メインメニューを開く

1970年のヤクルトアトムズ(1970ねんのヤクルトアトムズ)では、1970年シーズンについてのヤクルトアトムズの動向をまとめる。

1970年のヤクルトアトムズ
成績
セントラル・リーグ6位
33勝92敗5分 勝率.264[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 別所毅彦(8月20日まで)
小川善治(8月21日から)
« 1969
1971 »

この年のヤクルトアトムズは、ヤクルト本社が公式に単独で経営権を持ったことにより球団名が「ヤクルトアトムズ」に改称された最初のシーズンであり、別所毅彦監督の3年目のシーズンである。8月4日から始まった連敗が11となったところで別所監督が解任され、小川善治2軍監督が代理監督を務めた。しかし、監督交代後も連敗は続き、球団史上最長タイの16連敗(2回目は2019年)を喫し、最下位に終わった[2]

概要編集

前述のように8月から始まった連敗の途中で別所監督が解任され、16連敗を喫しチーム成績が最悪のシーズンとなった。また、所属する選手にも不祥事が相次ぎ、6月18日には無免許運転で事故を起こした加藤俊夫が無期限出場停止→東映に移籍、9月8日にはこの時期球界で騒がれている「黒い霧事件」がヤクルトにも飛び火、桑田武小型自動車競走法違反容疑で逮捕され出場停止→現役引退、そして加藤と同期入団の奥柿幸雄が失踪引退になるなど、正に踏んだり蹴ったり状態だった。

その一方、この年のドラフト会議で3位の若松勉を筆頭に、1位の山下慶徳、8位の会田照夫、10位の杉浦亨と、1978年初優勝時のV戦士が指名されて入団、また前年のドラフト会議大洋ホエールズに1位指名されながら入団を拒否し、アメリカ野球留学をしていた荒川尭早稲田大学)が10月7日に一旦大洋に入団し、押し詰まった12月26日にトレードで入団、1ヶ月間の出場停止を受けながらも新たなスターが誕生した。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 大塚徹
2 東条文博
3 チャンス
4 ロバーツ
5 西園寺昭夫
6 武上四郎
7 中村国昭
8 加藤俊夫
9 石岡康三
1970年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 0.5 阪神 0.5 広島 5.5 大洋 5.5 阪神 3.5 阪神 3.0 阪神 2.0
3位 阪神 2.0 広島 2.0 大洋 6.0 阪神 6.0 大洋 6.0 大洋 4.5 大洋 10.0
4位 ヤクルト 3.0 大洋 5.5 阪神 7.0 広島 8.0 広島 10.0 広島 10.5 広島 15.0
5位 中日 3.0 中日 6.5 中日 11.5 中日 16.5 中日 14.5 中日 19.0 中日 23.5
6位 大洋 3.5 ヤクルト 9.5 ヤクルト 15.0 ヤクルト 21.0 ヤクルト 29.0 ヤクルト 35.0 ヤクルト 45.5
1970年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 47 4 .627 -
2位 阪神タイガース 77 49 4 .611 2.0
3位 大洋ホエールズ 69 57 4 .548 10.0
4位 広島東洋カープ 62 60 8 .508 15.0
5位 中日ドラゴンズ 55 70 5 .440 23.5
6位 ヤクルトアトムズ 33 92 5 .264 45.5

オールスターゲーム1970編集

ファン投票 武上四郎
監督推薦 浅野啓司
  • 取り消し線は出場辞退

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
東条文博 盗塁王 28個 初受賞
ベストナイン
選出なし

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山下慶徳 外野手 河合楽器 入団
2位 三橋豊夫 投手 日本通運 入団
3位 若松勉 外野手 電電北海道 入団
4位 渡辺進 内野手 銚子商業高 入団
5位 牧重見 投手 サッポロビール 入団
6位 執行重徳 外野手 飯塚商業高 入団
7位 植原修平 外野手 日本石油 入団
8位 会田照夫 投手 三協精機 入団
9位 野村茂 捕手 PL学園高 拒否・日本生命入社
10位 杉浦享 投手 愛知高 入団
11位 成田昇 投手 西濃運輸 入団
12位 倉持明 投手 横浜第一商業高 拒否・日本鋼管入社
13位 米田潔 投手 新田高 拒否・伊予銀行入行
14位 市場博己 捕手 平安高 入団
15位 高柳信美 捕手 国士舘高 拒否・国士舘大学進学
16位 大木勝年 投手 早稲田大学 入団

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1970年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年6月8日閲覧。
  2. ^ 巨人の連敗はストップするか?現存する12球団最多連敗は98年ロッテの18 デイリースポーツ 2017年6月7日
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147