メインメニューを開く

来歴編集

神奈川県横浜市出身[2]。幼少期をドイツで過ごす[2]。日本に帰国後、慶應義塾湘南藤沢高等部で軽音楽部に入部し、音楽活動を始める[3]

2009年慶應義塾大学環境情報学部在学中に「閃光ライオット2009」に出場し、審査員特別賞を受賞する[4]。その後、2010年7月21日に初のミニアルバム『THE』をリリースし、8月から9月にかけて「THE 夏巡業2010」と題したライブツアーを開催する[5]

音楽活動再開後、2011年に「RO69JACK 11/12」に出場し、入賞を果たす[2]。また、2012年11月7日、『THE』以来2年ぶりの新作音源となるミニアルバム『中くらいの話』をリリースする[6]

2014年2月5日、ミニアルバム『いざ行かん』をリリース[7]。このミニアルバムのリリースを記念して、3月22日に自身初のワンマンライブを開催する[8]

2015年9月2日、自身初のフルアルバム『黄金の海であの子に逢えたなら』をリリース、初のワンマンライブツアーを開催する。各所でソールドアウトとなった[9]

2016年10月5日、初シングル「君の住む街」をリリース[10]

2019年5月8日、ユニバーサルシグマより「逆上がりの向こうがわ」でメジャーデビュー。[1]

音楽性編集

エモーショナルでパワフルな歌声[5]と、ユニークな音楽世界[3]が特徴。ライターの成松哲は、ミニアルバム『いざ行かん』の収録曲について「彼女一流の独創的ながらもスムーズなメロディと、リリカルながらも力強い言葉を聴かせる6曲」と評した[11]。関取自身は、自身の音楽について、幼少期をドイツで過ごしたことが影響していると述べている[3]

また、10代から20代になるにあたって音楽性も変化しており、1stアルバム「THE」では「10代が抱える心のえぐみ」を歌っていたが[12]、「中くらいの話」以降は「もっと自分らしい歌を歌いたい」と各所で発言している。

歌唱スタイルについては、アコースティック・ギターによる弾き語りが「原点」であると述べている[11]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 タイトル
1st 2016年10月5日 君の住む街
2nd 2018年1月24日

スタジオ・アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番
1st 2015年9月2日 黄金の海であの子に逢えたなら DQC-1499
2nd 2017年2月15日 君によく似た人がいる DSKI-1001
3rd 2018年6月13日 ただの思い出にならないように DSKI-1003

ミニアルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 発売元
1st 2010年7月21日 THE RIOT-0006 発売元:(有)サンバフリー、閃光レーベル
2nd 2012年11月7日 中くらいの話 DQC-973 DOSUKOI RECORD
3rd 2014年2月5日 いざ行かん DQC-1219 DOSUKOI RECORD
4th 2019年5月8日 逆上がりの向こう側(DVD+CD) UMCK-7011 UNIVERSAL SIGMA
逆上がりの向こう側(CD) UMCK-1621 UNIVERSAL SIGMA

その他編集

  • 関取花のデモ(ライブ会場限定音源) ライブDVD「関取花ホールワンマンライブ〜西でどすこい東でどすこい〜」(ライブ会場限定音源)

参加作品編集

  • 『閃光ライオット2009』(2009年12月2日発売)
    • 「花」で参加[13]
  • 『JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.6』(2012年11月7日発売)
    • 「めんどくさいのうた」で参加[14]

タイアップ編集

楽曲 タイアップ
むすめ 2012年度 神戸女子大学TVCMソング
最後の青 2013年度 神戸女子大学TVCMソング
はつ恋 テレビ神奈川『MUTOMA』2014年4月度テーマソング
彩光 2014年度 神戸女子大学TVCMソング
dawn 映画『ショート・ターム』イメージソング[15]
流れ星 テレビ神奈川sakusaku』2015年9月度テーマソング、TOKYO MX「週末めとろポリシャン」9月度エンディングテーマ
こんにちは こんにちは 2016年 アミュプラザおおいた1周年テーマソング
もしも僕に 2017年 大正製薬「リポビタンD」 WEBCM曲
君の住む街 2017年 ネッツトヨタ広島 50周年 CM曲(のん出演)
しんきんガール 2017年 一般社団法人全国信用金庫協会WEB CM曲
2017年 FCI News Catch! テーマソング
オールライト 2018年 ネッツトヨタ広島 CM曲 (のん出演)

ライブツアー編集

名前 日付 会場 備考
THE 夏巡業2010 2010年8月6日 北海道・札幌COLONY
2010年8月7日 北海道・イオン札幌発寒SC
北海道・札幌Sound Lab mole
2010年8月8日 北海道・イオン苫小牧SC
北海道・札幌Sound Lab mole
2010年8月14日 宮城・仙台MACANA
2010年8月15日 宮城・イオンモール名取エアリ
2010年8月20日 東京・タワーレコード新宿店
2010年8月22日 東京・Shibuya O-EAST
2010年8月27日 熊本・イオンモール熊本クレア
鹿児島・イオン鹿児島SC
2010年8月28日 福岡・キャナルシティ博多
福岡・ゆめタウン久留米
2010年8月29日 長崎・みらい長崎ココウォーク
2010年9月5日 愛知・アスナル金山
2010年9月4日 大阪・あべのHoop
名前 日付 会場 備考
がっぷりよツアー 2017年9月4日 名古屋 CLUB UPSET w/緑黄色社会
2017年9月5日 大阪 Shangri-La w/NakamuraEmi
2017年9月14日 東京 duo music exchange w/奇妙礼太郎
2017年9月22日 仙台 enn2nd w/石崎ひゅーい、井乃頭蓄音団

出演編集

ラジオレギュラー編集

  • 関取花のどすこいラジオ(2014年7月 - 2015年9月29日、Fm yokohama@FM
  • MUSIC ARROWS「水曜日の土俵際」(2016年7月6日 - 2017年6月28日、 TS ONE
  • 帰ってきたどすこいラジオ(2016年9月4日 - 2017年6月26日、Fm yokohama・@FM)
  • GOLD RUSH(2016年10月 - 、 J-WAVE
  • 関取花のどすこいちゃんこラジオ(2019年6月2日 TBSラジオ)

テレビ編集

CM編集

  • イベールチョコアイス(2016年冬季)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 関取花”. RO69JACK. 2012年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 関取花のプロフィール”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2015年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c もりひでゆき. “「閃光ライオット」から3年 女子大生シンガーのリアルな姿を語る”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年11月20日閲覧。
  4. ^ <閃光ライオット>で優勝を勝ち取ったのは、メロディックパンクバンドSHIT HAPPENING”. BARKS (2009年8月8日). 2012年11月28日閲覧。
  5. ^ a b 関取 花のオフィシャル・サイトがオープン!”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2010年7月26日). 2012年11月20日閲覧。
  6. ^ 関取花、神戸女子大CMソング含む2年ぶり新作リリース”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2012年11月4日). 2015年8月14日閲覧。
  7. ^ 関取花、実力派ゲストプレーヤー集結の3rdミニアルバム”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年1月21日). 2015年8月14日閲覧。
  8. ^ 弾き語りにバンドにゲスト!関取花、超充実の初ワンマン”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年3月26日). 2015年8月14日閲覧。
  9. ^ 関取花、9月に初のフルアルバム&全国ツアー”. BARKS (2015年7月3日). 2015年8月14日閲覧。
  10. ^ “関取花、初シングル「君の住む街」を10月にリリース”. 音楽ナタリー. (2016年9月1日). http://natalie.mu/music/news/200175 2016年9月1日閲覧。 
  11. ^ a b 成松哲. “"弾き語りの人"が歌う 自分の原点と今の気持ち”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2015年8月14日閲覧。
  12. ^ もりひでゆき. “「閃光ライオット」から3年 女子大生シンガーのリアルな姿を語る”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 3. 2012年11月20日閲覧。
  13. ^ 閃光ライオット2009”. 閃光レーベル公式サイト. 2012年11月20日閲覧。
  14. ^ JACKMAN RECORDS COMPILATION ALBUM vol.6『RO69JACK 11/12』”. JACKMAN RECORDS公式サイト. 2012年11月20日閲覧。
  15. ^ 関取花、米映画イメージソングを本日より配信”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年11月19日). 2015年8月14日閲覧。
  16. ^ ソニー「Play You. House」から若手アーティスト生配信”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2010年6月18日). 2012年11月20日閲覧。

外部リンク編集