メインメニューを開く

高垣 義広(たかがき よしひろ、1948年11月6日 - )は、鳥取県岩美郡岩美町出身の元プロ野球選手投手)。

高垣 義広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県岩美郡岩美町
生年月日 (1948-11-06) 1948年11月6日(71歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 ドラフト外
初出場 1967年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

鳥取西高校では2年生からエースとして活躍。1964年秋季中国大会に進むが、準決勝で平松政次を擁する岡山東商に敗れる。翌1965年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東中国大会準決勝に進出するが、関西高森安敏明に抑えられ敗退。同年の秋季中国大会は1回戦で邇摩高岡田光雄に完封を喫する。翌1966年夏も東中国大会準決勝で岡山東商に惜敗。甲子園には出場できなかったが平松、森安らと互角に投げ合い、右の本格派として大きく期待される。

1966年のプロ野球第1次ドラフト会議近鉄バファローズから2位指名を受けるが拒否。交渉権喪失後にドラフト外大洋ホエールズへ入団。

1967年はルーキーながら6月から先発陣の一角に起用される。8月13日には中日を相手に先発し、5回を中暁生の本塁打による1失点と好投、山下律夫のリリーフを仰ぐが初勝利を挙げた。しかしその後は伸び悩み二軍暮らしが長かった。しかし1972年には主に中継ぎとして23試合に登板、9月27日には山下律夫をリリーフし、広島から5年ぶりに白星。同年は2勝を記録し、翌1973年も中継ぎとして一軍で起用されるが、徐々に登板機会が減少した。

1976年オフに山下律夫と共に関本四十四との交換トレードで、クラウンライターライオンズへ移籍。1977年7月16日には、中継ぎで近鉄を相手に好投、5年ぶりに勝利投手となる。その後はあまり出番に恵まれず1978年限りで引退した。

上手投げからの伸びのあるストレートが最大の武器であり、他にスライダーやシュート、カーブも使用した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1967 大洋 13 9 0 0 0 1 1 -- -- .500 168 42.0 35 6 13 0 0 17 0 0 14 13 2.79 1.14
1969 9 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 47 11.1 10 0 2 0 1 6 1 0 6 5 4.09 1.06
1970 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.1 2 0 0 0 1 0 0 0 1 1 9.00 1.50
1971 5 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 54 14.2 8 1 6 0 0 6 0 0 3 3 1.80 0.95
1972 23 2 0 0 0 2 1 -- -- .667 221 53.2 41 6 20 1 1 26 0 0 20 18 3.00 1.14
1973 23 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 170 38.1 43 5 16 0 3 16 0 0 22 21 4.97 1.54
1974 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 8.2 9 2 6 0 0 6 0 0 9 7 7.00 1.73
1975 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 4.0 3 2 1 0 0 1 0 0 2 2 4.50 1.00
1976 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 1.2 3 0 2 0 0 0 0 0 1 1 4.50 3.00
1977 クラウン 15 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 195 41.2 55 7 12 0 5 14 1 0 27 26 5.57 1.61
1978 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 30 4.1 12 1 4 0 0 3 0 0 12 6 13.50 3.69
通算:11年 102 14 0 0 0 4 3 0 -- .571 959 221.2 221 30 82 1 11 95 2 0 117 103 4.18 1.37

背番号編集

  • 58 (1967年 - 1971年)
  • 22 (1972年)
  • 14 (1973年 - 1976年)
  • 12 (1977年 - 1978年)

関連項目編集