戸倉町

日本の長野県埴科郡にあった町

戸倉町(とぐらまち)は、かつて長野県埴科郡にあったである。

とぐらまち
戸倉町
戸倉町旗 戸倉町章
戸倉町旗 戸倉町章
廃止日 2003年9月1日
廃止理由 新設合併
更埴市上山田町戸倉町千曲市
現在の自治体 千曲市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
埴科郡
市町村コード 20522-2
面積 25.23km2
総人口 18,343
推計人口、2003年8月1日)
隣接自治体 更埴市更級郡 上山田町埴科郡 坂城町東筑摩郡 麻績村坂井村
町の木 ヤマザクラヤナギエンジュ
町の花 ツツジマツヨイグサキク
戸倉町役場
所在地 389-0892
長野県埴科郡戸倉町戸倉2388番地
戸倉町役場(現・千曲市役所戸倉庁舎)
外部リンク 戸倉町(Internet Archive)
座標 北緯36度28分17.0秒
東経138度8分53.0秒
戸倉町の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

2003年(平成15年)9月1日に、更埴市更級郡上山田町と合併し、千曲市となったため廃止した。

江戸時代は北国街道宿場町、大正時代から戸倉上山田温泉などで温泉町として発達し、近年は旧更埴市や、長野市上田市への通勤の利便性から人口が増加傾向にあった。

本項では町制前の名称である戸倉村(とぐらむら)についても述べる。

地理編集

北信地方長野地域に位置し、町の中心を千曲川が流れている。

隣接していた自治体編集

歴史編集

地名の由来編集

同地にある鏡台山の山陰に倉科村があり、戸倉はその山陽にあたるので「外倉科」と呼んだ。その後、「科」を取って「外倉」とし、後日「戸倉」と改めた[1]

経済編集

産業編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば戸倉村の篤農家は、「小出熊次郎、岡本藤次郎、瀧澤勝、瀧澤民治、乃木博、永井寅重、柳澤専次郎、宮本十良右衛門、小出九右衛門、宮本兼助、瀧澤延太郎、坂井量之助、高野覚治、中村留三郎、高野育太郎、山崎菊次郎、柳澤立志郎、柳澤喜市、柳澤義美、中村周平、瀧澤菅四郎」などである[2]

商工業
  • 松根屋商店(呉服太物商)[3]
  • 坂井たか、宮本又五郎(商)[3]
  • 大瀧留五郎、宮本嘉助(醤油醸造業)[3]

教育編集

  • 戸倉上山田組合立戸倉上山田中学校
  • 戸倉町立五加小学校
  • 戸倉町立更級小学校
  • 戸倉町立戸倉小学校

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

脚注編集

  1. ^ 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典. “戸倉とは” (日本語). コトバンク. 2020年12月26日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』379-380頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月2日閲覧。
  3. ^ a b c 『商工興信録 本州中部地方』66-67頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月2日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 商工興信合資会社編『商工興信録 本州中部地方』商工興信合資会社、1919年。

関連項目編集