メインメニューを開く

2011年のアラゴングランプリ

概要編集

125ccクラス編集

125ccクラス予選では、エクトル・ファウベルがクラス復帰後初となるポールポジションを獲得した。2番手には僅差でマーベリック・ビニャーレスが、3番手にはポイントリーダーのニコラス・テロルが続いた。ポイントランキング2位のヨハン・ザルコは2列目4番グリッドからのスタートとなった[1]

日曜日の決勝レースでは、ホールショットを奪ったテロルが独走で3連勝・シーズン8勝目を挙げた。2位争いはファウベルとザルコが接戦を繰り広げていたが、ファイナルラップにファウベルが転倒。その結果3位にはビニャーレスが入り、4戦を残して早くもルーキー・オブ・ザ・イヤーの座を確定させた[2]

年間チャンピオン争いでは、テロルとザルコの差は36ポイントに広がった[3]

Moto2クラス編集

Moto2クラス予選では今回、2012年型シャシーを先行投入したポイントランキング2位のマルク・マルケスがシーズン6度目のポールポジションを獲得した。以下フロントロウにはフリアン・シモンスコット・レディングが続き、ポイントリーダーのステファン・ブラドルは4番手からのスタートになった[4]

決勝レースでは、序盤はマルケス、アンドレア・イアンノーネシモーネ・コルシらがトップ争いを展開。終盤にかけてはマルケスが独走態勢を築き、3連勝・シーズン7勝目を挙げた。この勝利でマルケスもMoto2クラスのルーキー・オブ・ザ・イヤーが確定することになった[5]。ブラドルも序盤はトップ争いに加わっていたが、リヤタイヤにトラブルを抱えて最後は8位にまで沈んだ[6]

この結果チャンピオン争いでは、トップのブラドルに対しマルケスが6ポイント差にまで迫ることとなった[7]

MotoGPクラス編集

MotoGPクラス予選では、ポイントリーダーのケーシー・ストーナーが3戦連続、シーズン9度目となるポールポジションを獲得、2番手にはダニ・ペドロサ、3番手にはベン・スピーズが続いた[8]

日曜日の決勝、レプソル・ホンダチームはレプソル社のモータースポーツ支援40周年を記念したスペシャルペイントのマシンで登場した[9]。トップで1周目を終えたストーナーがその後リードをどんどん広げ、独走でシーズン8勝目を挙げた。2位はペドロサ、3位にはポイントランキング2位のホルヘ・ロレンソが入った。この結果、ストーナーとロレンソのポイント差は44に広がった[10]

前戦引退を発表したロリス・カピロッシは15周目にトニ・エリアスと接触・転倒した際に右肩を強打。次戦日本GPを欠場することとなった[11]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 No. ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 27   ケーシー・ストーナー ホンダ 23 42:17.427 1 25
2 26   ダニ・ペドロサ ホンダ 23 +8.162 2 20
3 1   ホルヘ・ロレンソ ヤマハ 23 +14.209 4 16
4 58   マルコ・シモンチェリ ホンダ 23 +20.646 6 13
5 11   ベン・スピーズ ヤマハ 23 +27.739 3 11
6 19   アルバロ・バウティスタ スズキ 23 +30.373 11 10
7 69   ニッキー・ヘイデン ドゥカティ 23 +34.288 7 9
8 8   エクトル・バルベラ ドゥカティ 23 +37.305 13 8
9 35   カル・クラッチロー ヤマハ 23 +39.652 12 7
10 46   バレンティーノ・ロッシ ドゥカティ 23 +39.832 171 6
11 7   青山博一 ホンダ 23 +39.997 9 5
12 14   ランディ・ド・プニエ ドゥカティ 23 +54.717 10 4
13 5   コーリン・エドワーズ ヤマハ 23 +58.430 14 3
Ret 24   トニ・エリアス ホンダ 15 衝突 16
Ret 65   ロリス・カピロッシ ドゥカティ 15 衝突 15
Ret 4   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 0 アクシデント 5
Ret 17   カレル・アブラハム ドゥカティ 0 アクシデント 8

Moto2クラス決勝結果編集

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 93   マルク・マルケス スッター 21 40:20.575 1 25
2 29   アンドレア・イアンノーネ スッター 21 +2.466 10 20
3 3   シモーネ・コルシ FTR 21 +2.574 12 16
4 15   アレックス・デ・アンジェリス モトビ 21 +3.054 5 13
5 40   アレックス・エスパルガロ ポンス カレックス 21 +10.831 6 11
6 38   ブラッドリー・スミス テック3 21 +10.870 15 10
7 12   トーマス・ルティ スッター 21 +11.005 11 9
8 65   ステファン・ブラドル カレックス 21 +11.212 4 8
9 77   ドミニク・エガーター スッター 21 +11.810 23 7
10 36   ミカ・カリオ スッター 21 +11.939 9 6
11 13   アンソニー・ウエスト MZ-RE ホンダ 21 +12.108 21 5
12 63   マイク・ディ・メッリオ テック3 21 +12.114 19 4
13 76   マックス・ノイキルヒナー MZ-RE ホンダ 21 +12.180 17 3
14 44   ポル・エスパルガロ FTR 21 +12.908 8 2
15 45   スコット・レディング スッター 21 +13.329 3 1
16 34   エステベ・ラバト FTR 21 +13.875 20
17 60   フリアン・シモン スッター 21 +13.954 2
18 19   ザビエル・シメオン テック3 21 +15.251 24
19 71   クラウディオ・コルティ スッター 21 +18.470 16
20 18   ジョルディ・トーレス スッター 21 +20.128 22
21 4   ランディ・クルメナッハ カレックス 21 +38.974 25
22 25   アレックス・バルドリーニ ポンス カレックス 21 +39.072 27
23 9   ケニー・ノエス FTR 21 +39.340 33
24 7   小山知良 スッター 21 +48.695 29
25 88   リカルド・カルダス モリワキ 21 +48.843 26
26 64   サンティアゴ・エルナンデス FTR 21 +1:02.670 31
27 33   セルヒオ・ガデア モリワキ 21 +1:05.633 35
28 6   ホアン・オリベ FTR 21 +1:06.619 34
29 53   バレンティン・デビーズ FTR 21 +1:11.832 32
30 39   ロベルティーノ・ピエトリ スッター 21 +1:27.512 36
31 72   高橋裕紀 モリワキ 21 +1:31.402 14
32 95   マシェル・アル・ナイミ モリワキ 21 +1:33.725 37
33 82   エレナ・ロセール スッター 21 +1:36.548 38
Ret 51   ミケーレ・ピロ モリワキ 17 棄権 13
Ret 16   ジュール・クルーセル スッター 9 アクシデント 7
Ret 35   ラファエレ・デ・ロサ スッター 9 棄権 28
Ret 14   ラタパー・ウィライロー FTR 9 アクシデント 30
Ret 75   マティア・パシーニ FTR 3 棄権 18
DNS 68   ヨニー・エルナンデス FTR スタートせず

125ccクラス決勝結果編集

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 18   ニコラス・テロル アプリリア 20 40:26.726 3 25
2 5   ヨハン・ザルコ デルビ 20 +6.771 4 20
3 25   マーベリック・ビニャーレス アプリリア 20 +18.929 2 16
4 7   エフレン・バスケス デルビ 20 +27.472 9 13
5 39   ルイス・サロム アプリリア 20 +27.4692 6 11
6 52   ダニー・ケント アプリリア 20 +27.750 5 10
7 11   サンドロ・コルテセ アプリリア 20 +27.7402 7 9
8 23   アルベルト・モンカヨ アプリリア 20 +27.778 8 8
9 26   アドリアン・マルティン アプリリア 20 +43.009 11 7
10 94   ジョナス・フォルガー アプリリア 20 +49.090 10 6
11 77   マルセル・シュロッター マヒンドラ 20 +53.876 15 5
12 3   ルイージ・モルシアーノ アプリリア 20 +56.395 19 4
13 84   ヤコブ・コーンフェール アプリリア 20 +57.513 14 3
14 19   アレッサンドロ・トヌッチ アプリリア 20 +1:07.215 22 2
15 99   ダニー・ウェブ マヒンドラ 20 +1:14.906 23 1
16 50   ストゥーラ・ファーガーハウグ アプリリア 20 +1:31.266 26
17 60   マヌエル・タタショア アプリリア 20 +1:36.871 27
18 30   ジュリアン・ペドーネ アプリリア 20 +1:40.668 24
19 90   Damien Raemy KTM 20 +1:58.898 33
20 37   ペドロ・ロドリゲス アプリリア 19 +1 Lap 32
Ret 55   エクトル・ファウベル アプリリア 19 アクシデント 1
Ret 63   ズルファミ・カイルディン デルビ 18 棄権 31
Ret 21   ハリー・スタフォード アプリリア 16 棄権 21
Ret 28   ジュゼップ・ロドリゲス アプリリア 11 棄権 12
Ret 44   ミゲル・オリベイラ アプリリア 7 棄権 16
Ret 31   ニクラス・アジョ アプリリア 7 アクシデント 18
Ret 43   フランチェスコ・マウリエロ アプリリア 7 アクシデント 25
Ret 17   テイラー・マッケンジー アプリリア 6 アクシデント 28
Ret 96   ルイ・ロッシ アプリリア 5 アクシデント 13
Ret 86   Kevin Hanus ホンダ 5 棄権 30
Ret 10   アレクシ・マスボー KTM 4 棄権 20
Ret 53   ジャスパー・イウェマ アプリリア 1 アクシデント 17
Ret 36   ジュアン・ペレリョー アプリリア 0 棄権 29

注釈編集

  • ^1バレンティーノ・ロッシはレギュレーションで制限されているエンジン使用数(1シーズンあたり1人6台)を超えたため、ペナルティとしてレース開始10秒後にピットレーンからのスタートとなった[12]

脚注編集

参考文献編集