メインメニューを開く

ゾルト・バウムガルトナー

この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いバウムガルトナー・ゾルトと表記することもあります。

ゾルト・バウムガルトナー(Zsolt Baumgartner ハンガリー語 : Baumgartner Zsolt, 1981年1月1日 - )は、ハンガリーデブレツェン出身のレーシングドライバーで、ハンガリー人初のF1ドライバーである。

ゾルト・バウムガルトナー
Baumgartner usgp 2004.jpg
基本情報
フルネーム Baumgartner Zsolt
国籍  ハンガリー
出身地 ハイドゥー・ビハール県の旗 ハイドゥー・ビハール県デブレツェン
生年月日 (1981-01-01) 1981年1月1日(38歳)
F1での経歴
活動時期 2003 - 2004
所属チーム '03 ジョーダン
'04 ミナルディ
出走回数 20
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 2004年ブラジルGP
テンプレートを表示

名前について編集

日本語表記に関しては複数あり、このほかに「ゾイト/ツォルト」,「バウムガートナー/バンガルトナー」などと表記されることもある。なお、ハンガリー人の名前は英語圏などとは異なり姓が名より先に表記されるため、本来は Baumgartner(=姓)Zsolt(=名)という表記となる。

F1参戦前編集

1994年カートからレースキャリアを開始。1997年にドイツへ渡りフォーミュラ・ルノーに参戦、1999年に同シリーズのドイツチャンピオンを獲得した。2000年からはドイツF3選手権にステップアップし、翌2001年シーズン途中にプロスト・ジュニアチーム(提携していたアポマトックスがチーム運営)から国際F3000選手権へと進出、第6戦ニュルブルクリンクから最終戦まで参戦。2002年にノルディック・レーシングに移籍し、最終戦モンツァで6位入賞を果たす。同年のF1ハンガリーGPではジョーダンのF1マシンでデモランを行うなどF1とのパイプも構築。翌2003年コローニに移籍し引き続き3シーズン目となる国際F3000に参戦、第4戦モナコで5位を獲得したのをはじめリタイア無しの安定した結果を残し続けると、F1第12戦ドイツGPからジョーダンのサードドライバーとして金曜フリー走行に出走するなど、F1への距離を徐々に縮めていった。

F1編集

突然のF1デビュー編集

そのドイツGPでジョーダンのサードドライバーとしてフリー走行に初参加した翌戦、第13戦の母国ハンガリーGPにてバウムガルトナーのF1デビューが急遽決まる。フリー走行2日目に大クラッシュを演じて負傷したレギュラードライバーのラルフ・ファーマンの代役としてだった。

母国ドライバーのF1デビューに観客も大きな声援を送ったが、予選では誤って燃費を抑えるモードでアタックしてしまい19番手、決勝でも同僚のジャンカルロ・フィジケラよりは保ったものの、エンジントラブルによりリタイアに終わった。しかし翌戦のイタリアGPでは11位に入り、F1初完走を果たした。

第15戦からファーマンが復帰しバウムガルトナーは再びサードドライバーに戻ったが、この2戦に対する評価や、ハンガリー政府からの支援もあり[1]、翌年のミナルディのシートを得ることに成功する。

ミナルディ編集

 
2004年アメリカGP。バウムガルトナーが駆るPS04B

レギュラーシートを手に入れたバウムガルトナーだったが、マシンの戦闘力の低さ故に同僚のジャンマリア・ブルーニ共々、毎回の苦戦を強いられた。

予選ではブルーニに対し7勝11敗と振るわなかったが、決勝では14位が最高位だったブルーニに対し、バウムガルトナーはモナコGPで9位、カナダGPでも10位に入るなど粘りの走りを見せていた。

第9戦アメリカGPでは、完走9台というサバイバルレースの中で粘りの走りをここでも発揮し8位入賞。自身初、そしてハンガリー人ドライバー初のポイントを獲得した。(ミナルディにとっても2002年オーストラリアGP以来の入賞であり、結果的にこのシーズンにおけるチーム唯一のポイント獲得でもあった)

その後は元々のマシンの戦闘力の低さなどもあって更なるポイント獲得はならなかったが、完走率でブルーニを上回るなど一定の結果を出していた。

F1後編集

一時は翌年の契約継続の見方もあったものの、チームは翌年のドライバーを最終的にクリスチャン・アルバースパトリック・フリーザッハーと発表。ブルーニ共々翌年のシート獲得には至らず、F1から姿を消すことになった。

その後、2007年にポール・ストッダート率いるミナルディチームUSAにテスト兼リザーブドライバーとして移籍。チャンプカーへと舞台を移した。IRL(インディカー・シリーズ)との統合によって、翌2008年4月のロングビーチでの1戦を以てチャンプカーが終了。それに伴いストッダートがチーム運営から撤退してからは、同年より始まったスーパーリーグ・フォーミュラトッテナム・ホットスパーFCチームのテストドライバーを務めた。

同カテゴリーが2012年の開催を中止してからはレース活動から離れ、母国ハンガリーの名産であるマンガリッツァの輸出業を始めたりしていた[2]

2017年からは、F1グランプリウィーク中に行われているセレブリティ向けの2シーターF1マシン同乗イベント「F1 Experiences」のドライバーを、ミナルディ時代のチームメートであるパトリック・フリーザッハーと共に務めている[3]。なお、この2シーターF1マシンはポール・ストッダートが所有している。

レース戦績編集

ドイツ・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2000年 GMモータースポーツ オペル ZOL
1

7
ZOL
2

5
HOC
1

4
HOC
2

Ret
OSC
1

22
OSC
2

8
NOR
1

9
NOR
2

4
SAC
1

SAC
2

NÜR
1

7
NÜR
2

14
LAU
1

18
LAU
2

19
OSC
1

12
OSC
2

Ret
NÜR
1

Ret
NÜR
2

Ret
HOC
1

15
HOC
2

11
13位 41
2001年 トレラ・モータースポーツ HOC
1

11
HOC
2

7
NÜR
1

9
NÜR
2

8
OSC
1

18
OSC
2

18
SAC
1

9
SAC
2

6
NOR
1

9
NOR
2

13
HOC
1

Ret
HOC
2

13
LAU
1

9
LAU
2

13
NÜR
1

Ret
NÜR
2

10
A1R
1

8
A1R
2

Ret
HOC
1

HOC
2

17位 25

(key)

国際F3000選手権編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2001年 プロスト・ジュニア INT IMO CAT A1R MON NÜR
19
MAG
Ret
SIL
18
HOC
16
HUN
Ret
SPA
13
MNZ
17
29位 0
2002年 コカコーラ・ノルディック・レーシング INT
Ret
IMO
9
CAT
Ret
A1R
11
MON
Ret
NÜR
12
SIL
14
MAG
12
HOC
8
HUN
7
SPA
8
MNZ
6
15位 1
2003年 コローニ・F3000 IMO
10
CAT
7
A1R
10
MON
5
NÜR
11
MAG
9
SIL
11
HOC
9
HUN
DNS
MNZ 14位 6

(key)

F1編集

チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 WDC ポイント
2003年 ジョーダン EJ13 AUS
MAL
BRA
SMR
ESP
AUT
MON
CAN
EUR
FRA
GBR
GER
TD
HUN
Ret
ITA
11
USA
JPN
24位 0
2004年 ミナルディ PS04B AUS
Ret
MAL
16
BHR
Ret
SMR
15
ESP
Ret
MON
9
EUR
15
CAN
10
USA
8
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
16
HUN
15
BEL
Ret
ITA
15
CHN
16
JPN
ret
BRA
16
20位 1

(key)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集