メインメニューを開く

1962年フランスグランプリ

1962年フランスグランプリ (1962 French Grand Prix) は、1962年のF1世界選手権第4戦として、1962年7月8日ルーアン・レゼサールで開催された。

フランス 1962年フランスグランプリ
レース詳細
1962年F1世界選手権全9戦の第4戦
ルーアン・レゼサール (1955-1970)
ルーアン・レゼサール (1955-1970)
日程 1962年7月8日
正式名称 XLVIII Grand Prix de l'A.C.F.
開催地 ルーアン・レゼサール
フランスの旗 フランス ルーアン
コース 恒久的レース施設
コース長 6.542 km (4.065 mi)
レース距離 54周 353.268 km (219.511 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 2:14.8
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 2:16.9 (32周目)
決勝順位
優勝 ポルシェ
2位 クーパー-クライマックス
3位 BRM

ポルシェをドライブするダン・ガーニーが初優勝を挙げ、ポルシェにとってはF1における唯一の優勝となった。ルーアンでフランスGPが開催されたのは1957年以来3回目である[1]

レース概要編集

フェラーリはイタリアでの労働ストライキの影響で本レースを欠場したため、ドライバーズランキング2位のフィル・ヒルはスタンドで観戦せざるを得なかった[1]。前戦ベルギーGPを欠場したポルシェが復帰した。

レースはグラハム・ヒルがリードし、ポールポジションジム・クラークジョン・サーティースブルース・マクラーレンと2位争いを繰り広げ、ジャック・ブラバムダン・ガーニーが続いた。マクラーレンは4速を失いコースアウトで後退する。ブラバムはリアサスペンションが壊れてリタイアとなった。サーティースはイグニッションの問題で8位に後退した。グラハム・ヒルはクラークに22秒差を付けていたが、30周目にジャッキー・ルイスと接触してクラークが首位に立った。グラハム・ヒルは32周目にファステストラップを記録し、33周目にクラークを抜いて首位を奪い返す。クラークは次の周でフロントサスペンションを壊してリタイアとなり、グラハム・ヒルは再び首位を独走していく。しかし、42周目にインジェクションとスロットルリンケージのトラブルでヘアピンでストップしてしまう[1]。これでガーニーが首位に立って優勝し、ガーニーとポルシェにとってはF1初勝利となった。

ポルシェにとっては唯一の勝利であり、空冷エンジン搭載車においても唯一の勝利となった。ドイツのコンストラクターが勝ったのは1955年イタリアGPでのメルセデスファン・マヌエル・ファンジオ以来7年ぶりで、2008年カナダGPBMWザウバーロバート・クビサが優勝するまで、ドイツのコンストラクターは46年間勝利から遠ざかることになる。クーパークライマックスV8エンジン搭載車に乗るのは2回目のトニー・マグスが2位、序盤に大きく出遅れたリッチー・ギンサーが3位まで追い上げて表彰台を獲得した。サーティースはグラハム・ヒルが脱落した43周目には2位まで順位を戻していたがマシントラブルが立て続けに発生し、最後はマクラーレンにも抜かれて5位に終わった[2][3]

エントリーリスト編集

フェラーリはエントリーしていたが欠場したため、カーナンバー2、4、6は使用されなかった。

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 2   フィル・ヒル 1 フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
4   リカルド・ロドリゲス 1
6   ロレンツォ・バンディーニ 1
  スクーデリア・レパブリカ・ディ・ヴェネツィア 4   ニーノ・ヴァッカレッラ 1 ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
6   カルロ・マリア・アバーテ 1 ロータス 18 クライマックス FWMV 1.5L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 8   グラハム・ヒル BRM P57 BRM P56 1.5L V8
10   リッチー・ギンサー
  チーム・ロータス 12   ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
14   トレバー・テイラー
16   ピーター・アランデル 2 BRM P56 1.5L V8
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 18   ジョン・サーティース ローラ Mk4 クライマックス FWMV 1.5L V8
20   ロイ・サルヴァドーリ
  クーパー・カー・カンパニー 22   ブルース・マクラーレン クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
24   トニー・マグス
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 26   ジャック・ブラバム ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム 28   モーリス・トランティニアン ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
  ポルシェ・システム・エンジニアリング 30   ダン・ガーニー ポルシェ 804 ポルシェ 753 1.5L F8
32   ヨアキム・ボニエ
  UDT・レイストール・レーシングチーム 34   マステン・グレゴリー ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
36   イネス・アイルランド クライマックス FWMV 1.5L V8
  エキュリー・マールスベルゲン 38   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  エキュリー・フィリピネッティ 40   ジョー・シフェール ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  エキュリー・ギャロワーズ 42   ジャッキー・ルイス クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
  アングロ=アメリカン・エキップ 44   イアン・バージェス 1 クーパー T59 クライマックス FPF 1.5L L4
ソース:[4]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - エントリーしたが出場せず
  • ^2 - マシンが準備できず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 2:14.8 1
2 8   グラハム・ヒル BRM 2:15.0 +0.2 2
3 22   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 2:15.4 +0.6 3
4 26   ジャック・ブラバム ロータス-クライマックス 2:16.1 +1.3 4
5 18   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 2:16.3 +1.5 5
6 30   ダン・ガーニー ポルシェ 2:16.5 +1.7 6
7 34   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 2:17.3 +2.5 7
8 36   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 2:17.5 +2.7 8
9 32   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 2:17.9 +3.1 9
10 10   リッチー・ギンサー BRM 2:18.2 +3.4 10
11 24   トニー・マグス クーパー-クライマックス 2:18.6 +3.8 11
12 14   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 2:19.1 +4.3 12
13 28   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 2:20.8 +6.0 13
14 20   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 2:21.3 +6.5 14
15 40   ジョー・シフェール ロータス-BRM 2:23.4 +8.6 15
16 42   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 2:25.5 +10.7 16
17 38   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 2:26.5 +11.7 17
ソース:[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 30   ダン・ガーニー ポルシェ 54 2:07:05.5 6 9
2 24   トニー・マグス クーパー-クライマックス 53 +1 Lap 11 6
3 10   リッチー・ギンサー BRM 52 +2 Laps 10 4
4 22   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 51 +3 Laps 3 3
5 18   ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 51 +3 Laps 5 2
6 38   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 51 +3 Laps 17 1
7 28   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 50 +4 Laps 13
8 14   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 48 +6 Laps 12
9 8   グラハム・ヒル BRM 44 +10 Laps 2
10 32   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 43 ギアボックス 9
Ret 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 34 サスペンション 1
Ret 42   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 28 アクシデント 16
Ret 20   ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 21 油圧 14
Ret 34   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 15 オーバーヒート 7
Ret 26   ジャック・ブラバム ロータス-クライマックス 11 サスペンション 4
Ret 40   ジョー・シフェール ロータス-BRM 6 クラッチ 15
Ret 36   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1 パンクチャー 8
ソース:[6]
ラップリーダー[7]

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Blunsden, John (September 1962). "Porsche-sensation i Frankrikes G.P." [Porsche Sensation in French G.P.]. Illustrerad Motor Sport (in Swedish). No. 9. Lerum, Sweden. p. 15.
  2. ^ Blunsden, p. 16
  3. ^ Blunsden, p. 14
  4. ^ France 1962 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年5月23日閲覧。
  5. ^ France 1962 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年5月23日閲覧。
  6. ^ 1962 French Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  7. ^ France 1962 - Laps led”. statsf1.com. 2018年5月22日閲覧。

外部リンク編集