メインメニューを開く

シーズン概要編集

昨シーズン2位に終わったロータスは、シーズン終盤にはロータス・49とDFVエンジンによって再び他チームに対する優位性が増していた。1968年シーズン、ロータスはDFVの占有権を失った。マクラーレンはDFVを搭載した新型車を投入、ケン・ティレルは自らのチームでフランスの航空機会社のマトラと共に開発したコスワースを搭載した車両と、元BRMのジャッキー・スチュワートを擁してシーズンに参戦した。

当然のことながら、シーズン開幕の南アフリカグランプリではジム・クラークグラハム・ヒルが1-2フィニッシュし、ロータスの優越性が確認された。それはクラークの最後の勝利となった。1968年4月7日、史上最も成功し人気のあるドライバーの1人であったクラークはホッケンハイムリンクでのF2ノンタイトル戦で事故死した。

1968年シーズンは2つの重要な革新があった。1つは無制限のスポンサーシップの導入であった。FIAはBPやシェル、ファイアストンのような自動車関連企業のサポート撤退を受けて、今シーズンからのスポンサーシップの許可を決定した。5月、ハラマに現れたロータスの車両は赤、金、白のゴールドリーフ・カラーをまとっていた。2つ目は、以前からもシャパラルのスポーツカーなどに見られていたウィングの導入であった。コーリン・チャップマンは、モナコでグラハム・ヒルのロータス・49Bにフロントウィングとスポイラーを装着した。ブラバムとフェラーリはベルギーグランプリにおいて全幅のウィングをドライバーの頭上に装着した。これに対してロータスは全幅のウィングをリアサスペンションに直接装着し、サスペンションのウィッシュボーンおよびトランスミッションシャフトの再設計を行った。マトラはフロントウィングをサスペンションの上の高い位置に装着した。これらの最新の革新はドライバーからの改良要請によってプラクティスの間、大半が使用された。シーズンの終わりにはほとんどのチームが洗練されたウィングを装備するようになった。

ジム・クラークの死にもかかわらずロータスは1968年シーズン、グラハム・ヒルと共に両方のタイトルを獲得したが、ティレルのジャッキー・スチュワートはそれに立ちはだかり、マトラ・MS10によって何回かの勝利を遂げた。ニュルブルクリンクでのドイツグランプリは雨と霧に覆われたが、スチュワートは2位に4分もの差を付けて勝利し、レインタイヤの優位性もあったものの史上最も素晴らしい勝利の1つであると見なされる。MS10の最も革新的な特徴は、航空機の構造から影響を受けた燃料タンクであった。これはライバルのシャシーよりも車重を約15kgほど軽量化することが出来た。FIAはこの技術が危険であるとして1970年シーズンは禁止することを決定、ゴム製バッグの燃料タンクの導入を強制した。安全性はフォーミュラワンでの大きな問題となった。

マクラーレンはチャンピオン経験者のデニス・ハルム、チーム創設者のブルース・マクラーレンに、コスワースを搭載したM7を用意した。ブランズ・ハッチで行われたノンタイトル戦のレース・オブ・チャンピオンズで勝利し、ベルギーグランプリでは初の選手権における勝利を獲得した。ブルース・マクラーレンは、1966年のジャック・ブラバム、1967年のダン・ガーニーに続いて自身のチームで参戦し優勝した3番目のドライバーとなった。ハルムはイタリア及びカナダでも勝利した。

レプコはフォードの新型コスワースDFVに対抗するためより強力なV8エンジンを製作したが、それは全く信頼性に欠ける物であることが判明した。ブラバムは速く、ヨッヘン・リントが2度のポールポジションを獲得したが、ブラバムとリントの完走は3度のみで、10ポイントの獲得でシーズンを終えた[1]

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   南アフリカグランプリ キャラミ 1月1日   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ジム・クラーク   ロータス-フォード F 詳細
2   スペイングランプリ ハラマ 5月12日   クリス・エイモン   ジャン=ピエール・ベルトワーズ   グラハム・ヒル   ロータス-フォード F 詳細
3   モナコグランプリ モナコ 5月26日   グラハム・ヒル   リチャード・アトウッド   グラハム・ヒル   ロータス-フォード F 詳細
4   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン 6月9日   クリス・エイモン   ジョン・サーティース   ブルース・マクラーレン   マクラーレン-フォード G 詳細
5   オランダグランプリ ザントフォールト 6月23日   クリス・エイモン   ジャン=ピエール・ベルトワーズ   ジャッキー・スチュワート   マトラ-フォード D 詳細
6   フランスグランプリ ルーアン・レゼサール 7月7日   ヨッヘン・リント   ペドロ・ロドリゲス   ジャッキー・イクス   フェラーリ F 詳細
7   イギリスグランプリ ブランズ・ハッチ 7月20日   グラハム・ヒル   ジョー・シフェール   ジョー・シフェール   ロータス-フォード F 詳細
8   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク 8月4日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   マトラ-フォード D 詳細
9   イタリアグランプリ モンツァ 9月8日   ジョン・サーティース   ジャッキー・オリバー   デニス・ハルム   マクラーレン-フォード G 詳細
10   カナダグランプリ モントランブラン 9月22日   ヨッヘン・リント   ジョー・シフェール   デニス・ハルム   マクラーレン-フォード G 詳細
11   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月6日   マリオ・アンドレッティ   ジャッキー・スチュワート   ジャッキー・スチュワート   マトラ-フォード D 詳細
12   メキシコグランプリ エルマノス・ロドリゲス 11月3日   ジョー・シフェール   ジョー・シフェール   グラハム・ヒル   ロータス-フォード F 詳細

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング マクラーレン M5A
M7A
BRM P142 3.0 V12
フォード コスワースDFV 3.0 V8
G   デニス・ハルム 全戦
  ブルース・マクラーレン 2-12
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション ブラバム BT24
BT26
レプコ 740 3.0 V8
レプコ 860 3.0 V8
G   ジャック・ブラバム 全戦
  ヨッヘン・リント 全戦
  チーム・ロータス
  ゴールドリーフ チーム・ロータス
ロータス 49
49B
フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   ジム・クラーク 1
  グラハム・ヒル 全戦
  ジャッキー・オリバー 2-12
  マリオ・アンドレッティ 9, 11
  ビル・ブラック 10
  モイセス・ソラーナ 12
  アングロ・アメリカン・レーサーズ イーグル
マクラーレン
T1G
M7A
ウェスレイク 58 3.0 V12
フォード コスワースDFV 3.0 V8
G   ダン・ガーニー 1, 3-4, 6-12
  ホンダ・レーシング ホンダ RA300
RA301
RA302
ホンダ RA273E 3.0 V12
ホンダ RA301E 3.0 V12
ホンダ RA302E 3.0 V8
F   ジョン・サーティース 全戦
  クリス・アーウィン 4
  ジョー・シュレッサー 6
  デヴィッド・ホッブス 9
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312 フェラーリ 242 3.0 V12
フェラーリ 242C 3.0 V12
F   クリス・エイモン 1-2, 4-12
  ジャッキー・イクス 1-2, 4-10, 12
  アンドレア・デ・アダミッチ 1
  デレック・ベル 9, 11
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P126
P115
P133
P138
BRM P142 3.0 V12
BRM P75 3.0 H16
G   ペドロ・ロドリゲス 全戦
  マイク・スペンス 1-2
  クリス・アーウィン 3
  リチャード・アトウッド 3-8
  トニー・ランフランチ 7
  ボビー・アンサー 9-11
  クーパー・カー・カンパニー クーパー T81B
T86
T86B
T86C
マセラティ 10/F1 3.0 V12
BRM P142 3.0 V12
アルファロメオ T33 3.0 V8
F


G

  ブライアン・レッドマン 1-2, 4-5
  ルドヴィコ・スカルフィオッティ 1-3
  ルシアン・ビアンキ 3-5, 7-12
  ビック・エルフォード 6-12
  ジョニー・セルボ=ギャバン 6
  ロビン・ウィドウズ 7, 9
  マトラ・インターナショナルティレル・レーシング マトラ MS9
MS10
フォード コスワースDFV 3.0 V8 D   ジャッキー・スチュワート 1, 4-12
  ジャン=ピエール・ベルトワーズ 2
  ジョニー・セルボ=ギャバン 3, 9-10, 12
  チーム・ガンストン ブラバム
LDS
BT20
Mk 3
レプコ 620 3.0 V8 F   ジョン・ラヴ 1
  サム・ティングル 1
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー レーシング・チーム クーパー
ロータス
T81
49
49B
マセラティ 9/F1 3.0 V12
フォード コスワースDFV 3.0 V8
F   ジョー・シフェール 全戦
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム クーパー
マクラーレン
ホンダ
T81
M5A
RA301
マセラティ 9/F1 3.0 V12
BRM P142 3.0 V12
フォード コスワースDFV 3.0 V8
ホンダ RA301E 3.0 V12
G   ヨアキム・ボニエ 1-5, 7-12
  マトラ・スポーツ マトラ MS7
MS11
フォード コスワースFVA 1.6 L4
マトラ MS9 3.0 V12
D   ジャン=ピエール・ベルトワーズ 1, 3-12
  アンリ・ペスカロロ 10-12
  スクーデリア・スクリバンテ ブラバム
クーパー
BT11
T55
レプコ 620 3.0 V8
クライマックス FPF 2.8 L4
F   デイヴ・チャールトン 1
  トニー・ジェフリーズ 1
  チーム・プレトリア ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8 L4 F   ジャッキー・プレトリウス 1
  ジョン・ラヴ クーパー T79 クライマックス FPF 2.8 L4 F   ベイシル・ヴァン・ルーエン 1
  レグ・パーネル・レーシング BRM P126 BRM P142 3.0 V12 G   ピアス・カレッジ 2-12
  バーナード・ホワイト・レーシング BRM P261 BRM P142 3.0 V12 G   デヴィッド・ホッブス 2-3
  フランク・ガードナー 9
  エスクーデリア・カルボ・ソテロ ローラ T100 フォード コスワースFVA 1.6 L4 D   ホルヘ・デ・バグラチオン 2
  ケン・シェパード マクラーレン M2B クライマックス V8 G   キース・セント・ジョン 3
  シャルル・ホーゲル・レーシング ブラバム BT20 レプコ 620 3.0 V8 G   シルビオ・モーザー 3, 5, 7-9
  トム・ジョーンズ クーパー T86 マセラティ 9/F1 3.0 V12 G   トム・ジョーンズ 7
  カルテックス・レーシングチーム ブラバム BT24 レプコ 740 3.0 V8 D   クルト・アーレンス 8
  バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ AG ローラ T100 BMW M12/1 1.6 L4 D   ヒューベルト・ハーネ 8
  カストロール・オイルズ・リミテッド イーグル T1F クライマックス FPF 2.8 L4 G   アル・ピーズ 10

1968年のドライバーズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。[2]

順位 ドライバー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント
1   グラハム・ヒル 2 1 1 Ret 9 Ret Ret 2 Ret 4 2 1 48
2   ジャッキー・スチュワート Ret 4 1 3 6 1 Ret 6 1 7 36
3   デニス・ハルム 5 2 5 Ret Ret 5 4 7 1 1 Ret Ret 33
4   ジャッキー・イクス Ret Ret 3 4 1 3 4 3 DNS Ret 27
5   ブルース・マクラーレン Ret Ret 1 Ret 8 7 13 Ret 2 6 2 22
6   ペドロ・ロドリゲス Ret Ret Ret 2 3 Ret Ret 6 Ret 3 Ret 4 18
7   ジョー・シフェール 7 Ret Ret 7 Ret 11 1 Ret Ret Ret 5 6 12
8   ジョン・サーティース 8 Ret Ret Ret Ret 2 5 Ret Ret Ret 3 Ret 12
9   ジャン=ピエール・ベルトワーズ 6 5 Ret 8 2 9 Ret Ret 5 Ret Ret Ret 11
10   クリス・エイモン 4 Ret Ret 6 10 2 Ret Ret Ret Ret Ret 10
11   ジム・クラーク 1 9
12   ヨッヘン・リント 3 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 8
13   リチャード・アトウッド 2 Ret 7 7 Ret 14 6
14   ジョニー・セルボ=ギャバン Ret Ret 2 Ret Ret 6
15   ジャッキー・オリバー Ret 5 NC Ret 11 Ret Ret DNS 3 6
16   ルドヴィコ・スカルフィオッティ Ret 4 4 6
17   ルシアン・ビアンキ 3 6 Ret Ret NC Ret Ret 5
18   ビック・エルフォード 4 Ret Ret Ret 5 Ret 8 5
19   ブライアン・レッドマン Ret 3 Ret 4
20   ピアス・カレッジ Ret Ret Ret Ret 6 8 8 4 Ret Ret Ret 4
21   ダン・ガーニー Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret 4 Ret 3
22   ヨアキム・ボニエ Ret DNQ Ret 8 Ret 6 Ret Ret 5 3
23   ジャック・ブラバム Ret DNS Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret Ret 10 2
24   シルビオ・モーザー DNQ 5 NC DNQ 2
-   アンリ・ペスカロロ Ret DNS 9 0
-   ジョン・ラヴ 9 0
-   ヒューベルト・ハーネ 10 0
-   クルト・アーレンス 12 0
-   ジャッキー・プレトリウス NC 0
-   デレック・ベル Ret Ret 0
-   マリオ・アンドレッティ DNS Ret 0
-   ボビー・アンサー DNS Ret 0
-   アンドレア・デ・アダミッチ Ret 0
-   デイヴ・チャールトン Ret 0
-   マイク・スペンス Ret 0
-   ベイシル・ヴァン・ルーエン Ret 0
-   サム・ティングル Ret 0
-   ロビン・ウィドウズ Ret 0
-   デヴィッド・ホッブス Ret 0
-   ビル・ブラック Ret 0
-   モイセス・ソラーナ Ret 0
-   フランク・ガードナー DNQ 0
順位 ドライバー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1968年のコンストラクターズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。各コンストラクターとも最上位の車両にポイントが与えられた。前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 マニファクチャラー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント[3]
1   ロータス-フォード 1 1 1 5 9 11 1 2 Ret 4 2 1 62
2   マクラーレン-フォード 2 5 1 Ret 5 4 7 1 1 4 2 49
3   マトラ-フォード 6 5 Ret 4 1 3 6 1 2 6 1 7 45
4   フェラーリ 4 Ret 3 4 1 2 4 3 Ret Ret Ret 32
5   BRM Ret Ret 2 2 3 6 8 6 4 3 Ret 4 28
6   ホンダ 8 Ret Ret Ret Ret 2 5 Ret Ret Ret 3 5 14
7   クーパー-BRM Ret 3 3 6 Ret 4 Ret Ret Ret 5 NC 8 14
8   ブラバム-レプコ 3 Ret Ret Ret 5 Ret Ret 3 Ret Ret Ret 10 10
9   マトラ Ret 8 2 9 Ret Ret 5 Ret Ret 9 8
10   マクラーレン-BRM 5 Ret 8 Ret 6 Ret NC 3
-   クーパー-マセラティ 7 0
-   イーグル-ウェスレイク Ret Ret Ret 9 Ret 0
-   ローラ-BMW 10 0
-   ブラバム-クライマックス NC 0
-   LDS-レプコ Ret 0
-   クーパー-クライマックス Ret 0
順位 マニファクチャラー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

参照編集

  1. ^ Fearnley (May 2006) p. 41
  2. ^ Mike Kettlewell, The Champion Book of World Championship Facts and Figures, 1982, Page 25
  3. ^ 前半6戦の内ベスト5戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集