メインメニューを開く

高校大パニック』(こうこうだいぱにっく)は、1978年に公開された日本の映画作品。1976年に8ミリ自主映画用に制作された同名作品をリメイクした。同時上映は『帰らざる日々』。

高校大パニック
監督 石井聰亙
澤田幸弘
脚本 神波史男
原案 石井聰亙
大屋龍二
製作 結城良煕
大屋龍二
音楽 スペース・サーカス
撮影 山崎善弘
編集 鈴木晄
製作会社 日活
配給 にっかつ
公開 日本の旗 1978年8月19日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 1億7622万円[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

福岡博多の名門高校を舞台に、受験地獄を呪う若者達の叫びと過剰な受験ストレスが爆発し、銃を持った一人の生徒の反乱と叫びを描く。学生達の8ミリ自主映画グループ“狂映舎”と日活のスタッフがジョイントして製作、原案、監督に“狂映舎”のメンバーが参加している。当時のキャッチコピーは、劇中のセリフから引用した「数学できんが、なんで悪いとや!」。

あらすじ編集

福岡市内で中州高校三年の生徒・田中がビルの屋上から飛び降り自殺した。翌日、マスコミの攻撃から学校の体面を守ろうとする校長は、全校生徒に田中の自殺の無意味を説く。田中のクラスの3年7組は沈黙に包まれたが、担任の数学教師・伊原は何事もなかったように授業を始めようとする。そんな態度に激昂した城野安弘は伊原を殴り倒して学校を飛びだし、銃砲店に押し入って一丁のライフルを手にして戻ってくると、伊原をライフルで射殺。更に校内で発砲し、学校は血の惨劇の舞台と化した。女生徒を人質に取った城野は学校と警察を相手に、銃撃による攻防戦を展開する。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 「1978年邦画四社<封切配収ベスト5>」『キネマ旬報1979年昭和54年)2月下旬号、キネマ旬報社、1979年、 124頁。

外部リンク編集