メインメニューを開く

ルシアン・ビアンキLucien Bianchi1934年11月10日 - 1969年3月30日)、出生名:ルチアーノ・ビアンキLuciano Bianchi )は、ベルギーレーシングドライバー1968年のル・マン24時間レース勝者。

ルシアン・ビアンキ
BianciLucien 19680802.jpg
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 イタリア王国の旗 イタリア王国ミラノ
生年月日 (1934-11-10) 1934年11月10日
没年月日 (1969-03-30) 1969年3月30日(34歳没)
F1での経歴
活動時期 1959 - 1963, 1965, 1968
所属チーム ENB, LDTレイストール, レグ・パーネル, スクーデリア・セントロ・スッド, クーパー
出走回数 19 (17 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 6
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1959年モナコGP
最終戦 1968年メキシコGP
テンプレートを表示

来歴・人物編集

イタリアミラノ出身[1][2][3]。父親はアルファロメオでエンジニアとして働いていた[1]第二次世界大戦後、父と一緒にベルギーへ移住した[3]

1951年アルペンラリー英語版に初めて出場[1]1957年から1959年までツール・ド・フランス英語版オリヴィエ・ジャンドビアンのコ・ドライバーとして参戦し優勝した[1]

1959年モナコグランプリにENBよりF1にデビューするが、予選落ちに終わった。1961年、地元のベルギーグランプリで初めてF1の決勝レースに出走、6位に入り初入賞を記録した。以降は1965年までベルギーグランプリを中心に数戦出走した。

1968年クーパーからF1復帰し、初戦のモナコグランプリで3位表彰台を獲得した。またスポーツカー・レースではアウトデルタから出走するかたわら、JWオートモーティブにブライアン・レッドマンの代役として加入[4]、アウトデルタが欠場した[5]ワトキンズグレンでのレースを制し[4]、ル・マン24時間にペドロ・ロドリゲスフォード・GT40を駆って総合優勝した。年末に開催されたロンドン〜シドニー・マラソン英語版ではシトロエン・DS21をドライブ、優勝目前でコ・ドライバーのミスによりクラッシュして優勝を逃し、顔と膝を負傷した[6]

1969年3月30日に開催されたル・マン・テストデイに出走中、運転していたアルファロメオ・33/3がミュルサンヌでコースアウトして電柱に衝突して炎上、死亡した[2][3][7]。34歳没。

家族編集

弟のマウロ・ビアンキフランス語版は、1964年アルピーヌのワークスチームに加入、1965年のニュルブルクリンク500kmではルシアンと組んで優勝した[2]。ルシアンが優勝した1968年のル・マン24時間でのレース中に事故を起こして火傷を負い[3]、翌1969年ルシアンの事故死を機にレースから引退した[3]

大甥(マウロの孫)のジュール・ビアンキ2013年にF1デビューしたが、2014年日本グランプリでの事故が元で2015年に死去した。

F1での成績編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Lucien Bianchi”. Motorsport Memorial. 2015年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c オートスポーツ三栄書房、1969. 5号、108頁。
  3. ^ a b c d e 林信次「可笑しなオカシなF1ダランプリ」LAP10 ビアンキ家のレガシー 『F1速報』 三栄書房、2015年8月27日号 ハンガリーGP、45頁。
  4. ^ a b 林、44頁。
  5. ^ 檜垣和夫 『スポーツカープロファイルシリーズ7 アルファ・ロメオ 33 / 33/2 / 33/3 / 33TT3 / 33TT12 / 33SC12』 二玄社、2010年、37頁。ISBN 978-4-544-40048-9
  6. ^ 『オートスポーツ』 1969. 2号、107頁。
  7. ^ 檜垣(2010年)、63頁。

外部リンク編集