メインメニューを開く

1963年フランスグランプリ

1963年フランスグランプリ (1963 French Grand Prix) は、1963年のF1世界選手権第4戦として、1963年6月30日ランス・サーキットで開催された。

フランス 1963年フランスグランプリ
レース詳細
1963年F1世界選手権全10戦の第4戦
ランス・サーキット(1954-1972)
ランス・サーキット(1954-1972)
日程 1963年6月30日
正式名称 XLIX Grand Prix de l'A.C.F.
開催地 ランス・サーキット
フランスの旗 フランス ランス
コース 恒久的レース施設
コース長 8.302 km (5.159 mi)
レース距離 53周 440.006 km (273.407 mi)
決勝日天候 晴のち雨 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 2:20.2
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 2:21.6 (12周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 クーパー-クライマックス
3位 BRM

ロータス・25-クライマックス(1.5L V8)をドライブするジム・クラークがレースを制した[1]

レース概要編集

BRMは、モノコックと鋼管サブフレームを組み合わせたセミモノコック仕様のP61を投入した[2]

スタートでジム・クラークリッチー・ギンサー(BRM)をリードする。新車P61を使用するグラハム・ヒルはグリッド上でエンジンがストールしてしまったため、マシンを押しがけスタートさせなければならず、レース後に1分加算のペナルティが科せられた。レースはクラークが支配し、ギンサーは石がラジエーターに突き刺さりリタイアに追い込まれた。ジャック・ブラバムはマシントラブルを抱えたトレバー・テイラーとの激しい2位争いに勝った。

首位のクラークは2位ブラバムとの差を大きく広げたが、クラークのクライマックスエンジンが咳き込み始めた。しかし、これは散発的な問題であることが判明し、彼はポジションを維持するのに十分なリードを持っていた。ブラバムはレース終盤にエンジントラブルでグレアム・ヒルとトニー・マグスに抜かれ4位に後退し、残り2周でマグスがヒルを抜いて2位に躍り出た。ヒルは3位でフィニッシュしたが、押しがけスタートにより後にポイントは無効となった[3]。クラークは2位のマグスに1分以上の差を付けてポール・トゥ・ウィンで3連勝、2戦連続でグランドスラム(ポールポジションファステストラップ、全周回1位、優勝)を達成した。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 2   グラハム・ヒル BRM P61 BRM P60 1.5L V8
4   リッチー・ギンサー P57 BRM P56 1.5L V8
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 6   ジャック・ブラバム ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8
8   ダン・ガーニー
  クーパー・カー・カンパニー 10   ブルース・マクラーレン クーパー T66 クライマックス FWMV 1.5L V8
12   トニー・マグス
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 14   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 156/63 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
16   ジョン・サーティース
  チーム・ロータス 18   ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
20   トレバー・テイラー
22   ピーター・アランデル
  オートモビリ・ツーリズモ・エ・スポート 24   フィル・ヒル 1 ATS 100 ATS 100 1.5L V8
26   ジャンカルロ・バゲッティ 2
  レグ・パーネル・レーシング 28   モーリス・トランティニアン ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
30   クリス・エイモン ローラ Mk4A
  ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ 32   イネス・アイルランド BRP Mk1 BRM P56 1.5L V8
34   ジム・ホール ロータス 24
  シフェール・レーシングチーム 36   ジョー・シフェール ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  シロッコ・レーシング・カーズ 38   トニー・セッテンバー シロッコ SP BRM P56 1.5L V8
40   イアン・バージェス 2
  エキュリー・フィリピネッティ 42   フィル・ヒル 1 ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 44   ヨアキム・ボニエ クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
  スクーデリア・セントロ・スッド 46   ロレンツォ・バンディーニ BRM P57 BRM P56 1.5L V8
  ティム・パーネル 48   マステン・グレゴリー ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  スクーデリア・デ・トマソ 50   ナシフ・エステファノ 2 デ・トマソ 801 デ・トマソ 1.5L F8
ソース:[4]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - P.ヒルは当初No.24のATSをドライブする予定だったが、ATSがレースから撤退したため、No.42のロータス-BRMで出場した
  • ^2 - マシンが準備できず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 18   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 2:20.2 1
2 2   グラハム・ヒル BRM 2:20.9 +0.7 2
3 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 2:21.7 +1.5 3
4 16   ジョン・サーティース フェラーリ 2:21.8 +1.6 4
5 6   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 2:21.9 +1.7 5
6 10   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 2:22.5 +2.3 6
7 20   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 2:23.7 +3.5 7
8 12   トニー・マグス クーパー-クライマックス 2:24.4 +4.2 8
9 32   イネス・アイルランド BRP-BRM 2:25.1 +4.9 9
10 36   ジョー・シフェール ロータス-BRM 2:25.2 +5.0 10
11 44   ヨアキム・ボニエ クーパー-クライマックス 2:25.7 +5.5 11
12 4   リッチー・ギンサー BRM 2:25.9 +5.7 12
13 14   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 2:27.0 +6.8 DNS 1
14 42   フィル・ヒル ロータス-BRM 2:27.7 +7.5 13
15 28   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 2:28.3 +8.1 14
16 22   ピーター・アランデル ロータス-クライマックス 2:28.5 +8.3 DNS 2
17 30   クリス・エイモン ローラ-クライマックス 2:30.5 +10.3 15
18 34   ジム・ホール ロータス-BRM 2:30.9 +10.7 16
19 48   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 2:33.2 +13.0 17
20 38   トニー・セッテンバー シロッコ-BRM 2:36.7 +16.5 18
21 46   ロレンツォ・バンディーニ BRM 2:37.8 +17.6 19
ソース:[5]
追記
  • ^1 - スカルフィオッティは予選でのアクシデントにより決勝を欠場
  • ^2 - アランデルはサポートレースに出場するため決勝を欠場

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 18   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 53 2:10:54.3 1 9
2 12   トニー・マグス クーパー-クライマックス 53 +1:04.9 8 6
3 2   グラハム・ヒル BRM 53 +2:13.9 1 2 0 1
4 6   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 53 +2:15.2 5 3
5 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 53 +2:33.4 3 2
6 36   ジョー・シフェール ロータス-BRM 52 +1 Lap 10 1
7 30   クリス・エイモン ローラ-クライマックス 51 +2 Laps 15
8 28   モーリス・トランティニアン ロータス-クライマックス 50 +3 Laps 14
9 32   イネス・アイルランド BRP-BRM 49 +4 Laps 9
10 46   ロレンツォ・バンディーニ BRM 45 +8 Laps 19
11 34   ジム・ホール ロータス-BRM 45 +8 Laps 16
12 10   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 42 イグニッション 6
13 20   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 41 サスペンション 7
NC 42   フィル・ヒル ロータス-BRM 34 周回数不足 1 13
NC 44   ヨアキム・ボニエ クーパー-クライマックス 32 周回数不足 11
Ret 48   マステン・グレゴリー ロータス-BRM 30 ギアボックス 1 17
Ret 16   ジョン・サーティース フェラーリ 12 燃料ポンプ 4
Ret 38   トニー・セッテンバー シロッコ-BRM 5 ホイールベアリング 18
Ret 4   リッチー・ギンサー BRM 4 ラジエーター 12
DNS 14   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 予選でアクシデント
DNS 22   ピーター・アランデル ロータス-クライマックス サポートレースに出場
ソース:[6]
ラップリーダー[7]
追記
  • ^1 - G.ヒル、P.ヒル、グレゴリーは押しがけスタートを受けたため本来は失格だが、レース主催者はそのままレース続行を認め、レース後に1分加算ペナルティを科すことで対処した。ただし、FIA-CSI(国際スポーツ委員会)は3位に入賞したG.ヒルを得点対象外とし、順位の繰り上げは行わなかった[8]

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Small, Steve (1994). The Guinness Complete Grand Prix Who's Who. Guinness. p. 109. ISBN 0851127029. 
  2. ^ (林信次 1997, p. 59)
  3. ^ French GP, 1963”. grandprix.com. 2018年9月13日閲覧。
  4. ^ France 1963 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年9月12日閲覧。
  5. ^ France 1963 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年9月12日閲覧。
  6. ^ 1963 French Grand Prix”. formula1.com. 2013年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  7. ^ France 1963 - Laps led”. statsf1.com. 2018年9月11日閲覧。
  8. ^ (林信次 1997, p. 121)

参照文献編集

外部リンク編集