鹿部駅

日本の茅部郡鹿部町にある北海道旅客鉄道の駅

鹿部駅(しかべえき)は、北海道渡島総合振興局茅部郡鹿部町本別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)のである。駅番号N68電報略号カヘ事務管理コードは▲140153[2]

鹿部駅
JR Hakodate-Main-Line Shikabe Station building.jpg
駅舎(2020年8月)
しかべ
Shikabe
H68 大沼* (14.6 km)
(5.4 km) 渡島沼尻 N67
所在地 北海道茅部郡鹿部町本別
北緯42度3分51.8秒 東経140度46分17.02秒 / 北緯42.064389度 東経140.7713944度 / 42.064389; 140.7713944 (鹿部駅)
駅番号 N68
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線(砂原支線)
キロ程 14.6 km(大沼起点)
電報略号 タチ(改称前:鷹待駅)
カヘ(改称後:鹿部駅)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
開業年月日 1945年昭和20年)6月1日
備考 無人駅
* この間に銚子口信号場有り(当駅から7.8 km先)
テンプレートを表示

歴史編集

 
1976年の鹿部駅と周囲約1.5km範囲。下が大沼方面。周囲は殆ど人家がなく、駅裏は駒ケ岳山麓の火山性の荒れた傾斜地が広がっている。市街地は右下側数キロ先の港にあり、駅のある標高100mまでは登り坂である。 国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来編集

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「シカペ」(アホウドリ)に由来するとされる[6][7]。当地附近にアホウドリが多く住んでいたために付けられた[7]

旧駅名の鷹待(たかまち)は、当地附近に鷹狩の際の鷹待がいたことに由来する[7]

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]列車交換可能な交換駅となっている[8]。駅舎側(東側)が上り線、外側が下り線となっている(番線表示なし)[8]。そのほか上下線共に安全側線を有する[8]。1983年(昭和58年)4月時点では駅舎と上り線の間に側線副本線)を1線有していた[6]。転轍機の形状は上り線からの方開き分岐である[8]

大沼駅管理(夜間連絡先は森駅)の無人駅となっている。駅舎は構内の東側に位置しホーム中央部分とを結んだ構内踏切で連絡している[8]有人駅時代の規模の大きい駅舎が継続使用されている[9]待合室内には椅子のカバーなどを始めとした手造り品がたくさんあり、図書コーナーも設けられている[9]。駅舎内にトイレを有する[9]駅スタンプが設置されている[9]

駅の標高は90.5mである[8]

のりば編集

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 函館本線
(砂原支線)
上り 函館方面
反対側 下り 長万部方面

利用状況編集

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は234人[6]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は370人[8]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は81.0人[10]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は80.2人[11]

駅周辺編集

駅前には別荘が多い[9]。役場などが所在する中心部とは約5km離れており、バスなどでの連絡が必要となる。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線(砂原支線)
大沼駅 (H68) - *池田園駅 (N71) -*流山温泉駅(N70) - (銚子口信号場) - *新本別信号場 - 鹿部駅 (N68) - 渡島沼尻駅 (N67)
*打消線は廃止駅および廃止信号場 (新本別信号場は1949年8月1日廃止[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『週刊 JR全駅・全車両基地』 11号 函館駅・大沼公園駅・倶知安駅ほか72駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年10月21日、21頁。 
  2. ^ 日本国有鉄道営業局総務課 編(日本語) 『停車場一覧 昭和41年3月現在』日本国有鉄道、1966年、217頁。doi:10.11501/1873236https://doi.org/10.11501/18732362022年12月10日閲覧 
  3. ^ a b c d e f g 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)26,27ページより。
  4. ^ a b c 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行
  5. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), オリジナルの2007年9月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  6. ^ a b c 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)54ページより。
  7. ^ a b c 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)30ページより。
  8. ^ a b c d e f g 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)38ページより。
  9. ^ a b c d e 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)20ページより。
  10. ^ 函館線 函館・長万部間の状況について (PDF)”. 函館線(函館・小樽間)について(北海道新幹線並行在来線対策協議会). [第6回ブロック会議(令和元年7月~8月)]. 北海道. pp. 4・5 (2019年8月2日). 2021年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月4日閲覧。
  11. ^ 函館線 函館・長万部間の状況について (PDF)”. 函館線(函館・小樽間)について(北海道新幹線並行在来線対策協議会). [第7回ブロック会議(令和2年8月)]. 北海道. pp. 4・5 (2020年8月25日). 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集