メインメニューを開く

1992年のF1世界選手権

第43回F1世界選手権
1992年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1991 翌年: 1993
一覧: 開催国 | 開催レース

1992年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第43回大会である。1992年3月1日南アフリカで開幕し、11月8日オーストラリアで開催される最終戦まで、全16戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

 
ウィリアムズ・ルノー FW14B
 
マクラーレン・ホンダ MP4/7A
 
ベネトン・フォード B192
 
フェラーリ・F92A

ウィリアムズルノーナイジェル・マンセルがシーズン16戦中9勝という圧倒的な強さを見せ、シーズン中盤の第11戦ハンガリーグランプリで早々とタイトルを決めた。これまで何度もタイトルに絡みながらチャンスを逃し、無冠の帝王と呼ばれていたマンセルにとっては悲願のタイトル獲得となった。

前年はタイトル争いであと一歩及ばなかったウィリアムズ・ルノーは、アクティブサスペンショントラクションコントロールなどハイテク装備を搭載したニューマシン・FW14Bを満を持して投入、16戦中10勝、1-2フィニッシュも6回、コンストラクターズ・ポイントは165ポイントと、2位マクラーレンホンダに対して65ポイントの大差をつけた。この強さに目を付けた、当時休養中だったアラン・プロストアイルトン・セナによるシート争奪戦が勃発する。その結果、チャンピオンを獲得したマンセルはF1からの引退を表明(アメリカのインディカー(CART)に転向、のちにスポット参戦で復帰)、リカルド・パトレーゼベネトンへ移籍を表明する。翌年はプロストと当時テストドライバーであったデイモン・ヒルの体制になる事が発表された。

マクラーレンホンダは、前年チャンピオンとは程遠い勢いで苦戦を強いられ、最終的にはシーズン16戦中5勝を挙げたものの、ベネトンと2位争いをする状態であった。そんな中、第10戦ドイツグランプリの直前にホンダが今期限りでF1から撤退することを発表した。

ベネトンフォードは「バナナノーズ」と呼ばれるB192をヨーロッパラウンドから投入。ハイテクデバイスこそ全く搭載されなかったものの、抜群の空力性能にコーナリング性能で度々マクラーレン勢を脅かし、ベルギーGPでミハエル・シューマッハがF1初優勝を飾るとともにマーティン・ブランドルとのコンビで全戦で入賞を記録した。

フェラーリはこの年も不振を極め、序盤からリタイアが相次いで3位がわずかに2回とふるわず、コンストラクターズ・ポイント3位のベネトン・フォードに大きく引き離された。

中段チームでは、ロータスがトップ4チームに次ぐランキング5位を記録。ミカ・ハッキネンジョニー・ハーバートがしばしばトップチームを脅かす健闘を見せた。他にはフットワークミケーレ・アルボレートティレルアンドレア・デ・チェザリスと言ったベテランの好走も光った。

ドライバーズポイントでは、1991年途中からデビューしたミハエル・シューマッハがフルシーズン参戦最初の年となったこの年に53ポイントで3位に入り、マクラーレンのセナやゲルハルト・ベルガーを上回った。

デイモン・ヒル、クリスチャン・フィッティパルディ片山右京といったドライバーがデビュー。またF1で5人目の女性ドライバー、ジョバンナ・アマティもデビューしたが、予選を通過することなく序盤で姿を消した。一方でマンセルの他にステファノ・モデナマウリシオ・グージェルミンヤン・ラマースといったベテランドライバーが引退。

コンストラクターではブラバム、マーチ、フォンドメタルアンドレア・モーダスクーデリア・イタリアに供給していたダラーラ(翌年からローラに変更)が撤退した。また、ベンチュリー名義で参戦したラルースも93年シーズンから本来の名称で参戦した。

タイヤはグッドイヤーのみのワンメイクとなった。一世を風靡したQタイヤ (予選専用スペシャルタイヤ) がこの年から禁止となった。

また、シーズン途中の第11戦ハンガリーグランプリからはスペシャルガソリンの使用も禁止された。当時はレース中の給油は禁止されており (1994年-2009年は再給油が認められていた) で、エンジン燃費燃料の良し悪しが重要な要素となっていた。

この年からセーフティカーレギュレーションに加わる(翌年のブラジルグランプリで制定後初めて実戦で運用された)。

日本ではバブル崩壊による景気後退もあり、一頃、F1に大量に流入していたジャパン・マネーの撤退も進んでいた。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   南アフリカグランプリ 3月1日 キャラミ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
2   メキシコグランプリ 3月22日 エルマノス・ロドリゲス   ナイジェル・マンセル   ゲルハルト・ベルガー   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
3   ブラジルグランプリ 4月5日 インテルラゴス   ナイジェル・マンセル   リカルド・パトレーゼ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
4   スペイングランプリ 5月3日 バルセロナ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
5   サンマリノグランプリ 5月17日 イモラ   ナイジェル・マンセル   リカルド・パトレーゼ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
6   モナコグランプリ 5月31日 モナコ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
7   カナダグランプリ 6月14日 モントリオール   アイルトン・セナ   ゲルハルト・ベルガー   ゲルハルト・ベルガー   マクラーレン-ホンダ 詳細
8   フランスグランプリ 7月5日 マニクール   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
9   イギリスグランプリ 7月12日 シルバーストン   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
10   ドイツグランプリ 7月26日 ホッケンハイムリンク   ナイジェル・マンセル   リカルド・パトレーゼ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
11   ハンガリーグランプリ 8月16日 ハンガロリンク   リカルド・パトレーゼ   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
12   ベルギーグランプリ 8月30日 スパ・フランコルシャン   ナイジェル・マンセル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   ベネトン-フォード 詳細
13   イタリアグランプリ 9月13日 モンツァ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   マクラーレン-ホンダ 詳細
14   ポルトガルグランプリ 9月27日 エストリル   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ   ナイジェル・マンセル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
15   日本グランプリ 10月25日 鈴鹿   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル   リカルド・パトレーゼ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
16   オーストラリアグランプリ 11月8日 アデレード   ナイジェル・マンセル   ミハエル・シューマッハ   ゲルハルト・ベルガー   マクラーレン-ホンダ 詳細

エントリーリスト編集

*はこの年にデビューしたドライバー

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 ホンダ・マールボロ・マクラーレン マクラーレン MP4/6B
MP4/7A
ホンダRA122E(V12)
ホンダRA122E/B(V12)
G 1. アイルトン・セナ
2. ゲルハルト・ベルガー
 ティレル・レーシング・オーガナイゼーション ティレル 020B イルモア2175A(V10) G 3. オリビエ・グルイヤール
4. アンドレア・デ・チェザリス
 キヤノン・ウィリアムズ・チーム ウィリアムズ FW14B ルノーRS3C,RS4(V10) G 5. ナイジェル・マンセル
6. リカルド・パトレーゼ
 モーター・レーシング・デベロップメント Ltd. ブラバム BT60B ジャッドGV(V10) G 7. エリック・ヴァン・デ・ポール
8. デイモン・ヒル*
(8.) ジョバンナ・アマティ*
 フットワーク・無限ホンダ フットワーク FA13 無限MF351H(V10) G 9. ミケーレ・アルボレート
10. 鈴木亜久里
 チーム・ロータス ロータス 102D
107
フォードHB5(V8) G 11. ミカ・ハッキネン
12. ジョニー・ハーバート
 フォンドメタル フォンドメタル GR01
GR02
フォードHB5(V8) G 14. アンドレア・キエーザ*
(14.) エリック・ヴァン・デ・ポール
15. ガブリエル・タルキーニ 
 マーチ・F1 マーチ CG911B イルモア2175A(V10) G 16. カール・ヴェンドリンガー
(16.) ヤン・ラマース
17. ポール・ベルモンド*
(17.) エマニュエル・ナスペッティ*
 キャメル・ベネトン・フォード ベネトン B191B
B192
フォードHB6,7(V8) G 19. ミハエル・シューマッハ
20. マーティン・ブランドル
 スクーデリア・イタリア SpA ダラーラ BMS192 フェラーリTipo037(V12) G 21. J.J.レート
22. ピエルルイジ・マルティニ
 ミナルディ・チーム ミナルディ M191B
M191L
M192
ランボルギーニ3512(V12) G 23. クリスチャン・フィッティパルディ*
(23.) アレッサンドロ・ザナルディ
24. ジャンニ・モルビデリ
 リジェ・ジタン・ブロンド リジェ JS37 ルノーRS3B,RS3C(V10) G 25. ティエリー・ブーツェン
26. エリック・コマス
 スクーデリア・フェラーリ SpA フェラーリ F92A
F92AT
フェラーリTipo040(V12) G 27. ジャン・アレジ
28. イヴァン・カペリ
(28.) ニコラ・ラリーニ
 セントラルパークヴェンチュリー・ラルース ヴェンチュリー LC92 ランボルギーニ3512(V12) G 29. ベルトラン・ガショー
30. 片山右京*
 サソル・ジョーダン・ヤマハ ジョーダン 192 ヤマハOX99(V12) G 32. ステファノ・モデナ
33. マウリシオ・グージェルミン
 アンドレア・モーダ・フォーミュラ アンドレア・モーダ C4B
S921
ジャッドGV(V10) G 34. ロベルト・モレノ
(34.) アレックス・カフィ
35. ペリー・マッカーシー*
(35.) エンリコ・ベルタッジア

ドライバー変更編集

  • アンドレア・モーダのNo.34とNo.35は開幕から2戦のみカフィとベルタッジアをエントリー。
  • ブラバムのNo.8は開幕から3戦のみアマティをエントリー。
  • ミナルディのNo.23は第9戦~第11戦までザナルディがフィッティパルディの代役として出走。
  • フォンドメタルのNo.15は第11戦以降ヴァン・デ・ポールに交代。
  • マーチはNo.17を第12戦以降ナスペッティに、No.16を第15戦以降ラマースに交代。
  • フェラーリのNo.28は第15戦以降ラリーニに交代。

1992年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
1   ナイジェル・マンセル 1 1 1 1 1 2 Ret 1 1 1 2 2 Ret 1 Ret Ret 108
2   リカルド・パトレーゼ 2 2 2 Ret 2 3 Ret 2 2 8 Ret 3 5 Ret 1 Ret 56
3   ミハエル・シューマッハ 4 3 3 2 Ret 4 2 Ret 4 3 Ret 1 3 7 Ret 2 53
4   アイルトン・セナ 3 Ret Ret 9 3 1 Ret Ret Ret 2 1 5 1 3 Ret Ret 50
5   ゲルハルト・ベルガー 5 4 Ret 4 Ret Ret 1 Ret 5 Ret 3 Ret 4 2 2 1 49
6   マーティン・ブランドル Ret Ret Ret Ret 4 5 Ret 3 3 4 5 4 2 4 3 3 38
7   ジャン・アレジ Ret Ret 4 3 Ret Ret 3 Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret 5 4 18
8   ミカ・ハッキネン 9 6 10 Ret DNQ Ret Ret 4 6 Ret 4 6 Ret 5 Ret 7 11
9   アンドレア・デ・チェザリス Ret 5 Ret Ret 14 Ret 5 Ret Ret Ret 8 8 6 9 4 Ret 8
10   ミケーレ・アルボレート 10 13 6 5 5 7 7 7 7 9 7 Ret 7 6 15 Ret 6
11   エリック・コマス 7 9 Ret Ret 9 10 6 5 8 6 Ret DNQ Ret Ret Ret Ret 4
12   カール・ベンドリンガー Ret Ret Ret 8 12 Ret 4 Ret Ret 16 Ret 11 10 Ret 3
13   イヴァン・カペリ Ret Ret 5 10 Ret Ret Ret Ret 9 Ret 6 Ret Ret Ret 3
14   ティエリー・ブーツェン Ret 10 Ret Ret Ret 12 10 Ret 10 7 Ret Ret Ret 8 Ret 5 2
15   ジョニー・ハーバート 6 7 Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret Ret 13 Ret Ret Ret 13 2
16   ピエルルイジ・マルティニ Ret Ret Ret 6 6 Ret 8 10 15 11 Ret Ret 8 Ret 10 Ret 2
17   ステファノ・モデナ DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret DNQ Ret 15 DNQ 13 7 6 1
18   クリスチャン・フィッティパルディ Ret Ret Ret 11 Ret 8 13 DNQ DNQ DNQ 12 6 9 1
19   ベルトラン・ガショー Ret 11 Ret Ret Ret 6 DSQ Ret Ret 14 Ret 18 Ret Ret Ret Ret 1
20   鈴木亜久里 8 DNQ Ret 7 10 11 DNQ Ret 12 Ret Ret 9 Ret 10 8 8 0
21   J.J.レート Ret 8 8 Ret 11 9 9 9 13 10 DNQ 7 11 Ret 9 Ret 0
22   ジャンニ・モルビデリ Ret Ret 7 Ret Ret Ret 11 8 17 12 DNQ 16 Ret 14 14 10 0
23   マウリシオ・グージェルミン 11 Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret 15 10 14 Ret Ret Ret Ret 0
24   オリビエ・グルイヤール Ret Ret Ret Ret 8 Ret 12 11 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 0
25   片山右京 12 12 9 DNQ Ret DNPQ Ret Ret Ret Ret Ret 17 9 Ret 11 Ret 0
26   ポール・ベルモンド DNQ DNQ DNQ 12 13 DNQ 14 DNQ DNQ 13 9 0
27   エリック・ヴァン・デ・ポール 13 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ WD DNQ Ret 10 Ret 0
28   エマニュエル・ナスペッティ 12 Ret 11 13 Ret 0
29   ニコラ・ラリーニ 12 11 0
30   デイモン・ヒル DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 16 DNQ 11 0
31   ヤン・ラマース Ret 12 0
32   ガブリエル・タルキーニ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 Ret Ret Ret Ret 0
NC   アンドレア・キエーザ DNQ Ret DNQ Ret DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ 0
NC   ロベルト・モレノ DNPQ DNPQ Ret DNPQ DNPQ DNPQ DNQ DNQ 0
NC   アレッサンドロ・ザナルディ DNQ Ret DNQ 0
NC   ペリー・マッカーシー DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ EX DNPQ DNQ 0
NC   ジョバンナ・アマティ DNQ DNQ DNQ 0
順位 ドライバー RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

*各レースの完走者上位から10-6-4-3-2-1という形で、上位6人にポイントが与えられる。同ポイントの場合はデッドヒート制により順位が決まる。

1992年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター No. RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
得点
1   ウィリアムズ-ルノー 5 1 1 1 1 1 2 Ret 1 1 1 2 2 Ret 1 Ret Ret 164
6 2 2 2 Ret 2 3 Ret 2 2 8 Ret 3 5 Ret 1 Ret
2   マクラーレン-ホンダ 1 3 Ret Ret 9 3 1 Ret Ret Ret 2 1 5 1 3 Ret Ret 99
2 5 4 Ret 4 Ret Ret 1 Ret 5 Ret 3 Ret 4 2 2 1
3   ベネトン-フォード 19 4 3 3 2 Ret 4 2 Ret 4 3 Ret 1 3 7 Ret 2 91
20 Ret Ret Ret Ret 4 5 Ret 3 3 4 5 4 2 4 3 3
4   フェラーリ 27 Ret Ret 4 3 Ret Ret 3 Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret 5 4 21
28 Ret Ret 5 10 Ret Ret Ret Ret 9 Ret 6 Ret Ret Ret 12 11
5   ロータス-フォード 11 9 6 10 Ret DNQ Ret Ret 4 6 Ret 4 6 Ret 5 Ret 7 13
12 6 7 Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret Ret 13 Ret Ret Ret 13
6   ティレル-イルモア 3 Ret Ret Ret Ret 8 Ret 12 11 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8
4 Ret 5 Ret Ret 14 Ret 5 Ret Ret Ret 8 8 6 9 4 Ret
7   フットワーク-無限ホンダ 9 10 13 6 5 5 7 7 7 7 9 7 Ret 7 6 15 Ret 6
10 8 DNQ Ret 7 10 11 DNQ Ret 12 Ret Ret 9 Ret 10 8 8
8   リジェ-ルノー 25 Ret 10 Ret Ret Ret 12 10 Ret 10 7 Ret Ret Ret 8 Ret 5 6
26 7 9 Ret Ret 9 10 6 5 8 6 Ret DNQ Ret Ret Ret Ret
9   マーチ-イルモア 16 Ret Ret Ret 8 12 Ret 4 Ret Ret 16 Ret 11 10 Ret Ret 12 3
17 DNQ DNQ DNQ 12 13 DNQ 14 DNQ DNQ 13 9 12 Ret 11 13 Ret
10   ダラーラ-フェラーリ 21 Ret 8 8 Ret 11 9 9 9 13 10 DNQ 7 11 Ret 9 Ret 2
22 Ret Ret Ret 6 6 Ret 8 10 15 11 Ret Ret 8 Ret 10 Ret
11   ジョーダン-ヤマハ 32 DNQ Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret DNQ Ret 15 DNQ 13 7 6 1
33 11 Ret Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret 15 10 14 Ret Ret Ret Ret
12   ミナルディ-ランボルギーニ 23 Ret Ret Ret 11 Ret 8 13 DNQ DNQ Ret DNQ DNQ DNQ 12 6 9 1
24 Ret Ret 7 Ret Ret Ret 11 8 17 12 DNQ 16 Ret 14 14 10
13   ラルース-ランボルギーニ 29 Ret 11 Ret Ret Ret 6 DSQ Ret Ret 14 Ret 18 Ret Ret Ret Ret 1
30 12 12 9 DNQ Ret DNPQ Ret Ret Ret Ret Ret 17 9 Ret 11 Ret
14   フォンドメタル-フォード 14 DNQ Ret DNQ Ret DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret 10 Ret 0
15 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 Ret Ret Ret Ret
15   ブラバム-ジャッド 7 13 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ WD DNQ 0
8 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 16 DNQ 11
NC   アンドレア・モーダ-ジャッド 34 DNPQ DNPQ Ret DNPQ DNPQ DNPQ DNQ DNQ
35 DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ EX DNPQ DNQ
順位 コンストラクター No. RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
得点

*同ポイントの場合はデッドヒート制により順位が決まる。

外部リンク編集