1966年のF1世界選手権

1966年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1965 翌年: 1967
一覧: 開催国 | 開催レース

1966年のF1世界選手権(1966ねんのエフワンせかいせんしゅけん)は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第17回大会である[1][2]1966年5月22日モナコで開幕し、10月23日メキシコで開催される最終戦まで、全9戦で争われた。

シーズン概要編集

1966年シーズンは3リッターカーによる最初のシーズンであり、昨シーズンに比べて最大排気量は倍増した。イギリス系コンストラクターはクライマックスの撤退に従い、他のエンジンを探さなければならなくなった。フェラーリ1961年のように周到な準備を行っているように思われたが、ジョン・サーティースはルマンでの予選でチームと衝突、その後チームを去りクーパーに加入した。ジャック・ブラバムが3度目のタイトルを獲得したが、今回は自身のチームによるタイトル獲得であった。ブルース・マクラーレンダン・ガーニーはブラバムを見習って、自身で車両を製作、参戦した。マクラーレンはフォードのインディアナポリスエンジンを3リットル以下に縮小したエンジン、ガーニーはウェズレイクに製作依頼したV型12気筒エンジンをそれぞれ用意した。BRMロータスはシーズンの大半で2リッターエンジンを使用した。BRMの新しいH型16気筒エンジンは失敗作ではあったが、ジム・クラークのロータスはこのエンジンを搭載しアメリカ・グランプリで優勝した。新たなレギュレーションが導入され、レース距離の90%未満しか走行できなかった車両は非完走扱いとされ、トップ6に入賞してもポイントが与えられなかった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   モナコグランプリ モナコ 5月22日   ジム・クラーク   ロレンツォ・バンディーニ   ジャッキー・スチュワート   BRM D 詳細
2   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン 6月12日   ジョン・サーティース   ジョン・サーティース   ジョン・サーティース   フェラーリ F 詳細
3   フランスグランプリ ランス・グー 7月3日   ロレンツォ・バンディーニ   ロレンツォ・バンディーニ   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ G 詳細
4   イギリスグランプリ ブランズ・ハッチ 7月16日   ジャック・ブラバム   ジャック・ブラバム   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ G 詳細
5   オランダグランプリ ザントフォールト 7月24日   ジャック・ブラバム   デニス・ハルム   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ G 詳細
6   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 8月7日   ジム・クラーク   ジョン・サーティース   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ G 詳細
7   イタリアグランプリ モンツァ 9月4日   マイク・パークス   ルドヴィコ・スカルフィオッティ   ルドヴィコ・スカルフィオッティ   フェラーリ F 詳細
8   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月2日   ジャック・ブラバム   ジョン・サーティース   ジム・クラーク   ロータス-BRM F 詳細
9   メキシコグランプリ エルマノス・ロドリゲス 10月23日   ジョン・サーティース   リッチー・ギンサー   ジョン・サーティース   クーパー-マセラティ D 詳細

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング マクラーレン M2B フォード V8
セレニッシマ V8
F   クリス・エイモン 1-2, 4-5, 7
  ブルース・マクラーレン 1-5, 8-9
  チーム・ロータス ロータス 43
33
BRM H16
クライマックス V8
BRM V8
F   ピーター・アランデル 全戦
  ジム・クラーク 全戦
  ペドロ・ロドリゲス 3, 8-9
  ゲキ 7
44 フォード L4 D   ゲルハルト・ミッター 6
  ペドロ・ロドリゲス 6
  ピアス・カレッジ 6
  レグ・パーネル・レーシング BRM
ロータス
フェラーリ
P61
25
33
246
BRM V8
クライマックス L4
フェラーリ V6
D


F

  リチャード・アトウッド 1
  マイク・スペンス 全戦
  ポール・ホーキンス 2-4
  ジャンカルロ・バゲッティ 7
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション ブラバム BT19
BT22
BT20
レプコ V8
クライマックス L4
G   ジャック・ブラバム 全戦
  デニス・ハルム 全戦
  クリス・アーウィン 4
  クーパー・カー・カンパニー クーパー T81 マセラティ V12 D   リッチー・ギンサー 1-2
  ヨッヘン・リント 全戦
  クリス・エイモン 3-4
  ジョン・サーティース 3-9
  モイセス・ソラーナ 8-9
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P261
P83
BRM V8
BRM H16
D   グラハム・ヒル 全戦
  ジャッキー・スチュワート 1-2, 4-9
  ロブ・ウォーカー・レーシング・チーム ブラバム
クーパー
BT11
T81
BRM V8
マセラティ V12
D   ジョー・シフェール 1-5, 7-9
  DW レーシング・エンタープライゼス ブラバム BT11 クライマックス L4 F   ボブ・アンダーソン 1, 3-7
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 246
312
フェラーリ V6
フェラーリ V12
F   ロレンツォ・バンディーニ 1-8
  ジョン・サーティース 1-2
  マイク・パークス 3-7
  ルドヴィコ・スカルフィオッティ 6-7
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム クーパー
ブラバム
T81
BT22
BT7
マセラティ V12
クライマックス L4
クライマックス V8
D


F

  ヨアキム・ボニエ 全戦
  チーム・シャマコ・コレクト BRM P261 BRM V8 G   ボブ・ボンデュラント 1-4, 6-7
  ヴィク・ウィルソン 2
  アングロ・アメリカン・レーサーズ イーグル Mk1 クライマックス L4
ウェスレイク V12
G   ダン・ガーニー 全戦
  フィル・ヒル 7
  ボブ・ボンデュラント 8-9
  ギ・リジェ クーパー T81 マセラティ V12 D   ギ・リジェ 1-6
  デヴィッド・ブリッジス ブラバム BT11 BRM V8 G   ジョン・テイラー 3-6
  シャノン・レーシング・カーズ シャノン SH 1 クライマックス V8 D   トレバー・テイラー 4, 7
  J.A.ピアース・エンジニアリング・リミテッド クーパー T73 フェラーリ V12 D   クリス・ローレンス英語版 4, 6
  カルテックス・レーシングチーム ブラバム BT18 フォード L4 D   クルト・アーレンス 6
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション マトラ MS5 BRM L4
フォード L4
D   ヒューベルト・ハーネ 6
  ジャッキー・イクス 6
  ロイ・ウィンケルマン・レーシング ブラバム BT18 フォード L4 D   ハンス・ヘルマン 6
  アラン・リーズ 6
  マトラ・スポーツ マトラ MS5 フォード L4 D   ジョー・シュレッサー 6
  ジャン=ピエール・ベルトワーズ 6
  シルビオ・モーザー ブラバム BT16 フォード L4 D   シルビオ・モーザー 6
   アングロ=スイッセ・レーシングチーム クーパー T82 BRM L4 D   ジャンカルロ・バゲッティ 6
  ミッドランド・レーシング・パートナーシップ ローラ T62 フォード L4 D   リチャード・アトウッド 6
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ BRP Mk 2 クライマックス V8 D   フランク・ガードナー 7
  ホンダ・レーシング ホンダ RA273 ホンダ V12 G   リッチー・ギンサー 7-9
  ロニー・バックナム 8-9
  クリス・エイモン ブラバム BT11 BRM V8 D   クリス・エイモン 7
  バーナード・ホワイト・レーシング BRM P261 BRM V8 D   イネス・アイルランド 8-9
  • ピンク地はF2参加者

1966年のドライバーズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

 
オーストラリア人レーサーのジャック・ブラバムが1966年のタイトルを獲得した。
順位 ドライバー MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント[3]
1   ジャック・ブラバム Ret 4 1 1 1 1 Ret Ret 2 42 (45)
2   ジョン・サーティース Ret 1 Ret Ret Ret 2 Ret 3 1 28
3   ヨッヘン・リント Ret 2 4 5 Ret 3 4 2 Ret 22 (24)
4   デニス・ハルム Ret Ret 3 2 Ret Ret 3 Ret 3 18
5   グラハム・ヒル 3 Ret Ret 3 2 4 Ret Ret Ret 17
6   ジム・クラーク Ret Ret DNS 4 3 Ret Ret 1 Ret 16
7   ジャッキー・スチュワート 1 Ret Ret 4 5 Ret Ret Ret 14
8   マイク・パークス 2 Ret Ret 2 12
9   ロレンツォ・バンディーニ 2 3 Ret 6 6 Ret Ret 12
10   ルドヴィコ・スカルフィオッティ Ret 1 9
11   リッチー・ギンサー Ret 5 Ret Ret 4 5
12   ダン・ガーニー NC 5 Ret Ret 7 Ret Ret 5 4
13   マイク・スペンス Ret Ret Ret Ret 5 Ret 5 Ret DNS 4
14   ボブ・ボンデュラント 4 Ret 9 Ret 7 DSQ Ret 3
15   ジョー・シフェール Ret Ret Ret NC Ret Ret 4 Ret 3
16   ブルース・マクラーレン Ret DNS 6 DNS 5 Ret 3
17   ピーター・アランデル DNS Ret Ret Ret 8 8 6 7 1
18   ヨアキム・ボニエ NC Ret NC Ret 7 Ret Ret NC 6 1
19   ボブ・アンダーソン Ret 7 NC Ret Ret 6 1
20   ジョン・テイラー 6 8 8 Ret 1
-   クリス・アーウィン 7 0
-   ロニー・バックナム Ret 8 0
-   クリス・エイモン 8 DNQ 0
-   ギ・リジェ NC NC NC 10 9 DNS 0
-   ゲキ 9 0
-   クリス・ローレンス英語版 11 Ret 0
-   ジャンカルロ・バゲッティ NC 0
-   ペドロ・ロドリゲス Ret Ret Ret 0
-   イネス・アイルランド Ret Ret 0
-   トレバー・テイラー Ret 0
-   モイセス・ソラーナ Ret 0
-   フィル・ヒル DNQ 0
順位 ドライバー MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
完走扱い(全周回数の90%以上走行)
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
欠場 (WD)

1966年のコンストラクターズランキング編集

 
ブラバム-レプコが1966年のコンストラクターズタイトルを獲得した。
 
フェラーリは2位となった。

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。各コンストラクターとも最上位の車両にポイントが与えられた。

順位 マニファクチャラー MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント[3]
1   ブラバム-レプコ Ret 4 1 1 1 1 3 Ret 2 42 (49)
2   フェラーリ 2 1 2 6 6 1 Ret 31 (32)
3   クーパー-マセラティ NC 2 4 5 7 2 4 2 1 30 (35)
4   BRM 1 Ret Ret 3 2 4 7 Ret Ret 22
5   ロータス-BRM Ret Ret Ret Ret 5 8 5 1 7 13
6   ロータス-クライマックス Ret Ret Ret 4 3 Ret 9 6 8
7   イーグル-クライマックス NC 5 Ret Ret 7 DNQ DSQ 5 4
8   ホンダ Ret NC 4 3
9   マクラーレン-フォード Ret 5 Ret 2
10   ブラバム-クライマックス Ret Ret 7 7 Ret Ret 6 1
11   ブラバム-BRM Ret 6 8 8 Ret DNQ 1
12   マクラーレン-セレニッシマ DNS 6 1
-   クーパー-フェラーリ 11 Ret 0
-   イーグル-ウェスレイク Ret Ret Ret 0
-   シャノン-クライマックス Ret 0
順位 マニファクチャラー MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
ITA
 
USA
 
MEX
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース サーキット 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  南アフリカグランプリ プリンス・ジョージ 1月1日   マイク・スペンス   ロータス-クライマックス 詳細
  グラン・プリモ・ディ・シラクサ シラクサ 4月1日   ジョン・サーティース   フェラーリ 詳細
  BRDC インターナショナル・トロフィー シルバーストン 5月14日   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ 詳細
  インターナショナル・ゴールドカップ オールトン・パーク 9月17日   ジャック・ブラバム   ブラバム-レプコ 詳細

参照編集

  1. ^ 1974 FIA Yearbook, Grey section, pages 118-119
  2. ^ 1974 FIA Yearbook, Grey section, pages 120-121
  3. ^ a b ベスト5戦のみがポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集