全国ツアー”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2013年1月18日). 2018年4月29日閲覧。
  23. ^ 6話以降は主人公の父親・鈴木雄吾役や国土交通大臣・篠田博之役で出演し、実質一人3役を演じている
  24. ^ 金子ノブアキ (2016年1月26日). 「はぶらし/女友だち」で熱演中の金子ノブアキを直撃. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/71111/ 2016年6月12日閲覧。 
  25. ^ “仲間由紀恵主演ドラマ『楽園』黒木瞳、夏帆、石坂浩二らキャスト発表”. ORICON STYLE. (2016年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2080126/full/ 2016年10月18日閲覧。 
  26. ^ 金子ノブアキ『CRISIS』最終章で最強の敵役 現場の空気感に「仲間で合流したかった」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月6日). 2017年6月13日閲覧。
  27. ^ カメラマン・金子ノブアキ、ジェンダーレスのヘアメーク・徳井義実、敏腕編集長のリリー・フランキーが真木よう子をサポート”. インターネットTVガイド (2017年6月22日). 2017年10月10日閲覧。
  28. ^ 金子ノブアキ (2017年9月23日). 金子ノブアキ「非現実的で鮮明に覚えている」宮崎勤元死刑囚の再現ドラマで刑事役熱演. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/122065/ 2017年10月10日閲覧。 
  29. ^ 小林聡美&大島優子出演ドラマに金子ノブアキ、松たか子、宮藤官九郎ら豪華ゲスト陣”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年9月22日). 2018年4月29日閲覧。
  30. ^ 金子ノブアキ (2018年5月17日). 金子ノブアキがドラマ「スモーキング」を語る。「血も流れますけど、流れ出ているものは心」. (インタビュー). インターネットTVガイド.. http://www.tvguide.or.jp/news/20180517/01.html 2018年7月29日閲覧。 
  31. ^ 主演・金子ノブアキが「新鮮!」CMの常識覆す新感覚ノンストップドラマ全容”. Muscat. フジテレビ (2018年6月5日). 2018年7月29日閲覧。
  32. ^ 金子ノブアキが再び“伝説の刑事”を熱演。「直撃!シンソウ坂上SP」で地下鉄サリン事件の真相を追う”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2018年10月2日). 2018年12月2日閲覧。
  33. ^ “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  34. ^ 金子ノブアキの半生に迫る特別番組がオンエア 最新インタビューが到着「命がある限り、このバンドのために身を捧げるつもり」”. SPICE. イープラス (2018年2月6日). 2018年3月5日閲覧。
  35. ^ 金子ノブアキ (2014年10月22日). 金子ノブアキが配信ドラマ「ハング」に出演! 男だらけの現場の方が楽!?. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/51615/ 2018年3月5日閲覧。 
  36. ^ “芝居でジャムった”現場とは?MIYAVI×金子ノブアキ『ギャングース』クランクアップ映像”. 映画ランド (2018年11月19日). 2018年12月2日閲覧。
  37. ^ 永野の撮り下ろしDVD「Ω」に斎藤工、金子ノブアキが友情出演”. お笑いナタリー (2016年4月13日). 2016年9月25日閲覧。
  38. ^ 川上洋平&金子ノブアキ、glamb春コレクションのモデルに”. 音楽ナタリー (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。

外部リンク編集