鷺梁津駅

ソウル特別市の鉄道駅

鷺梁津駅(ノリャンジンえき)は大韓民国ソウル特別市銅雀区鷺梁津洞にある、韓国鉄道公社(KORAIL)とソウル市メトロ9号線である。

鷺梁津駅
2番 出入口
2番 出入口
노량진
ノリャンジン
Noryangjin
所在地 大韓民国の旗ソウル特別市銅雀区
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL・駅詳細
ソウル市メトロ9号線駅詳細
鷺梁津駅
各種表記
ハングル 노량진역
漢字 鷺梁津驛
平仮名
(日本語読み仮名)
ろりょうしんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ノリャンジンニョク
英語 Noryangjin Station
テンプレートを表示

乗り入れ路線編集

韓国鉄道公社の京釜電鉄線(首都圏電鉄1号線)、ソウル市メトロ9号線㈱の9号線が乗り入れている。

韓国鉄道公社の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は京釜線であるが、当駅には電車線を走る京釜電鉄線電車のみが停車する。

首都圏電鉄には駅番号が導入されており、京釜電鉄線は「136」、9号線は「917」の駅番号が付与されている。

駅構造編集

韓国鉄道公社編集

韓国鉄道公社 鷺梁津駅
 
工事前の駅舎(2008年撮影)
노량진
ノリャンジン
Noryangjin
◄135 龍山 (2.6km)
(1.5km) 大方 137►
 
所在地  ソウル特別市銅雀区鷺梁津路 151(鷺梁津1洞 112-1)
位置座標
駅番号 136
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 普通駅
駅等級 2級
所属路線 京釜電鉄線
キロ程 14.1km(ソウル*起点)
56.5km(逍遥山**起点)
駅構造 地上駅
ホーム 5面7線
乗車人員
-統計年度-
27,737人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
55,302人/日
-2016年-
開業年月日 1899年9月18日
備考 * 京釜線の起点として
** 首都圏電鉄1号線の起点として

島式ホーム2面4線と、単式ホーム3面3線の計5面7線の地上駅。1-5番線を京釜電鉄線が使用している。6・7番線は京釜線(一般列車)用のホームだが、2005年1月20日以降は停車列車がなく閉鎖されている。また、3番線は同日の餅店-天安間電化・複々線化以降、定期列車では使用されていない。1番線は階段で上に上がらずに改札外に出られる。

KORAILの出口は1番・2番の2か所ある。

のりば編集

ホーム 路線 列車 行先 備考
1   京釜電鉄線 天安・東仁川 急行
九老富平東仁川水原平沢天安大田方面
2   京釜電鉄線 龍山 急行 当駅終着、龍山行き
3 京釜電鉄線 未使用
4   京釜電鉄線 緩行 富平仁川餅店西東灘天安新昌方面
5   京釜電鉄線 緩行 ソウル駅清凉里光云大議政府逍遥山方面
6・7 京釜線 未使用(全列車通過)
配線図
↑ 龍山
| | 7 | | | 65 | | 43 | | 2 | 1
大方 ↓

ソウル市メトロ9号線編集

ソウル市メトロ9号線 鷺梁津駅
 
ホーム(2009年撮影)
노량진
ノリャンジン
Noryangjin
◄916 セッカン (1.2km)
(1.1km) ノドゥル 918►
 
所在地  ソウル特別市銅雀区鷺梁津路 地下 130 (鷺梁津洞 60-11)
位置座標
駅番号 917
所属事業者 ソウル市メトロ9号線
所属路線 9号線
キロ程 18.9km(開花起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
59,459人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
120,166人/日
-2016年-
開業年月日 2009年7月24日

相対式ホーム2面2線を有する地下駅で、フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。改札口に通じる階段とエレベータはホーム中程にある。

改札口はセッカン側とノドゥル側の2ヶ所ある。9号線の出口は3番から8番と3-1番の7か所あり、セッカン側の改札口は4 - 7番出口と繋がっており、ノドゥル側の改札口が3・3-1・8番出口と繋がっている。化粧室は両改札外に1ヶ所ずつある。[1]

のりば編集

案内上ののりば番号は設定されていない。

ホーム 路線 列車 行先
上り   9号線 急行・一般 汝矣島堂山金浦空港開花方面
下り   9号線 急行・一般 銅雀高速ターミナル新論峴方面

乗り継ぎについて編集

 
地上にあった1号線・9号線の乗換案内

本来はKORAILの民資駅舎事業と並行して連絡通路を開設する予定だったが[2]、KORAILと新駅舎の建設会社との混乱により中断された。[3]このため9号線開業当初、1号線と9号線は改札外乗り換えとなっており、T-money以外(1回用交通カード・定期券利用時)では運賃計算が打ち切られていた。また、案内放送でも連絡通路がない旨のアナウンスがあり、一部路線図においても1号線と9号線は別駅扱いで掲載されていた。

ソウル特別市では民資駅舎事業とは別に連絡通路の建設工事を2011年10月5日に着工し、2013年6月の完成を目標としていた[4]。しかし2014年2月に延期され[5]、その後再延期となった後、2015年10月31日に乗り換え通路が完成・供用開始となり、改札外乗り換えは解消された。

乗り換え通路の完成に伴いKORAILと9号線の出入口番号が通しとなったほか、9号線2番出入口(現・8番出入口)付近とKORAIL改札口前を結ぶ歩行者用の陸橋は、老朽化により撤去されることになった。

利用状況編集

近年の一日平均利用人員推移は下記のとおり。なお、9号線の2009年は開業日の7月24日から12月31日までの161日間の平均である。

路線 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 出典
  京釜電鉄線 乗車人員 37,993 34,959 35,883 41,360 33,082 35,619 36,352 34,582 32,550 32,823 [6]
降車人員 33,359 33,915 38,709 39,428 33,697 36,679 37,270 35,142 33,161 32,843
乗降人員 71,352 68,874 74,592 80,788 66,779 72,298 73,622 69,724 65,711 65,666
  9号線 乗車人員 未開通 14,737 [7]
降車人員 16,848
乗降人員 16,848
路線 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 出典
  京釜電鉄線 乗車人員 37,489 38,563 38,841 39,375 40,659 39,411 27,737 [6]
降車人員 36,978 37,843 38,230 38,513 39,884 38,984 27,565
乗降人員 74,467 76,406 77,071 77,888 80,543 78,395 55,302
  9号線 乗車人員 20,970 24,129 27,499 29,637 30,674 35,115 59,459 [7]
降車人員 23,270 26,256 29,417 31,512 32,692 36,839 60,707
乗降人員 44,240 50,385 56,916 61,149 63,366 71,954 120,166

駅周辺編集

駅周辺は、公務員試験予備校(韓国語では「学院」)や、受験生のための宿泊施設(考試院)等が集まり、予備校街を形成している。

歴史編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社
  京釜電鉄線
京仁線特急
龍山駅 (135) - 鷺梁津駅 (136) - 新道林駅 (140)
急行・緩行
龍山駅 (135) - 鷺梁津駅 (136) - 大方駅 (137)
ソウル市メトロ9号線
  9号線
急行
汝矣島駅 (915) - 鷺梁津駅 (917) - 銅雀駅 (920)
一般(各駅停車)
セッカン駅 (916) - 鷺梁津駅 (917) - ノドゥル駅 (918)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.metro9.co.kr/station/view.do?stationCode=917
  2. ^ 지하철 승객 편의 높여주는 '소프트 환승' オーマイニュース, 2009年8月16日
  3. ^ '노량진 민자역 시공사 매출 과장' 회계사 기소 뉴시트 2010-07-08
  4. ^ 동작구, 노량진역 환승통로 건설 - 한강타임즈
  5. ^ 정회훈기자 노량진역 환승통로, 착공 32개월에 공정률은 겨우 7% 앞선 신문 건설경제 2012. 7. 13 작성
  6. ^ a b 코레일 > 사업분야 > 광역철도사업 > 수송통계 > 자료실
  7. ^ a b 서울메트로9호선 > 알림/소식 > 자료실
  8. ^ 철도청 고시 제338호(1967.06.22)
  9. ^ 철도청 고시 제57호(1968.09.09)
  10. ^ 노량진역, 사고후 수직형리프트 교체 설치 에이블뉴스, 2010년 5월 31일
  11. ^ 노량진역 1ㆍ9호선간 환승 편해진다

関連項目編集

外部リンク編集