飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本の物理学者および化学者埼玉県越谷市出身。文化功労者恩賜賞・日本学士院賞受賞者、文化勲章受章者。日本学士院会員。名古屋大学高等研究院アカデミー会員、名古屋大学特別招聘教授名城大学終身教授

飯島澄男
名城2010Fとともに.jpg
名城大学電顕の前で
生誕 (1939-05-02) 1939年5月2日(81歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 電気通信大学[1]東北大学[1]
主な業績 高分解能電子顕微鏡法の確立およびカーボンナノチューブの発見 (1991年)
主な受賞歴 本文参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定[2]の功績で、世界的に有名になった。原子アメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。ノーベル化学賞物理学賞の有力候補とも見られている[3]

名城大学終身教授、NEC特別主席研究員をはじめ多数の職を現職で兼任する。

現職編集

略歴編集

研究分野編集

ナノ科学物性物理材料科学電子顕微鏡学、結晶学

所属アカデミー編集

フェロー・名誉教授・名誉会員編集

記念講演講師編集

学術賞歴編集

栄典編集

論文・予稿・寄稿文編集

  • 飯島澄男, 「臭化銀単結晶のPrint-out効果」 東北大学 博士論文, 甲第828号, 1968年, NAID 500000414718
  • 飯島澄男, 日比忠俊「AgBrの電子線効果及び焼出し効果の電顕的観察 : 格子欠陥」『日本物理学会春季分科会講演予稿集』第1965巻、日本物理学会、1965年、 214頁、 doi:10.11316/jpsgaiyob.1965.2.0_214NAID 110002027082
  • 飯島澄男「結晶の高分解能像」『電子顕微鏡』第10巻第1号、日本顕微鏡学会、1975年、 35-43頁、 doi:10.11410/kenbikyo1950.10.35ISSN 0417-0326NAID 130003642908
  • 板東義雄, 三友護, 松井良夫, 関川喜三, 飯島澄男「30a-M-3 分析電顕による微小領域での元素分析I : セラミックス粒界への応用」『春の分科会予稿集』第1982巻、日本物理学会、1982年、 382頁、 doi:10.11316/jpsgaiyoe.1982.2.0_382_2NAID 110002045736
  • 飯島澄男「電子顕微鏡による微粒子の測定」『エアロゾル研究』第4巻第3号、日本エアロゾル学会、1989年、 168-174頁、 doi:10.11203/jar.4.168ISSN 0912-2834NAID 130000779258
  • 五明明子, 鈴木徹, 飯島澄男「GalnPのバンドギャップエネルギー異常と自然超格子」『応用物理』第58巻第9号、応用物理学会、1989年、 1360-1367頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.58.1360ISSN 0369-8009NAID 130003592442
  • 五明明子, 鈴木徹, 飯島澄男「GaInPのバンドギャップエネルギー異常と自然超格子」『応用物理』第58巻第9号、応用物理学会、1989年9月、 1360-1367頁、 ISSN 03698009NAID 40000279942
  • 飯島澄男, Ajayan P.A.「2p-TA-2 非晶質酸化物薄膜の動的TEM観察 : シミュレーションによる考察」『秋の分科会予稿集』第1990巻、日本物理学会、1990年、 498頁、 doi:10.11316/jpsgaiyok.1990.2.0_498_1NAID 110002023702
  • 安藤義則, 飯島澄男「26p-F-3 カーボンナノチューブの成長条件」『秋の分科会予稿集』第1992巻、日本物理学会、1992年、 13頁、 doi:10.11316/jpsgaiyok.1992.2.0_13_2NAID 110001998388
  • 飯島澄男「カ-ボンナノチュ-ブ--ダイヤモンドやグラファイトとは異なる炭素の新しい結晶構造 (ここまで来た導電性ポリマ-の応用<特集>)」『工業材料』第40巻第5号、日刊工業新聞社、1992年4月、 62-65頁、 ISSN 04522834NAID 40001187981
  • 飯島澄男「「カ-ボンナノチュ-ブ」と「竹かご」とオイラ-の法則」『数学セミナ-』第31巻第11号、日本評論社、1992年10月、 80-85頁、 ISSN 03864960NAID 40004889934
  • 飯島澄男「“カーボンナノチューブ”:直径1ナノメーターの新しい炭素繊維」『応用物理』第62巻第10号、応用物理学会、1993年、 1032-1033頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.62.1032ISSN 0369-8009NAID 130003593124
  • 飯島澄男「カーボンナノチューブと高分解能電子顕微鏡」『日本物理学会誌』第48巻第3号、日本物理学会、1993年、 195-198頁、 doi:10.11316/butsuri1946.48.195ISSN 0029-0181NAID 130004067409
  • 飯島澄男「29a-YT-4 アーク放電によるナノチューブの合成機構」『日本物理学会講演概要集. 年会』第50巻、日本物理学会、1995年、 127頁、 doi:10.11316/jpsgaiyog.50.4.0_127NAID 110002129418
  • 飯島澄男「フラ-レン,ナノチュ-ブ発見を語る (C60・フラ-レンの可能性<特集>)」『化学』第50巻第6号、化学同人、1995年6月、 326-330頁、 ISSN 04511964NAID 40000391208
  • 片浦弘道, 熊沢吉徳, 鈴木信三, 真庭豊, 飯島澄男, 阿知波洋次, 石井広義, 宮原恒〓, 羽生隆昭「8a-D-3 単層カーボンナノチューブの選択的生成」『日本物理学会講演概要集』第52巻、日本物理学会、1997年、 301頁、 doi:10.11316/jpsgaiyo.52.2.2.0_301_4NAID 110002060767
  • 張躍鋼, 飯島澄男「26a-M-4 光に対するカーボンナノチューブの挙動」『日本物理学会講演概要集』第53巻、日本物理学会、1998年、 293頁、 doi:10.11316/jpsgaiyo.53.2.2.0_293_1NAID 110002056124
  • 真庭豊, 安藤義則, 藤原竜児, 吉良弘, 藤秀樹, 西堀英治, 高田昌樹, 坂田誠, 趙新洛, 飯島澄男「24aS-11 多層カーボンナノチューブの磁性」『日本物理学会講演概要集』第55巻、日本物理学会、2000年、 728頁、 doi:10.11316/jpsgaiyo.55.1.4.0_728_1NAID 110001916098
  • 藤原竜児, 坂田誠, 吉良弘, 藤秀樹, 真庭豊, 趙新洛, 飯島澄男, 安藤義則, 西堀英治, 高田昌樹「24pY-8 多層カーボンナノチューブの構造」『日本物理学会講演概要集』第55巻、日本物理学会、2000年、 723頁、 doi:10.11316/jpsgaiyo.55.2.4.0_723_2NAID 110002149467
  • 飯島澄男「カーボンナノチューブ:TEMにより発見された新物質」『電子顕微鏡』第35巻第1号、日本顕微鏡学会、2000年3月、 78-80頁、 doi:10.11410/kenbikyo1950.35.78ISSN 04170326NAID 10004629514
  • 安藤義則, 趙新洛, 平原佳織, 飯島澄男「水素ガス中アーク放電で作製した単層カーボンナノチューブ」『日本物理学会講演概要集』第56巻、日本物理学会、2001年、 731頁、 doi:10.11316/jpsgaiyo.56.1.4.0_731_2NAID 110002163163
  • 飯島澄男, 平原佳織, 末永和知, 坂東俊治「フラーレンを内包したカーボンナノチューブーピーポッド構造の TEM 観察」『まてりあ : 日本金属学会会報』第40巻第12号、日本金属学会、2001年12月、 1032頁、 doi:10.2320/materia.40.1032ISSN 13402625NAID 10008847874
  • 飯島澄男「ナノチューブの大表面積を利用する応用」『基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)』第16巻、基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会)、2002年、 2-2頁、 doi:10.11494/kisoyuki.16.0.2.0NAID 130004644680

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 飯島 澄男特別主席研究員: NECの研究者”. NEC. 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ Iijima, Sumio (1991年11月7日). “Helical microtubules of graphitic carbon”. Nature 354: 56-58. doi:10.1038/354056a0. 
  3. ^ 世界にその名を馳せるノーベル賞候補者・飯島澄男博士を特集!
  4. ^ 「歴代会長」日本顕微鏡学会
  5. ^ 飯島 澄男 (Sumio Iijima)NEC

外部リンク編集


先代:
石川春律
日本電子顕微鏡学会会長
2001年 - 2003年
次代:
外村彰