メインメニューを開く

1961年フランスグランプリ (1961 French Grand Prix) は、1961年のF1世界選手権第4戦として、1961年7月2日ランス・サーキットで開催された。

フランス 1961年フランスグランプリ
レース詳細
1961年F1世界選手権全8戦の第4戦
ランス・サーキット(1954-1972)
ランス・サーキット(1954-1972)
日程 1961年7月2日
正式名称 XLVII Grand Prix de l'A.C.F.
開催地 ランス・サーキット
フランスの旗 フランス ランス
コース 公道コース/レース施設
コース長 8.302 km (5.158 mi)
レース距離 52周 431.704 km (268.248 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2.24.9
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル フェラーリ
タイム 2.27.1 (20周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 ポルシェ
3位 ロータス-クライマックス

レース概要編集

気温が摂氏39度(華氏102度)、路面温度は摂氏50度(華氏120度)の炎天下で行われた本レースは大番狂わせに湧いた。

ワークスフェラーリ勢がマシントラブルで次々と消え去り、ポルシェのワークス2台(ダン・ガーニーヨアキム・ボニエ)とプライベートチームのFISA[1]からフェラーリを走らせた新人ジャンカルロ・バゲッティが残った。これがF1デビュー戦となるバゲッティは冷静な判断で、ガーニーにわずか0.1秒差で優勝を手中に収めた[2]

バゲッティはF1世界選手権最初のレース(1950年イギリスGP)で優勝したジュゼッペ・ファリーナ以来2人目[3]のF1デビュー戦での優勝となったが、ファリーナはF1最初のレースで全員がデビュー戦となるため実質的には初めての快挙で、実質唯一の記録となっている。また、フェラーリのプライベートチームが優勝した唯一のレースでもある。以後、バゲッティが表彰台に立つことは二度となかった。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  クーパー・カー・カンパニー 2   ジャック・ブラバム クーパー T55 クライマックス FPF 1.5L L4
4   ブルース・マクラーレン
  チーム・ロータス 6   イネス・アイルランド ロータス 21 クライマックス FPF 1.5L L4
8   ジム・クラーク
48   ウィリー・メレス
  ポルシェ・システム・エンジニアリング 10   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
12   ダン・ガーニー
  エキュリー・マールスベルゲン 14   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール
  ハンス・ヘルマン 1
ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 16   フィル・ヒル フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
18   リッチー・ギンサー
20   ヴォルフガング・フォン・トリップス
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 22   グラハム・ヒル BRM P48/57 クライマックス FPF 1.5L L4
24   トニー・ブルックス
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 26   スターリング・モス 2 ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
  UDT・レイストール・レーシングチーム ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
28   ルシアン・ビアンキ
  ファン・マヌエル・ボルデウ 3
18/21
30   ヘンリー・テイラー
  スクーデリア・セレニッシマ 32   モーリス・トランティニアン
  ジョルジオ・スカルラッティ 4
クーパー T51 マセラティ 6-1500 1.5L L4
34   ジョルジオ・スカルラッティ
  モーリス・トランティニアン 4
デ・トマソ F1 オスカ 372 1.5L L4
  カモラーディ・インターナショナル 36   マステン・グレゴリー クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
38   イアン・バージェス ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 40   ジョン・サーティース クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
42   ロイ・サルヴァドーリ
  H&L モータース 44   ジャッキー・ルイス クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
  スクーデリア・コロニア 46   ミハエル・マイ
  ヴォルフガング・ザイデル 5
ロータス 18 クライマックス FPF 1.5L L4
  オリビエ・ジャンドビアン 6 エメリソン 61 マセラティ 6-1500 1.5L L4
  FISA 50   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
  ベルナール・コロンブ 52   ベルナール・コロンブ クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
  JBW カーズ 54   ブライアン・ネイラー 7 JBW 59 マセラティ 6-1500 1.5L L4
ソース:[4]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - ヘルマンからド・ボーフォールに交代。
  • ^2 - モスはロブ・ウォーカーとBRPの2チームにエントリーしていたが、ロブ・ウォーカーから出走した。
  • ^3 - ボルデウはTカーのみ使用した。
  • ^4 - トランティニアンとスカルラッティはクーパーとデ・トマソの両方のマシンでエントリーしていたが、トランティニアンがNo.32のクーパー、スカルラッティがNo.34のデ・トマソで出走した。
  • ^5 - ザイデルは練習走行のみ。
  • ^6 - ジャンドビアンからマイに交代。マシンもエメリソンからロータスに変更。
  • ^7 - エントリーしたが、マシンが準備できなかったため出場しなかった。

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 16   フィル・ヒル フェラーリ 2:24.9 1
2 20   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 2:26.4 + 1.5 2
3 18   リッチー・ギンサー フェラーリ 2:26.8 + 1.9 3
4 26   スターリング・モス ロータス-クライマックス 2:27.6 + 2.7 4
5 8   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 2:29.0 + 4.1 5
6 22   グラハム・ヒル BRM-クライマックス 2:29.1 + 4.2 6
7 40   ジョン・サーティース クーパー-クライマックス 2:29.1 + 4.2 7
8 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 2:29.4 + 4.5 8
9 12   ダン・ガーニー ポルシェ 2:29.6 + 4.7 9
10 6   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 2:29.8 + 4.9 10
11 24   トニー・ブルックス BRM-クライマックス 2:29.9 + 5.0 11
12 50   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 2:30.5 + 5.6 12
13 10   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 2:30.5 + 5.6 13
14 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 2:31.0 + 6.1 14
15 42   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 2:31.2 + 6.3 15
16 36   マステン・グレゴリー クーパー-クライマックス 2:31.3 + 6.4 16
17 14   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 2:31.8 + 6.9 17
18 44   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 2:32.0 + 7.1 18
19 28   ルシアン・ビアンキ ロータス-クライマックス 2:33.4 + 8.5 19
20 48   ウィリー・メレス ロータス-クライマックス 2:35.8 + 10.9 20
21 52   ベルナール・コロンブ クーパー-クライマックス 2:36.8 + 11.9 21
22 46   ミハエル・マイ ロータス-クライマックス 2:37.9 + 13.0 22
23 32   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 2:38.8 + 13.9 23
24 38   イアン・バージェス ロータス-クライマックス 2:39.7 + 14.8 24
25 30   ヘンリー・テイラー ロータス-クライマックス 2:40.8 + 15.9 25
26 34   ジョルジオ・スカルラッティ デ・トマソ-オスカ 2:47.1 + 22.2 26
ソース:[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 50   ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 52 2:14:17.5 12 9
2 12   ダン・ガーニー ポルシェ 52 + 0.1 9 6
3 8   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 52 + 1:01.0 5 4
4 6   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 52 + 1:10.3 10 3
5 4   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 52 + 1:41.8 8 2
6 22   グラハム・ヒル BRM-クライマックス 52 + 1:41.9 6 1
7 10   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 52 + 3:15.4 13
8 42   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 51 + 1 Lap 15
9 16   フィル・ヒル フェラーリ 50 + 2 Laps 1
10 30   ヘンリー・テイラー ロータス-クライマックス 49 + 3 Laps 25
11 46   ミハエル・マイ ロータス-クライマックス 48 + 4 Laps 22
12 36   マステン・グレゴリー クーパー-クライマックス 43 + 9 Laps 16
13 32   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 42 + 10 Laps 23
14 38   イアン・バージェス ロータス-クライマックス 42 + 10 Laps 24
15 18   リッチー・ギンサー フェラーリ 40 油圧 3
Ret 26   スターリング・モス ロータス-クライマックス 31 ブレーキ 4
Ret 48   ウィリー・メレス ロータス-クライマックス 27 エンジン 20
Ret 14   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 23 オーバーヒート 17
Ret 28   ルシアン・ビアンキ ロータス-クライマックス 21 オーバーヒート 19
Ret 20   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 18 エンジン 2
Ret 34   ジョルジオ・スカルラッティ デ・トマソ-オスカ 15 エンジン 26
Ret 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 14 油圧 14
Ret 52   ベルナール・コロンブ クーパー-クライマックス 6 エンジン 21
Ret 40   ジョン・サーティース クーパー-クライマックス 4 アクシデント 7
Ret 24   トニー・ブルックス BRM-クライマックス 4 オーバーヒート 11
Ret 44   ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 4 オーバーヒート 18
ソース:[6]
ラップリーダー

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Federazione Italiana Scuderie Automobilistiche。後にモータースポーツを統括する国際自動車スポーツ連盟(Fédération Internationale du Sport Automobile。1993年にFIAへ吸収された)とは無関係である。
  2. ^ (林信次 1997, p. 20)
  3. ^ 1950年から1960年までF1世界選手権の一戦に組み込まれていたインディ500を含めると、1950年のインディ500で優勝したジョニー・パーソンズもデビュー戦での優勝となる。なお、この年のインディ500にF1ドライバーの出走はなかったため、こちらも全員がデビュー戦となる。
  4. ^ France 1961 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年4月3日閲覧。
  5. ^ France 1961 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年4月3日閲覧。
  6. ^ 1961 French Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集