メインメニューを開く

1970年のNFL1970年9月18日に開幕したNFL51回目のレギュラーシーズンである。この年からAFLとNFLが正式合併した。1971年1月17日フロリダ州マイアミ第5回スーパーボウルが開催され、翌週1月24日にはオールスター戦であるプロボウルがAFC対NFCとしては初めて開催された[1]

1970年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1970年9月18日 - 1970年12月20日
プレイオフ
開幕日 1970年12月26日
AFC優勝 ボルチモア・コルツ
NFC優勝 ダラス・カウボーイズ
第5回スーパーボウル
開催日 1971年1月17日
開催都市 フロリダ州マイアミ
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
チャンピオン ボルチモア・コルツ
プロボウル
開催日 1971年1月24日
開催都市 カリフォルニア州ロサンゼルス
スタジアム ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
NFLシーズン
 < 1969
 < AFL
1971 > 

目次

AFL-NFL合併編集

1969年シーズン終了時点で、NFLが16チーム、AFLが10チームであったので、合併後の両カンファレンスのバランスを取るために、NFLからAFLへ3チームが移籍しなければならなかった。1969年3月、インディアナポリス・コルツピッツバーグ・スティーラーズクリーブランド・ブラウンズがこの3チームとなることを合意した。そして、1970年1月、2カンファレンス3地区制のチーム構成が決定された。

主なルール変更編集

AFL-NFL合併に伴い、ルールが調整された。

  • AFLで行われていた2ポイントコンバージョンが廃止された[2]
  • オフィシャルクロックをスタジアムのクロックにすることになった。これはAFLですでに行われていたことである。
  • 今までNFLの選手のユニフォームには名前が付けられていなかったが、AFLに合わせてユニフォームの背中に名前を付けることが規定された。

日程編集

各チーム14試合の対戦相手は、以下のように組まれた。4チーム所属地区と5チーム所属地区の対戦は原則2試合組まれたが、各カンファレンス1チームずつ、1試合足りなくなるため、該当チーム同士の他カンファレンス対決を1試合増やした。このシーズンでは、49ERSとブロンコスがこのチームに該当する。

  • 西・中地区(49ERS、ブロンコス除く)
    • 同地区(6試合)
    • 同カンファレンス他地区
  • 西地区 vs. 中地区(3試合)
  • vs. 東地区(2試合)
    • 他カンファレンス(3試合)
  • 49ERS、ブロンコス
    • 同地区(6試合)
    • 同カンファレンス他地区
  • 西地区 vs. 中地区(3試合)
  • vs. 東地区(1試合)
    • 他カンファレンス(3試合)
    • 49ERS vs. ブロンコス(1試合)
  • 東地区
    • 同地区(8試合)
    • 同カンファレンス他地区(3試合)
    • 他カンファレンス(3試合)

レギュラーシーズン順位表編集

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • yは地区優勝、xはワイルドカード。
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ボルチモア・コルツ 11 2 1 .846 321 234
x-マイアミ・ドルフィンズ 10 4 0 .714 297 228
ニューヨーク・ジェッツ 4 10 0 .286 255 286
バッファロー・ビルズ 3 10 1 .231 204 337
ボストン・ペイトリオッツ 2 12 0 .143 149 361
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-シンシナティ・ベンガルズ 8 6 0 .571 312 255
クリーブランド・ブラウンズ 7 7 0 .500 286 265
ピッツバーグ・スティーラーズ 5 9 0 .357 210 272
ヒューストン・オイラーズ 3 10 1 .231 217 352
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-オークランド・レイダーズ 8 4 2 .667 300 293
カンザスシティ・チーフス 7 5 2 .583 272 244
サンディエゴ・チャージャーズ 5 6 3 .455 282 278
デンバー・ブロンコス 5 8 1 .385 253 264
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ダラス・カウボーイズ 10 4 0 .714 299 221
ニューヨーク・ジャイアンツ 9 5 0 .643 301 270
セントルイス・カージナルス 8 5 1 .615 325 228
ワシントン・レッドスキンズ 6 8 0 .429 297 314
フィラデルフィア・イーグルス 3 10 1 .231 241 332
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ミネソタ・バイキングス 12 2 0 .857 335 143
x-デトロイト・ライオンズ 10 4 0 .714 347 202
グリーンベイ・パッカーズ 6 8 0 .429 196 293
シカゴ・ベアーズ 6 8 0 .429 256 261
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-サンフランシスコ・49ers 10 3 1 .769 352 267
ロサンゼルス・ラムズ 9 4 1 .692 325 202
アトランタ・ファルコンズ 4 8 2 .333 206 261
ニューオーリンズ・セインツ 2 11 1 .154 172 347

プレイオフ編集

トーナメント表編集

対戦カードといずれのホームで試合を行うかはレギュラーシーズンの成績によるものではなく、毎年のローテーションであらかじめ決められている。

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
                             
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月27日
オークランド・コロシアム
       
AFC チャンピオンシップ
    ドルフィンズ  14
    1月3日
メモリアル・スタジアム
    レイダーズ  21  
    レイダーズ  17
12月26日
メモリアル・スタジアム
        コルツ  27   第5回スーパーボウル
    ベンガルズ  0
    1月17日
マイアミ・オレンジボウル
    コルツ  17  
    コルツ  16
12月26日
コットン・ボウル
NFC チャンピオンシップ       カウボーイズ  13
    ライオンズ  0
    1月3日
キーザー・スタジアム
    カウボーイズ  5  
    カウボーイズ  17
12月27日
メトロポリタン・スタジアム
        49ers  10  
    49ers  17
   
    バイキングス  14  

受賞者編集

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP チャック・ハウリー LB ダラス・カウボーイズ
MVP ジョン・ブロディ QB サンフランシスコ・49ers
最優秀コーチ ディック・ノーラン HC サンフランシスコ・49ers
最優秀新人攻撃選手 デニス・ショウ QB バッファロー・ビルズ
最優秀新人守備選手 ブルース・テイラー CB サンフランシスコ・49ers

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 前年までは西カンファレンス対東カンファレンスであった。
  2. ^ 1994年シーズンに復活。