メインメニューを開く
1986年のル・マン24時間レース
前年: 1985 翌年: 1987
1986年のコース

1986年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1986 )は、54回目のル・マン24時間レースであり、1986年5月31日[1][2][3]から6月1日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

目次

概要編集

日程はフォーミュラ1に参戦するドライバーも参加できるように決められたため、例年より少し早い時期の開催になった[2]

ミュルサンヌコーナーの角度が緩く改修され、若干コース距離が短くなったが、ラップタイムへの影響はほとんどなかった[1]1985年のル・マン24時間レースに関し燃費規制が厳しくワークスポルシェがペースを上げられなかったことがレースへの興味を削いだという批判に応え、1984年のル・マン24時間レースと同様2550リットル使用できることになった[1]

ポルシェが強すぎるせいもあってか観客数は減少傾向にあったが、1982年にFIA 世界耐久選手権富士スピードウェイで開催されポルシェ・956が走って以来、日本におけるル・マン24時間レースの人気は高まりを見せ、日本メーカーは力を入れて来た[1]。ワークス3チームが出場するとあって日本からの報道陣も多く、200人を優に超えた[2]

参戦メーカーだけでなく、ポルシェのトップチームであるヨースト・レーシングのスポンサーがタカキュー[1]、クレマーのスポンサーがケンウッド[1]とスポンサーも増え、現地には日本チームと日本人がこれまでになく多く姿を見せ、地元の新聞では「ジャポンアタック」(Le Japon Ataque )と報じられた[1][2][3]ものの、まだ勝利は競えず完走の可否が問われる次元であった[3]

ランチアはこの年姿を見せなかった[1]

C1編集

ポルシェはエースであったジャッキー・イクスが前年限りで引退したためチーム編成が大きく変わった[3]。935/82型を2.86リットル[3]に拡大、さらにこのレースには間に合わなかったものの全水冷の935/83型を開発していた[3]。またテスト的にデュアルクラッチトランスミッションポルシェ・ドッペルクップルングを搭載したポルシェ・962PDKを出走させた。高橋国光がクレマーポルシェのメンバーとして初参加した[1]

ジャガーTWR体制になり、5,993cc[4]V型12気筒[4]エンジンを搭載した新型のジャガー・XJR-6[5]を投入するなど大幅な戦力向上を図って来た[1]。エンジンが大きくホイールベースも伸びるため車両重量は900kgを超えたが、カーボンケブラーを使用したシャシはまとまりが良かった[1]。スポンサーはシルクカットになり外観も一新した[3]

ザウバーメルセデス・ベンツはこの年ザウバー・C82台がエントリーしたが、まだスポーツカーレースで雨の中1勝しただけで信頼性がなく、本格的な参戦ではなく数年先を見据えての参戦となった[1]

初出場[2]の日産自動車は当初からワークス体制のニスモで参戦[1]シャシ製作とメンテナンスはマーチ[1][2]が行ない、エレクトラモーティブ[注釈 1]がチューン[1]するなど国際的な体制[1]を取った。V型6気筒ターボエンジンのパワーはポルシェを上回るという触れ込みで、ポルシェのライバルになるという印象を与えた[1]。ポルシェは「われわれは日産の挑戦を歓迎する」との談話を発表し、偶然ピットがポルシェの隣になった[2]

GTX編集

ポルシェが四輪駆動で話題になったポルシェ・959のレース仕様車ポルシェ・961を出走させた[1]

GTP編集

マツダは従来使用していた2ローター13B型を3ローターの13G型とし[1]マツダ・757で完走を目指すチームから上位入賞を狙うチームへの脱皮を図った[1]

予選編集

ジャガーは決勝に向けてのマシン調整を優先させた[1]が、それでも予選5位、7位、14位を占めて注目された[2]

ポルシェが最前列を確保したが、タイムは前年を下回った[1]。ポルシェ・962PDKはトラブルでタイムが伸びず予選8位[1]ポルシェ・961も1,000kgを超える重量で振るわなかった[1]。ヨーストは3分17秒11で3位となり、再びワークスポルシェを打ち負かそうと士気が高かった[1]

ニッサンは内紛が多く、タイムアタックどころではなかった[2]

トヨタは日産より深刻で、満足に走れなかった[2]

マツダも直線で350km/hを予定していたのに311km/hしか出ないなど順調ではなかったが、ル・マンを走り慣れていることもあって余裕があった[2]

決勝編集

午後4時にスタートした[1]。ヨーストは3連勝に向けてペースを上げ、ポルシェワークス2台との一騎討ちとなった[1]。ペースアップに歯止めが掛からなくなり、初参戦したニッサン関係者は「24時間のスプリントなのか?」と驚いている[3]

ザウバー・メルセデス・ベンツはトランスミッションとオイルクーラーのトラブルで[1]土曜日の明るいうちに2台とも戦列から去った[3]

ジャガーは51号車と52号車が最高速度356km/h、53号車が352km/hを記録するなど仕上がりが良く、次第に上位に進出した[1]が、21時52分に5位から6位あたりを走行中の52号車がガス欠で[5]、1時47分に53号車がトランスミッション故障で[5]リタイア、残る51号車は2位[2][5]で走行中[5]にタイヤバーストで足回りにダメージを受けて[1][5]、3台とも[3][5]リタイアとなった[1][3][5]

ポルシェ陣営は12時間で3位を走行していたワークスポルシェがオイルに乗って接触しリタイア。さらに8位で走行していたクレマーポルシェがユーノディエールで350km/hで走行中[2]に大クラッシュ、乗っていたヨー・ガルトナーが即死する事故があった[1][2]。このためペースカーが入ったがスピードが7分/周[2]とかなりゆっくりで2時間半も続き[2]、ヨーストのエンジンがオーバーヒートを起こしヘッドガスケットを吹き抜けさせてしまい首位のままリタイヤ、ワークスの勝利が決まった[1]

結果編集

デレック・ベル/ハンス=ヨアヒム・スタック/アル・ホルバート[3]ポルシェ・962C、1号車が24時間で4972.731km[5]を平均速度207.197km/h[5]で走って「予定通り」優勝はしたものの、2号車と3号車がリタイアした[3]。ポルシェ勢全体でもトップ10台のうち9台を占める完勝だった[5]ものの、956と962合わせて出走14台のうち7台がリタイアとなった[3]

日本車の完走はニッサンの16位が唯一であった[1][3]が、この完走は日本国内で大きな反響を呼び、1987年のル・マン24時間レースに対するステップになった[2]

マツダはインプットシャフトが折れるトラブルに見舞われ、1981年以来の全滅を喫した[2]

順位 クラス ナンバー チーム ドライバー シャシ タイヤ ラップ数
エンジン
1 C1 1[3]   ロスマンズポルシェ   デレック・ベル[3]
  ハンス=ヨアヒム・スタック[3]
  アル・ホルバート[3]
ポルシェ・962C[3] D 368
ポルシェ・935/82型2.86リットル[3]水平対向6気筒ターボ
2 C1 17   ブルン・モータースポーツ   オスカー・ララウリ[3]
  ヘスス・パレハ[3]
  ジョエル・グイヤー[3]
ポルシェ・962C[3] M 360
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
3 C1 8[3]   ヨースト・レーシング   ジョージ・フォルマー[3]
  ジョン・モートン[3]
  ケンパー・ミラー[3]
ポルシェ・956[3] G 355
ポルシェ・935型3.0リットル[注釈 2]水平対向6気筒ターボ
4 C1 33   ダノンポルシェエスパーニャ
  ジョン・フィッツパトリック・レーシング
  エミリオ・デ・ヴィロタ[3]
  フェルミン・ペレツ[3]
  ジョージ・フーシェ[3]
ポルシェ・956[3]B G 349
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
5 C1 9[3]   オーバーマイヤー・レーシング   ユルゲン・ラシック[3]
  フルヴィオ・バラビオ[3]
  ダドリー・ウッド[3]
ポルシェ・956[3] G 345
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
6 C1 63[3]   エルンスト・シュスター   ジークフリート・ブルン[3]
  エルンスト・シュスター[3]
  ルディ・ゼーア[3]
ポルシェ・936C[3] D 344
ポルシェ・962型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
7 GTX 180[3]   ポルシェ   ルネ・メッジ[3]
  クロード・バローレナ[3]
ポルシェ・961[3] D 321
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
8 C2 75   ADAエンジニアリング   イアン・ハローワー[3]
  エヴァン・クレメンツ[3]
  トム・ドットノーブル[3]
ゲプハルト・JC843[3] A 318
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
9 C1 14[3]   リキモリ・エキップ   マウロ・バルディ[3]
  プライス・コブ[3]
  ロブ・ダイソン[3]
ポルシェ・956[3]GTi G 318
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
10 C1 55[3]   ジョン・フィッツパトリック・レーシング   フィリップ・アリオー[3]
  パコ・ロメロ[3]
  ミシェル・トローレ[3]
ポルシェ・956[3] G 312
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
11 C2 90[3]   ジェンス・ヴィンター   ジェンス・ヴィンター[3]
  デヴィッド・マーサー[3]
  ラーズ・ヴィゴ・ジェンセン[3]
URD[3]・C83 A 310
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
12 C2 100   WMセカテバ   クロード・ハルディ[3]
  ロジャー・ドルシー[3]
  パスカル・ペジオ[3]
WM・P85[3] M 301
プジョーPRV型2.7リットルV型6気筒ターボ
13 C1 47   グラフ・レーシング   ジャン=フィリップ・グラン[3]
  ジャック・グートシャウ[3]
  マルク・メナン[3]
ロンドー・M482[3] ? 299
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
14 GTP 21[3]   リシャール・クレアー・レーシング   リシャール・クレアー[3]
  リオネル・ロベール[3]
  ジャック・ニューサム[3]
マーチ・85G[3] G 299
ポルシェ・962型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
15 C2 78[3]   エキュリー・エコッセ   レス・デラーノ[3]
  ジョン・ホッチキス[3]
  アンディ・ペタリー[3]
エコッセ・C285[3] A 293
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
16 C1 32[3]   ニスモ   ジェームズ・ウィーバー[3]
  長谷見昌弘[3]
  和田孝夫[3]
ニッサン・R85V[3] D 285
日産自動車・VG30ET型3.0リットルV型6気筒ターボ
17 C2 102[3]   ルシエン・ロシャウ   ノエル・デル・ベロ[3]
  ルシエン・ロシャウ[3]
  ブルーノ・ソッティ[3]
ロンドー・M379C[3] A 278
フォードコスワースDFV型3.0リットルV型8気筒
18 C1 13   プリマガス・チーム・クーガー   イブ・クラージュ[3]
  アラン・ドゥ・カデネ[3]
  ピエール=アンリ・ラファネル[3]
クーガー・C12[3] M 267
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
19 C2 70   スパイス・エンジニアリング   ゴードン・スパイス[3]
  レイ・ベルム[3]
  ジャン=ミシェル・マルタン[3]
スパイス・ポンティアック[3]SE86C A 257
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
20
NC
C1 38   童夢   エイエ・エリジュ
  ベッペ・ガビアーニ
  鈴木利男
童夢・86C-L D 296
トヨタ・4T-GT型2.1リットル直列4気筒ターボ
21
NC
B 111   MKモータースポーツ   ミハエル・クランケンベルク
  パスカル・ウィトモア
  ジャン=ポール・リベール
BMW・M1 D 265
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
22
NC
C2 72   バートレット/グッドマンズ サウンド   ロビン・ドノヴァン
  リチャード・ジョーンズ
  ニック・アダムス
バードン・DB1 ? 211
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
23
NC
C2 95   ローランド・バサラー   ローランド・バサラー
  ドミニク・ラコー
  Yvon Tapy
ザウバー・SHS C6 A 20`
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
24
DNF
C1 51   シルクカットジャガー
  トム・ウォーキンショー・レーシング
  デレック・ワーウィック
  エディ・チーバー
  ジャン=ルイ・シュレッサー
ジャガー・XJR-6 D 239
ジャガー・5,993cc[4]V型12気筒[4]
25
DNF
C1 7   ヨースト・レーシング   クラウス・ルドヴィック
  パオロ・バリッラ
  "ジョン・ヴィンター"
ポルシェ・956B G 196
ポルシェ・935型3.0リットル[注釈 3]水平対向6気筒ターボ
26
DSQ
C2 79   エキュリー・エコッセ   デヴィッド・レスリー
  レイ・マロック
  マイク・ワイルズ
エコッセ・C286 A 181
オースチン・ローバー・V64V型3.0リットルV型6気筒
27
DNF
C1 2   ロスマンズポルシェ   ヨッヘン・マス
  ボブ・ウォレック
  ヴァーン・シュパン
ポルシェ・962C D 180
ポルシェ・935/82型2.86リットル[3]水平対向6気筒ターボ
28
DNF
C1 10   ポルシェ・クレマー・レーシング   ヨー・ガルトナー
  サレル・ヴァン・デ・マーウェ
  高橋国光
ポルシェ・962C Y 169
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
29
DSQ
C1 66   コスミック・レーシング・プロモーションズ   コスタス・ロス
  Raymond Touroul
  ニール・クラング
マーチ・84G A 169
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
30
DNF
C1 12   ポルシェクレマーレーシング   ピエール・イベール
  Hubert Striebig
  マックス・コーエンオリバー
ポルシェ・956 Y 160
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
31
DNF
C1 53   シルクカット・ジャガー
  トム・ウォーキンショー・レーシング
  ジャンフランコ・ブランカテリ
  ウィン・パーシー
  ハーレイ・ヘイウッド
ジャガー・XJR-6 D 154
ジャガー・5,993cc[4]V型12気筒[4]
32
DNF
GTP 170   マツダスピード   ピエール・デュドネ
  デイブ・ケネディ
  マーク・ギャルヴァン
マツダ・757 D 137
マツダ13G型1,962cc3ローター
33
DNF
C1 41   WMセカテバ   ジャン=ダニエル・ローレ
  ミシェル・ピニャール
  フランソワ・ミゴール
WM・P86 M 132
プジョーPRV型2.6リットルV型6気筒ターボ
34
DNF
C2 99   ロイ・ベイカー・レーシング Tiga   ニック・ニコルソン
  ジョン・シェルドン
  Thorkild Thyrring
Tiga・GC286 A 125
フォードコスワース・BDT型1.7リットル直列4気筒ターボ
35
DNF
C1 45   Vetir Racing   Patrick Oudet
  ジャン=クロード・ジャスティス
ロンドー・M382 D 110
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
36
DNF
C1 36   トムス   中嶋悟
  ジェフ・リース
  関谷正徳
トムス童夢)・86C-L B 105
トヨタ・4T-GT型2.1リットル直列4気筒ターボ
37
DNF
C2 97   ロイ・ベイカー・レーシング Tiga   トム・フランク
  ヴァレンティーノ・ムセッティ
  マイク・アリソン
Tiga・GC285 A 95
フォードコスワース・BDT型1.7リットル直列4気筒ターボ
38
DNF
C1 19   ブルン・モータースポーツ   ティエリー・ブーツェン
  Didier Theys
  アラン・フェルテ
ポルシェ・956 M 89
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
39
DNF
C1 62   クーロス・レーシングチーム   アンリ・ペスカロロ
  クリスチャン・ダナー
  ディーター・クエスター
ザウバー・C8 G 86
メルセデス・ベンツ・M117型5.0リットルV型8気筒ターボ
40
DNF
C1 18   ブルン・モータースポーツ   ワルター・ブルン
  マッシモ・シガーラ
  フランク・イエリンスキー
ポルシェ・962C M 75
ポルシェ・935型2,649cc水平対向6気筒ターボ
41
DNF
C2 83   Luigi Taverna Technoracing   Luigi Taverna
  トニー・パルマ
  マルコ・ヴァノリ
アルバ・AR3 A 74
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
42
DNF
C2 74   ゲプハルト・モータースポーツ   スタンレー・ディケンズ
  ピエール・デ・トイジー
  ジャン=フランソワ・イヴォン
ゲプハルト・JC853 A 68
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
43
DNF
C1 23   ニスモ   星野一義
  松本恵二
  鈴木亜久里
ニッサン・R86V B 64
日産自動車・VG30ET型3.0リットルV型6気筒ターボ
44
DNF
C1 61   クーロス・レーシングチーム   ジョン・ニールセン
  マイク・サックウェル
ザウバー・C8 G 61
メルセデス・ベンツ・M117型5.0リットルV型8気筒ターボ
45
DNF
GTP 171   マツダスピード   寺田陽次郎
  従野孝司
  片山義美
マツダ・757 D 59
マツダ13G型1,962cc3ローター
46
DNF
C1 52   シルクカット・ジャガー
  トム・ウォーキンショー・レーシング
  ブライアン・レッドマン
  ハンス・ハイヤー
  ハーレイ・ヘイウッド
ジャガー・XJR-6 D 53
ジャガー・5,993cc[4]V型12気筒[4]
47
DNF
C1 3   ロスマンズポルシェ   ヴァーン・シュパン
  ドレイク・オルソン
ポルシェ・962C D 41
ポルシェ・935/82型2.86リットル[3]水平対向6気筒ターボ
48
DNF
C2 92   オトモビル・ルイ・デカルト   ルイ・デカルト
  ジャック・ユクラン
ALD・02 A 41
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
49
DNF
C2 89   ラッキーストライク・Schanche・レーシング   マーティン・ビレーン
  Torgye Kleppe
  Martin Schanche
Argo・JM19 G 1
ザクスピード・1.8リットル直列4気筒ターボ
50
DNF
C2 98   ロイ・ベイカー・レーシング Tiga   デイビッド・アンドリュース
  マイク・ホール
  ダンカン・ベイン
Tiga・GC286 A 1
フォードコスワース・BDT型1.7リットル直列4気筒ターボ
DNQ C1 20   Tiga Team   ティム・リー・デイビー
  ニール・クラング
  ジョン・ギンベル
Tiga・GC86 D -
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒ターボ
DNQ C2 106   ボー・ストランデル   Kenneth Leim
  ラルス・ヘルベルク
  ペーター・フリッチュ
ストランデル・85 ? -
ポルシェ・934型3.3リットル水平対向6気筒ターボ

注釈編集

  1. ^ 後のNPTI。
  2. ^ ヨーストは前年すでに3.0リットルになっている。
  3. ^ ヨーストは前年すでに3.0リットルになっている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.93-132。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da 『Gr.Cとル・マン』pp.64-65。
  4. ^ a b c d e f g h 『ル・マンの英国車』p.144。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 『ル・マンの英国車』p.137「1986」。

参考文献編集