メインメニューを開く

2004年イギリスグランプリ (Foster's British Grand Prix) は、2004年F1世界選手権の第11戦として、2004年7月11日にシルバーストン・サーキットで開催された。

イギリスの旗 2004年イギリスグランプリ
レース詳細
2004年F1世界選手権全18戦の第11戦
The Silverstone Circuit modified in 2000
The Silverstone Circuit modified in 2000
日程 2004年シーズン
決勝開催日 7月11日
正式名称 Foster's British Grand Prix[1]
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリスバッキンガムシャーおよびノーザンプトンシャー
コース Permanent Road Facility
コース長 5.141
レース距離 308.355
決勝日天候 Dry
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-メルセデス
タイム 1:18.233
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
タイム 1:18.739 (14周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マクラーレン-メルセデス
3位 フェラーリ

目次

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター タイム[2]
1 6   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:18.233
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:18.305 +0.072
3 9   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 1:18.580 +0.347
4 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:18.710 +0.477
5 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 1:18.715 +0.482
6 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 1:18.811 +0.578
7 5   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:19.148 +0.915
8 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 1:19.378 +1.145
9 10   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 1:19.688 +1.455
10 14   マーク・ウェバー ジャガー-コスワース 1:20.004 +1.771
11 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 1:20.202 +1.969
12 17   オリビエ・パニス トヨタ 1:20.335 +2.102
13 4   マルク・ジェネ ウィリアムズ-BMW 1:20.335 +2.102
14 16   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 1:20.545 +2.312
15 15   クリスチャン・クリエン ジャガー-コスワース 1:21.559 +3.326
16 19   ジョルジオ・パンターノ ジョーダン-フォード 1:22.458 +4.225
17 18   ニック・ハイドフェルド ジョーダン-フォード 1:22.677 +4.444
18 20   ジャンマリア・ブルーニ ミナルディ-コスワース 1:23.437 +5.204
19 21   ゾルト・バウムガルトナー ミナルディ-コスワース 1:24.117 +5.884
20 11   ジャンカルロ・フィジケラ ザウバー-ペトロナス no time no time

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 60 1:24:42.700 4 10
2 6   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 60 +2.130 1 8
3 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 60 +3.114 2 6
4 9   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 60 +10.683 3 5
5 3   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 60 +12.173 7 4
6 11   ジャンカルロ・フィジケラ ザウバー-ペトロナス 60 +12.888 20 3
7 5   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 60 +19.668 6 2
8 14   マーク・ウェバー ジャガー-コスワース 60 +23.701 9 1
9 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 60 +24.023 10  
10 8   フェルナンド・アロンソ ルノー 60 +24.835 16  
11 10   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 60 +33.736 8  
12 4   マルク・ジェネ ウィリアムズ-BMW 60 +34.303 11  
13 16   クリスチアーノ・ダ・マッタ トヨタ 59 +1 Lap 12  
14 15   クリスチャン・クリエン ジャガー-コスワース 59 +1 Lap 13  
15 18   ニック・ハイドフェルド ジョーダン-フォード 59 +1 Lap 15  
16 20   ジャンマリア・ブルーニ ミナルディ-コスワース 56 +4 Laps 18  
リタイア 19   ジョルジオ・パンターノ ジョーダン-フォード 47 スピン 14  
リタイア 7   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 39 サスペンション/アクシデント 5  
リタイア 21   ゾルト・バウムガルトナー ミナルディ-コスワース 29 エンジン 19  
リタイア 17   オリビエ・パニス トヨタ 16 消火器 17  

編集

  • ラップリーダーキミ・ライコネン 11 (1-11), ミハエル・シューマッハ 49 (12-60)
  • このレースはマルク・ジェネにとって最後のレースとなった。彼に代わってドイツGPからイタリアGPまでアントニオ・ピッツォニアが出場した。
  • マクラーレンにとって今シーズン初の表彰台となった。
  • ヤルノ・トゥルーリにとって劇的なレースの終わりとなった。彼のルノーはコントロールを失って高速ブリッジコーナーを過ぎ、タイヤが壁に衝突した。車は横転しグラベルで停止した。トゥルーリは無傷であった。彼は「たぶん少し気が狂った。」と語った。
  • ミナルディはレース直前の7月9日に死去したチームマネージャーのジョン・ウォルトンを追悼しすべてのスポンサーロゴを取り外した。しかしながら、スポンサーの同意なしでロゴを取り外したということで、タイトルスポンサーであったオランダの浴槽メーカー、ウィラックス社はチームのスポンサードから撤退した[3]

第11戦終了時点でのランキング編集

  • 太字は理論上ワールドチャンピオンの可能性あり
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集