長野県道55号大町麻績インター千曲線

日本の長野県の道路

長野県道55号大町麻績インター千曲線(ながのけんどう55ごう おおまちおみインターちくません)は、長野県大町市大町の国道147号交点から、東筑摩郡麻績村長野自動車道麻績ICを経由して千曲市戸倉の国道18号交点に至る県道主要地方道)である。2003年平成15年)8月31日までは、大町麻績インター戸倉線(おおまちおみインターとぐらせん)という名称であったが、市町村合併により名称変更となった。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
長野県道55号標識
長野県道55号
大町麻績インター千曲線
開通年 1982年
起点 長野県大町市大町
旭町交差点
終点 長野県千曲市戸倉
戸倉交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0147.svg国道147号
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
Japanese National Route Sign 0403.svg国道403号
長野自動車道
Japanese National Route Sign 0018.svg国道18号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

路線データ編集

主要構造物編集

  • 差切トンネル(さしきりトンネル=筑北村坂北差切)
    筑北村の景勝地・差切峡にあるトンネル。2004年(平成16年)開通。
    • 全長:215m
    • 幅員:m
    • 標高:m
  • 坂上トンネル(さかがみトンネル=筑北村坂井 - 千曲市新山)
    その名の通り急カーブの続く難所であった四十八曲峠を迂回する長大トンネル。2005年(平成17年)開通。
    • 全長:1,513m
    • 幅員:7.0m
    • 標高:m
 
千曲川に架かる大正橋。
 
大正橋の上から佐良志奈神社方向を観る。
  • 大正橋(たいしょうばし=千曲市若宮 - 戸倉)
    千曲川に架かる橋梁。初代は大正橋株式会社により1914年大正3年)に有料木橋として架橋(1922年(大正11年)に県に移管)。2代目は1931年昭和6年)に永久橋として架橋された。3代目となる現在の橋は2002年(平成14年)に開通。「恋し(小石)の湯」伝説[1]に基づき、99個の赤い小石が歩道に埋め込まれているほか、『千曲小唄』(竹久夢二1928年(昭和3年))にちなんで、欄干には竹久夢二の美人画のパネルがはめられている。津村信夫志賀直哉などの作品にも登場する。
    • 全長:345m
    • 幅員:17.0m
    • 標高:m

沿革編集

  • 1982年(昭和57年)4月1日:舟場大町線の一部、新田坂北停車場線の一部、更埴明科線の一部、丸子信州新線の一部、坂井戸倉線を主要地方道大町麻績インター戸倉線へ指定[2]
  • 1982年(昭和57年)9月13日:大町麻績インター戸倉線の認定。
  • 2003年(平成15年)9月1日更埴市更級郡上山田町埴科郡戸倉町が合併し、千曲市を設置。大町麻績インター戸倉線を大町麻績インター千曲線へ変更。

重複区間編集

通過する自治体編集

交差・接続する道路編集

大町市編集

生坂村編集

麻績村編集

筑北村編集

千曲市編集

周辺編集

周辺には、犀川などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大正橋 < 小石の湯伝説 > - 千曲市観光協会
  2. ^ 昭和57年建設省告示第935号

関連項目編集

外部リンク編集