メインメニューを開く

1964年アメリカグランプリ (1964 United States Grand Prix) は、1964年のF1世界選手権第9戦として、1964年10月4日ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキットで開催された。

アメリカ合衆国 1964年アメリカグランプリ
レース詳細
1964年F1世界選手権全10戦の第9戦
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
日程 1964年10月4日
正式名称 VII United States Grand Prix
開催地 ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ワトキンズ・グレン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.701 km (2.300 mi)
レース距離 110周 407.110 km (252.966 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:12.65
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 1:12.7 (81周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 フェラーリ
3位 ブラバム-BRM

レースは110周で行われ、BRMグラハム・ヒルが4番手スタートから優勝、フェラーリジョン・サーティースが2位、ロブ・ウォーカー・レーシングチームブラバムを駆るジョー・シフェールが3位となった。

レース概要編集

BRMグラハム・ヒルが2年連続でアメリカGPを制し、1964年のチャンピオン争いでジョン・サーティースジム・クラークをリードした。フェラーリのサーティースは30.5秒遅れの2位となった。

フェラーリはサーティースとロレンツォ・バンディーニのために4台のマシンを持ち込んだ。しかし、カラーリングはレースプログラムで宣伝された通常の「燃えるような赤」ではなかった。エンツォ・フェラーリは、スポーツカーの250LMGTカーとしてFIA公認を受けられなかったことに怒り、参加者ライセンスを返上していたので、ルイジ・キネッティ英語版率いるフェラーリの北米代理店「ノース・アメリカン・レーシング・チーム(NART)」によってエントリーされ[1]、マシンはアメリカ合衆国ナショナルカラーである青と白に塗装された[2]。本レースには20台のエントリーがあったが、BRMから3台目のマシンで出走する予定だった地元出身のA.J.フォイトのみ欠場した。

サーキット運営会社のワトキンズ・グレン・グランプリ・コーポレーションは、再舗装された路面にとても満足していたため、120mph(約193km/h)のラップタイム(1分8秒9)が可能であると信じ、120mphを超えた最初のドライバーには120本のシャンパンを贈呈することになっていた。チャンピオンを争う3人と地元出身のダン・ガーニーポールポジション争いを繰り広げ、前年のヒルの予選最速タイム(1分13秒4)を上回ることはできたが、120mphを超えることはできなかった。

チーム・ロータスコーリン・チャップマンは、クラークのために古い25と新しい33を用意した。しかし、クラークは33で練習する時間がほとんどなく、信頼できる古い25でポールポジションを獲得する最速タイム(1分12秒65)をマークしたため、彼は決勝で25を使用することにした。サーティース、ガーニー、ヒルも1分13秒を切り、続いてブルース・マクラーレンとクラークのチームメイトのマイク・スペンスが続いた。

日曜日は冷たい風と明るい日差しの下、次戦が最終戦となる緊迫したチャンピオン争いを65,000人が観戦した。ヒルはクラークを2点差でリードし、サーティースは過去3戦のうち2戦で優勝し、クラークと2点差の3位であった。ディフェンディングチャンピオンのクラークはスタートでラインを外れてしまい、サーティーズとスペンスに抜かれて3位に下がった。1周目を終えた時点で、サーティース、スペンス、ヒル、クラーク、ジャック・ブラバムイネス・アイルランド、ガーニー、マクラーレンの順となった。

ガーニーはすぐにアイルランドとブラバムを抜き、スタートでの出遅れを取り戻した。ヒルはスペンスを抜いて一時的に2位へ上がったが、クラークがスペンスとヒルを抜いて一気に2位に上がり、サーティースに迫る。クラークは13周目にピット手前の右コーナーでサーティースを抜いてトップに立った。それから18周の間、クラークはサーティースから逃げ続けた。ガーニーはスペンスを抜き、3位のヒルを追う。ヒルは31周目にサーティースを抜いて2位に上がった。

40周目、クラークのロータスは燃料噴射装置にトラブルが発生して失火し始めた。サーティース、ヒル、ガーニーは、44周目にピットインする前にクラークを追い抜いた。クルーがインジェクションシステムを調整するために2周をロスしてコースへ復帰したが、6周後に再び止まってしまった。チャップマンは4位を走行していたチームメイトのスペンスをピットへ呼び、クラークがヒルとサーティースを上回り、両者が獲得できるポイントを減らすことができると期待して、クラークとマシンを交換した。スペンスはクラークのマシンでレースを続けたが、5周後にリタイアした。なお、F1世界選手権で車両をシェアしたのは本レースが最後である[3]

その間、ヒルは45周目にサーティースからリードを奪い返した。61周目にヒルのチームメイトである地元出身のリッチー・ギンサーに近づき、ギンサーはヒルをパスさせ、サーティースとガーニーを抑えた。サーティースとガーニーは1周後にギンサーを抜いたが、それまでにヒルは50ヤード(約46m)のリードを築いていた。2周後、サーティースは別のバックマーカーをパスする際にスピンを喫し、これで2位に上がったガーニーだったが、70周目にエンジントラブルでリタイアした。

3位を走るクラークは、ヒルより1周で2秒速いタイムで追撃し、予選タイムに匹敵するファステストラップ(1分12秒7)を81周目に記録したが、燃料ポンプのトラブルでガス欠状態となったため、102周でリタイアした(7位完走扱い)。ヒルとサーティースは最後まで順調に周回し、ヒルが今シーズン2勝目を収め、サーティースが2位でとなった。ドライバーズチャンピオン争いは、ヒルがサーティースより5点、クラークより9点リードして最終戦メキシコGPを迎えることになった。ロブ・ウォーカーからブラバムを走らせたジョー・シフェールが初の3位表彰台を獲得した。以下、ギンサーが4位、チーム・ロータスからスポット参戦した地元出身のウォルト・ハンスゲンが5位、BRPトレバー・テイラーが6位となった。ハンスゲンはF1最後のレースでF1キャリア唯一のポイントを、テイラーは今シーズン唯一となるポイントをそれぞれ獲得した。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  チーム・ロータス 1   ジム・クラーク ロータス 25 1 クライマックス FWMV 1.5L V8
2   マイク・スペンス 33 1
17   ウォルト・ハンスゲン 33
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8
4   リッチー・ギンサー
24   A.J.フォイト 2 P61 BRM P56 1.5L V8
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 5   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8
6   ダン・ガーニー BT7
  ノース・アメリカン・レーシングチーム 7   ジョン・サーティース フェラーリ 158 3 フェラーリ 205B 1.5L V8
8   ロレンツォ・バンディーニ 1512 4 フェラーリ 207 1.5L F12
  クーパー・カー・カンパニー 9   ブルース・マクラーレン クーパー T73 クライマックス FWMV 1.5L V8
10   フィル・ヒル
  ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ 11   イネス・アイルランド BRP Mk2 BRM P56 1.5L V8
12   トレバー・テイラー
  レグ・パーネル・レーシング 14   マイク・ヘイルウッド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8
15   クリス・エイモン
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8
22   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
23   ハップ・シャープ
  ホンダ・レーシング 25   ロニー・バックナム ホンダ RA271 ホンダ RA271E 1.5L V12
ソース:[4]
追記
  • タイヤは全車ダンロップ
  • ^1 - クラークは練習走行でカーナンバー1の25とカーナンバー2の33を走らせた。決勝はカーナンバー1の25でスタートし、49周目にスペンスとマシンを交換した
  • ^2 - エントリーしたが出場せず[5]
  • ^3 - サーティースは練習走行でカーナンバー7の158と156 Aeroを走らせ、決勝は158でスタートした
  • ^4 - 1512はサーティースとバンディーニの両者のためにカーナンバー8で登録され、バンディーニが練習走行から決勝までドライブした

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:12.65 1
2 7   ジョン・サーティース フェラーリ 1:12.78 +0.13 2
3 6   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:12.90 +0.25 3
4 3   グラハム・ヒル BRM 1:12.92 +0.27 4
5 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:13.10 +0.45 5
6 2   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 1:13.33 +0.68 6
7 5   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:13.63 +0.98 7
8 8   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:13.85 +1.20 8
9 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:14.07 +1.42 9
10 11   イネス・アイルランド BRP-BRM 1:14.35 +1.70 10
11 15   クリス・エイモン ロータス-BRM 1:14.43 +1.78 11
12 22   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:14.65 +2.00 12
13 4   リッチー・ギンサー BRM 1:14.67 +2.02 13
14 25   ロニー・バックナム ホンダ 1:14.90 +2.25 14
15 12   トレバー・テイラー BRP-BRM 1:15.30 +2.65 15
16 14   マイク・ヘイルウッド ロータス-BRM 1:15.65 +3.00 16
17 17   ウォルト・ハンスゲン ロータス-クライマックス 1:15.90 +3.25 17
18 23   ハップ・シャープ ブラバム-BRM 1:18.23 +5.58 18
19 10   フィル・ヒル クーパー-クライマックス 1:19.63 +6.98 19
ソース:[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3   グラハム・ヒル BRM 110 2:16:38.0 4 9
2 7   ジョン・サーティース フェラーリ 110 +30.5 2 6
3 22   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 109 +1 Lap 12 4
4 4   リッチー・ギンサー BRM 107 +3 Laps 13 3
5 17   ウォルト・ハンスゲン ロータス-クライマックス 107 +3 Laps 17 2
6 12   トレバー・テイラー BRP-BRM 106 +4 Laps 15 1
7 2   マイク・スペンス
  ジム・クラーク
ロータス-クライマックス 102 燃料切れ/燃料ポンプ 6
8 14   マイク・ヘイルウッド ロータス-BRM 101 オイルポンプ 16
Ret 6   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 69 油圧低下 3
NC 23   ハップ・シャープ ブラバム-BRM 65 規定周回数不足 18
Ret 8   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 58 エンジン 8
Ret 1   ジム・クラーク
  マイク・スペンス
ロータス-クライマックス 54 燃料噴射 1
Ret 25   ロニー・バックナム ホンダ 50 エンジン/シリンダーヘッドガスケット 14
Ret 15   クリス・エイモン ロータス-BRM 47 スターター 11
Ret 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 37 リアアクスル 9
Ret 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 27 エンジン/バルブ 5
Ret 5   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 14 エンジン 7
Ret 10   フィル・ヒル クーパー-クライマックス 4 イグニッション 19
Ret 11   イネス・アイルランド BRP-BRM 2 ギアボックス 10
ソース:[7]
ラップリーダー[8]

第9戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1997, p. 89)
  2. ^ (林信次 1997, p. 74)
  3. ^ The Nostalgia Forum”. Autosport Forums. 2010年2月25日閲覧。
  4. ^ USA 1964 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年1月24日閲覧。
  5. ^ USA 1964 - Result”. statsf1.com. 2019年1月24日閲覧。
  6. ^ USA 1964 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 1964 United States Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  8. ^ USA 1964 - Laps led”. statsf1.com. 2019年1月27日閲覧。

参照文献編集

  • en:1964 United States Grand Prix(2018年6月17日 16:12:10(UTC))より翻訳
  • de:Großer Preis der USA 1964(2017年6月23日 16:05(UTC))より翻訳 - エントリーリスト節
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0
  • Doug Nye (1978). The United States Grand Prix and Grand Prize Races, 1908-1977. B. T. Batsford. ISBN 0-7134-1263-1
  • Tony Hogg (December, 1964). "Grand Prix of the United States". Road & Track, 61-67.

外部リンク編集