銀色 夏生(ぎんいろ なつを、1960年3月12日 - )は、日本女性詩人随筆家写真家作詞家

銀色 夏生
誕生 (1960-03-12) 1960年3月12日(60歳)[1]
日本の旗 日本宮崎県えびの市[1]
職業 詩人随筆家写真家作詞家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 埼玉大学教養学部[1]
代表作 『君のそばで会おう』[1]
『つれづれノート』[1]
活動期間 1982年 -
公式サイト 銀色夏生 公式ホームページ
テンプレートを表示

概要編集

1960年、宮崎県えびの市に生まれる[1]。えびの市内にある真幸小学校真幸中学校小林市内にある小林高校を卒業したのち、埼玉大学教養学部を卒業[1]

1982年に作詞を始め、のちに本の制作に専念する。著書に掲載されている写真とイラストも自ら手がけている。また詩だけではなく、創作の物語なども執筆している。『君のそばで会おう』と『つれづれノート』シリーズを代表とする著書[1]は150冊を超える。作詞は「そして僕は途方に暮れる」「ゴーゴーヘブン」や、2011年度NHK全国学校音楽コンクールの課題曲であった「僕が守る」など[1][2]

著書編集

  • 黄昏国 河出書房新社 (1985/08)
  • 無辺世界 河出書房新社 (1986/06) のち新潮文庫
  • さりさりくん 河出書房新社 (1986/11/01)
  • 月夜にひろった氷 河出書房新社 (1987/12) のち新潮文庫
  • 青い玉 (KADOKAWA GREETING BOOK) 角川書店 (1988/12/01)
  • 微笑みながら消えていく 角川書店 (1989/11)
  • 悲しがる君の瞳 角川書店 (1990/10)
  • ONLY PLACE WE CAN CRY 角川書店 (1991/02)
  • 冬の道(写真集)角川書店 (1992/12)
  • 葉っぱ 幻冬舎 (1994/07) のち文庫 (2002/04/01)
  • とにかくあてもなくてもこのドアをあけようよ 幻冬舎 (1995/11) のち文庫 (2003/8/1)
  • 夕方らせん 新潮社 (1996/02) のち文庫 (2001/06)
  • ミタカくんと私 新潮社 (1997/03) のち文庫 (2000/06)
  • 砂の魚 幻冬舎 (1997/09)
  • ひょうたんから空 -ミタカ シリーズ2- 新潮社 (1999/09) のち文庫 (2002/06)
  • 丘をバラ色に染めながら 自選詩集 角川書店 (2003/06/21)
  • テレビの中で光るもの 幻冬舎 (2007/11) のち文庫 (2009/08/01)
  • 銀色夏生の視点 幻冬舎 (2008/06)
  • 銀色夏生---その瞳の奥にある自由(【責任編集 銀色夏生】文藝別冊) 河出書房新社 (2010/11/26)
  • 今、この瞬間だけに生きよう。 共著:まっきー、ミラ PHP研究所 PHP文芸文庫 (2011/03/15)
  • 新装版 サリサリくん 河出書房新社 (2011/05/26)
  • ECTON×銀色夏生 VOICE (2011/06/25)
  • 偶然(CD付き自選写真詩集) 幻冬舎 (2011/07/08)
  • 増補新版 黄昏国 河出書房新社 (2011/07/21)
  • こころのこぶた(言葉カード) VOICE (2011/09/09)
  • 増補新版 無辺世界 河出書房新社 (2011/09/23)
  • 増補新版 月夜にひろった氷 河出書房新社 (2011/11/19)
  • ひかりのいと 朗読のための自選詩集 KADOKAWA (2016/11/02)
  • こういう旅はもう二度としないだろう 幻冬舎 (2017/12/07)

角川文庫編集

  • これもすべて同じ一日 (1986/12/01)
  • わかりやすい恋[3] (1987/12/01)
  • LESSON (1988/04)
  • Go Go Heavenの勇気 (1988/07)
  • 波間のこぶた (1988/08)
  • あの空は夏の中 (1988/09/01)
  • 君のそばで会おう (1988/09/22)
  • このワガママな僕たちを (1988/12)
  • 詩集 ロマンス (1989/05/01)
  • Post card (1989/08)
  • Balance (1989/11)
  • こんなに長い幸福の不在 (1990/07)
  • つれづれノート (1991/06/01)
  • Pin・up(ピンナップ)「花」 (1991/07)
  • 宵待歩行 (1991/10)
  • 四コマ マンガ (1991/12)
  • 春の野原 満天の星の下 (1992/04/01)
  • 光の中の子どもたち (1992/11)
  • ナルシス ナルくん (1993/01)
  • 外国風景(1993/03)
  • つれづれノート (2) (1993/06/01)
  • 詩集 小さな手紙 (1993/08/01)
  • Post card (2) (1994/01)
  • 流星の人 (1994/05)
  • 毎日はシャボン玉 つれづれノート (3) (1994/07/01)
  • 泡とそよ風 (1995/01)
  • おでこちゃん (1995/03)
  • 遠い島々、海とサボテン つれづれノート (4) (1995/08/01)
  • さようならバナナ酒 つれづれノート (5) (1996/08/01)
  • 君はおりこう みんな知らないけど(1996/10/01)
  • うまいウソ 角川mini文庫 (1996/11)
  • 岩場のこぶた (1997/01)
  • バラ色の雲 つれづれノート (6) (1997/07/01)
  • 好きなままで長く (1997/09)
  • 詩集 散りユク夕ベ (1998/03/01)
  • 風の強い日に考えたこと 角川mini文庫 (1998/06)
  • 気分よく流れる つれづれノート (7) (1998/08/01)
  • 花咲くこぶた 角川mini文庫(1999/02)
  • かわいいものの本 (1999/04)
  • POST CARD ―木と植物― (1999/06)
  • 散歩とおやつ つれづれノート (8) (1999/08/01)
  • 世ノ介先生 (2000/04)
  • 空の遠くに つれづれノート (9) (2000/07/01)
  • バリモルジブ旅行記 (2000/09)
  • そしてまた 波音 (2000/12/01)
  • つりわベイビイズ (2001/04/25)
  • 島、登場。 つれづれノート (10) (2001/06/22)
  • バイバイ またね[4] (2001/10/25)
  • いやいやプリン (2001/12)
  • ケアンズ旅行記 (2002/05/24)
  • どんぐり いちご くり 夕焼け つれづれノート (11) (2002/06/01)
  • ぶつかり体験記 (2002/12/25)
  • 引っ越しと、いぬ つれづれノート (12) (2003/06/25)
  • 家ができました (2003/11/22)
  • 雨は見ている 川は知ってる (2004/04)
  • 庭を森のようにしたい つれづれノート (13) (2004/06/23)
  • イサクのジョーク (2004/08)
  • 保育園に絵をかいた (2004/11/25)
  • 詩集 すみわたる夜空のような (2005/02/01)
  • 川のむこう つれづれノート (14) (2005/06/25)
  • 庭ができました (2005/12)
  • 「メール交換」銀色夏生×HARCO (2006/04/01)
  • 女っておもしろい (2006/06)
  • タトゥーへの旅 (2006/07)
  • ものを作るということ (2006/08)
  • うらない (2006/09/22)
  • やがて今も忘れ去られる (2006/11/01)
  • ばらとおむつ (2007/04/01)
  • 銀色ナイフ (2007/09/01)
  • 子どもとの暮らしと会話 (2008/02/01)
  • 詩集 エイプリル (2008/06/25)
  • ドバイの砂漠から (2008/09/25)
  • 珊瑚の島で千鳥足 続「ばらとおむつ」 (2008/10/25)
  • 第3の人生の始まり つれづれノート (15) (2008/12/25)
  • 食をめぐる旅 (2009/04/25)
  • 決めないことに決めた つれづれノート (16) (2009/06/25)
  • セドナへのスピリチュアルな旅 (2009/08/25)
  • きれいな水のつめたい流れ つれづれノート (17) (2009/12/25)
  • カイルの森 (2010/03/25)
  • 今日、カレーとシチューどっちがいい? つれづれノート (18) (2010/06/25)
  • 詩集 風は君に属するか (2010/08/25)
  • 出航だよ つれづれノート (19) (2010/09/25)
  • しげちゃん田んぼに立つ 続々「ばらとおむつ」 (2011/02/25)
  • 自選詩集 僕が守る (2011/04/23)
  • 相似と選択 つれづれノート (20) (2011/06/23)
  • 衝動家族 「ばらとおむつ」完結編 (2012/01/25)
  • しゅるーんとした花影 つれづれノート (21) (2012/03/24)
  • 自由さは人を自由にする つれづれノート (22) (2012/09/25)
  • 足にハチミツをかける犬の詩集 (2012/11/22)
  • 自分の体を好きになりたい つれづれノート (23) (2013/03/23)
  • 古都トコトコ記・断食への道 (2013/06/21)
  • 自分の心も好きになりたい つれづれノート (24) (2013/09/25)
  • この世の花 (2014/01/25)
  • ひとり、風に吹かれるように―つれづれノート (25) (2014/03/25)
  • 今を生きやすく つれづれノート言葉集 (2014/05/24)
  • 草の穂をゆらす つれづれノート (26) (2014/10/25)
  • バルセロナパリ母娘旅 (2015/01/24)
  • 石とまるまる つれづれノート (27) (2015/03/25)
  • 運動の半年 つれづれノート (28) (2015/09/24)
  • 詩集 夏の森 (2016/01/23)
  • 土から芽が出て風がそよそよ つれづれノート (29) (2016/03/25)
  • 海外旅行熱、急上昇して急降下 つれづれノート (30) (2016/09/22)
  • 心をまっさらに、さらし期 つれづれノート (31) (2017/03/25)
  • ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート (32) (2017/09/23)
  • 空へブーンと。 つれづれノート (33) (2018/04/25)
  • 秘密の花園作り つれづれノート (34) (2018/10/24)
  • 出店にトライ! つれづれノート (35) (2019/04/25) ISBN 978-4041069790
  • 力をぬいて (2019/11/22) ISBN 978-4041086612

幻冬舎文庫編集

  • 恋が彼等を連れ去った (1997/04)
  • ハート (1998/04)
  • へなちょこ探検隊 屋久島へ行ってきました (2001/10)
  • やさしい春を想う (2007/04)
  • 流氷にのりました へなちょこ探検隊2 (2007/08/01)
  • 南九州温泉めぐりといろいろ体験 (2008/08/01)
  • 家族旅行あっちこっち (2009/02)
  • 僕のとてもわがままな奥さん (2010/04/01)
  • 銀色夏生です。ツイッター、はじめます。 (2010/10/08)
  • ひとりが好きなあなたへ (2011/04/12)
  • 私だったらこう考える (2012/04/12)
  • 生活 (2012/08/02)
  • 本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (2013/02/07)
  • 尾瀬・ホタルイカ・東海道 (2013/08/01)
  • 魂の友と語る (2013/12/05)
  • ぷらっぷらある記 (2014/12/04)
  • まっすぐ前 そして遠くにあるもの (2018/02/07)
  • スーパーマーケットでは人生を考えさせられる (2020/2/10) ISBN 978-4344429468

作詞編集

テレビ出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 宮崎日日新聞、2013年1月1日朝刊
  2. ^ Nコン課題曲JukeBox
  3. ^ 歌手デビュー前の森高千里(当時16歳)の写真を使用。
  4. ^ この作品中で使用した写真に、後の吉高由里子(当時11歳)を撮影したものがある。詳しくは吉高の項目を参照。

外部リンク編集