1986年の世界スポーツプロトタイプカー選手権

1986年の世界スポーツプロトタイプカー選手権
前年: 1985 翌年: 1987

1986年の世界スポーツプロトタイプカー選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の34年目のシーズン。グループC車両がC1、C2の2つのカテゴリーに分かれてそれぞれタイトルを争った。その他IMSA仕様のGTPクラスも独自にタイトルを争った。1986年4月20日イタリアモンツァで開幕し、10月5日日本富士で閉幕するまで、全9戦で争われた。この年からシリーズにスプリントレースも加わり、前年までの世界耐久選手権からシリーズ名が変更になった。

開催スケジュール編集

ラウンド レース サーキット 開催日
1   コパ・コウロス (360km) モンツァ・サーキット 4月20日
2   コウロス・シルバーストン1000km シルバーストン・サーキット 5月5日
3   ル・マン24時間レース サルト・サーキット 5月31日
6月1日
4   100マイレン・フォン・ニュールンベルク ノリスリンク 6月29日
5   シェル・ジェミニ 1000km ブランズ・ハッチ ブランズ・ハッチ 7月20日
6   トロフェオ・シルクカット (360km) ヘレス・サーキット 8月3日
7   ADAC コウロス・ニュルブルクリンク1000km ニュルブルクリンク 8月24日
8   コウロス・スパ1000km スパ・フランコルシャン 9月14日
9   富士1000km 富士スピードウェイ 10月5日

† - ドライバーズタイトルのみ。

シーズン結果編集

ラウンド サーキット C1優勝チーム C2優勝チーム ポールポジション レポート
C1優勝ドライバー C2優勝ドライバー
1 モンツァ   ロスマンズポルシェ   ゲプハルト・モータースポーツ   アレッサンドロ・ナニーニ

1分32秒37 / ランチア・LC2
詳細
  ハンス=ヨアヒム・スタック
  デレック・ベル
63周 / ポルシェ・962C
  フランク・イエリンスキー
  スタンリー・ディケンズ
2 シルバーストン   シルクカットジャガー   スパイス・エンジニアリング   アレッサンドロ・ナニーニ

1分10秒81 / ランチア・LC2
詳細
  エディ・チーバー
  デレック・ワーウィック
212周 / ジャガー・XJR-6
  ゴードン・スパイス
  レイ・ベルム
3 ル・サルト   ロスマンズポルシェ   ADAエンジニアリング

3分15秒99 / ポルシェ・962C
詳細
  ハンス=ヨアヒム・スタック
  デレック・ベル
  アル・ホルバート
367周 / ポルシェ・962C
  イアン・ハロワー
  エヴァン・クレメンツ
  トム・ドッド=ノーブル
4 ノリスリンク   ヨースト・レーシング   ゲプハルト・レーシング   ハンス=ヨアヒム・スタック

46秒54 / ポルシェ・962C
詳細
  クラウス・ルドヴィック
79周 / ポルシェ・962C
  スタンリー・ディケンズ
5 ブランズ・ハッチ   リチャード・ロイド・レーシング   エキュリー・エコッセ   ハンス=ヨアヒム・スタック

1分16秒27 / ポルシェ・956B
詳細
  ボブ・ウォレク
  マウロ・バルディ
236周 / ポルシェ・956GTi
  レイ・マロック
  デヴィッド・レスリー
6 ヘレス   ブルン・モータースポーツ   スパイス・エンジニアリング   フランク・イエリンスキー

1分33秒48 / ポルシェ・962C
詳細
  オスカー・ララウリ
  ヘスス・パレハ
86周 / ポルシェ・962C
  ゴードン・スパイス
  レイ・ベルム
7 ニュルブルクリンク   コウロス・レーシングチーム   エキュリー・エコッセ   ティエリー・ブーツェン

1分27秒27 / ポルシェ・962C
詳細
  マイク・サックウェル
  アンリ・ペスカロロ
120周 / ザウバー・C8/メルセデス
  レイ・マロック
  マルク・デュエツ
8 スパ・フランコルシャン   ブルン・モータースポーツ   エキュリー・エコッセ   ティエリー・ブーツェン

2分06秒87 / ポルシェ・962C
詳細
  ティエリー・ブーツェン
  フランク・イエリンスキー
145周 / ポルシェ・962C
  レイ・マロック
  マルク・デュエツ
9 富士   ヨースト・レーシング   エキュリー・エコッセ   オスカー・ララウリ

1分16秒519 / ポルシェ・962C
詳細
  パオロ・バリッラ
  ピエルカルロ・ギンザーニ
226周 / ポルシェ・956
  レイ・マロック
  マルク・デュエツ

ランキング編集

  • 1位から10位まで20-15-12-10-8-6-4-3-2-1のポイントが与えられる。
  • その車両の全走行距離の1/3以上走行しないと、ドライバーズ・ポイントは与えられない。
  • 同一エントラントの場合、最も高い順位の車両にのみチーム・ポイントが与えられる。
  • トップ周回数の70%を超えなければ、完走扱いとならない。
  • この年は第2、3、7、8、9戦の全5戦にのみチーム選手権が懸った。

チームズランキング編集

順位 チーム シャシー エンジン Rd 2 Rd 3 Rd 7 Rd 8 Rd 9 ポイント
1   ブルン・モータースポーツ ポルシェ・956B
ポルシェ・962C
ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 2


15

20
15

52
2   ヨースト・レーシング ポルシェ・956B ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 6 12 10 15 48
3=   TWR シルクカットジャガー ジャガー XJR-6 ジャガー 6.5L V12 20 15 12 47
3=   ロスマンズポルシェ ポルシェ・962C ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6
ポルシェ 3.0L Turbo Flat-6
15

20


12
47
5   ジョン・フィッツパトリック・レーシング ポルシェ・956B
ポルシェ・962C
ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 8
10
12
30
6   コウロス・レーシングチーム ザウバー・C8 メルセデス M117 5.0L Turbo V8 3 20 6 29
7   リチャード・ロイド・レーシング ポルシェ・956B GTi ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 10 2 15 1 28
8   ポルシェ クレマー・レーシング ポルシェ・956B
ポルシェ・962C
ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6
ポルシェ 2.8L Turbo Flat-6

12

10
22
9   オベルマイヤー・レーシング ポルシェ・956B ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 8 10 18
10   エキュリー・エコッセ エコッセ・C285
エコッセ・C286
フォード コスワース・DFL 3.3L V8
ローバー V64V 3.0L V6

8
8
11=   エルンスト・シュスターポルシェ ポルシェ・936C ポルシェ 2.8L Turbo Flat-6 6 6
11=   ゲプハルト・モータースポーツ ゲプハルト・JC853 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 6 6
11=   トラスト・レーシングチーム ポルシェ・956B ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 6 6
11=   ADAエンジニアリング ゲプハルト JC843 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 3 3 6
15=   ポルシェ AG ポルシェ・961 ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 4 4
15=   スパイス・エンジニアリング スパイス・SE86C フォード コスワース・DFL 3.3L V8 4 4
17   アドバン・スポーツ・ノバ ポルシェ・962C ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 3 3
18=   イェンス・ウィンター URD C83 BMW 3.5L I6 2 2
18=   トヨタトムス トムス 86C トヨタ 4T-GT 2.1L Turbo I4 2 2
20=   ホシノレーシング マーチ・86S 日産 VG30ET 3.0L V6 1 1
20=   コスミック・レーシング マーチ・84G ポルシェ 2.6L Turbo Flat-6 1 1

C2・チームズランキング編集

順位 チーム シャシー エンジン Rd 2 Rd 3 Rd 7 Rd 8 Rd 9 ポイント
1   エキュリー・エコッセ エコッセ・C285
エコッセ・C286
フォード コスワース・DFL 3.3L V8
ローバー V64V 3.0L V6
10


20

20

20
70
2   スパイス・エンジニアリング スパイス・SE86C フォード コスワース・DFL 3.3L V8 20 6 12 15 15 68
3   ADAエンジニアリング ゲプハルト・JC843 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 12 20 10 12 10 64
4   イェンス・ウィンター URD C83 BMW 3.5L I6 10 15 8 10 43
5=   ケルマー・レーシング ティガ・GC85 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 15 15
5=   ゲプハルト・モータースポーツ ゲプハルト・JC853 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 15 15
7   ルシアン・ロシオ ロンドー・M379C フォード コスワース・DFV 3.0L V8 8 6 14
8   オトモビル・ルイ・デカルト ALD 02 BMW 3.5L I6 8 3 2 13
9   ロイ・ベーカー・レーシング ティガ・GC285
ティガ・GC286
フォード コスワース BDT 1.7L Turbo I4
4

3

6
13
10=   WM セカテヴァ WM P85 プジョー ZNS4 3.0L Turbo V6 12 12
10=   マーティン・シャンシェ・レーシング アルゴ・JM19 ザクスピード 1.8L Turbo I4 12 12
12=   静マツレーシング マツダ・737C マツダ 13B 1.3L 2-Rotor 8 8
12=   ジョン・バートレット・レーシング バードン・DB1 フォード コスワース・DFL 3.3L V8 8 8
14=   シンプソン・エンジニアリング シンプソン・C286 フォード コスワース・DFV 3.0L V8 6 6
14=   ローランド・バサラー ザウバー・SHS C6 BMW 3.5L I6 6 6
16   チェンバレン・エンジニアリング ティガ・TS85 ハート 1.8L Turbo I4 4 4

参照編集

外部リンク編集