メインメニューを開く

2017年マレーシアグランプリ (2017 Malaysian Grand Prix) は、2017年のF1世界選手権第15戦として、2017年10月1日セパン・インターナショナル・サーキットで開催された。

マレーシアの旗 2017年マレーシアグランプリ
レース詳細
Sepang.svg
日程 2017年シーズン第15戦
決勝開催日 10月1日
開催地 セパン・インターナショナル・サーキット
マレーシアの旗 マレーシア セパン
コース 恒久的レース施設
コース長 5.543km
レース距離 56周(310.408km)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:30.076
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
タイム 1:34.080 (Lap 41)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX[1]。この年をもって、1999年以来19年間開催されていたマレーシアグランプリは終了となった[2]

目次

レース前編集

このレースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類[3]

ドライバー交代

2018年シーズンに関する動向

フリー走行編集

開催日時は現地時間 (UTC+8、以下同じ)。

1回目編集

2017年9月29日 11:00

当セッションのみ出走するドライバーは以下の通り[9]

開始15分前に雨が強く降り出したため、雨脚が弱まるまでスタートはディレイとなり30分遅れで開始された。メルセデスレッドブルフォース・インディアを除く14台がウエットタイヤでコースインしたが、雨が上がってからは各車インターミディエイトで走行した[9]。トップタイムはマックス・フェルスタッペンの1分48秒962[10]

2回目編集

2017年9月29日 15:00

午前とうって変わって好天に恵まれ、気温29度、路面温度42度のドライコンディションで開始された。16時8分、バルテリ・ボッタスが走行した際にターン13のイン側縁石にある排水溝のフタが外れ、これを踏んだロマン・グロージャンの右リアタイヤがバースト、スピンしたままコースアウトしてタイヤバリアにクラッシュしてしまう。グロージャンは無事だったが、このクラッシュで赤旗となり、そのままセッションは終了した[11]。トップタイムはセバスチャン・ベッテルの1分31秒261[12]

セッション終了後、グロージャンがクラッシュした原因となった排水溝のフタについては直ちに溶接され、他の箇所のフタについても点検が行われた[13]。グロージャンのマシンは大きなダメージを負っており、特例[14]として夜間のマシン修理が許可された[15]

3回目編集

2017年9月30日 14:00

気温31度、路面温度43度、晴天のドライコンディションで開始された。フェラーリ勢が好調を維持し、キミ・ライコネンが1分31秒880でトップタイムとなった。ベッテルが2位に続いたが、セッション終盤にスローダウン。ピットへ戻ることはできたものの予選に向けて不安を残した。終了間際にジョリオン・パーマーがフェルスタッペンに追突しフェルスタッペンはスピン、パーマーはフロントウィングを破損した[16]

予選編集

2017年9月30日 17:00

ルイス・ハミルトンポールポジションを獲得する一方、セバスチャン・ベッテルはパワーユニットのトラブルでQ1を走行できず、決勝は最後尾グリッドからスタートとなった。

経過編集

午前に比べ雲は増えたが、気温30度、路面温度46度、ドライコンディションで開始された[17]

Q1
フェラーリはFP3でトラブルが発生したベッテルのパワーユニット(エンジンとMGU-H)を交換して予選に臨んだが、最初のアタックラップでターボのトラブルが発生してスローダウン。タイムを出せないまま予選を終えてしまった。一方、フリー走行ではフェラーリとレッドブルに遅れを取っていたハミルトンがソフトタイヤでトップタイムを出した。Q1脱落はベッテルの他、ハースザウバーの各2台。
Q2
全車スーパーソフトでアタックを開始。1回目のアタックでトップタイムを出したのはキミ・ライコネンで1分30秒926。2回目はバルテリ・ボッタスがトップタイムを出した。ウィリアムズトロ・ロッソの各2台とジョリオン・パーマーがQ2敗退となった。
Q3
1回目のアタックでハミルトンが1分30秒076でトップに立つ。2回目のアタックではハミルトンはタイムを更新できず、ライコネンがセクター2までハミルトンのタイムを上回っていたが、最終コーナーでタイヤをロックさせてしまい僅かに及ばなかった。結局、ハミルトンのタイムを上回る者はいなかったため、ハミルトンのポールポジションが決まった。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31.605 1:30.977 1:30.076 1
2 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:32.259 1:30.926 1:30.121 2
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:31.920 1:30.931 1:30.541 3
4 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:32.416 1:31.061 1:30.595 4
5 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:32.254 1:30.803 1:30.758 5
6 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:32.527 1:31.651 1:31.478 6
7 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:32.838 1:31.848 1:31.582 7
8 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:32.586 1:31.778 1:31.607 8
9 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:32.768 1:31.484 1:31.658 9
10 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:33.049 1:32.010 1:31.704 10
11 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:32.267 1:32.034 11
12 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:32.576 1:32.100 12
13 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:33.000 1:32.307 13
14 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:32.650 1:32.402 14
15 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 1:32.547 1:32.558 15
16 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:33.308 16
17 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:33.434 17
18 94   パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:33.483 18
19 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:33.970 19
107% time: 1:38.017
NC 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ no time 20 1
ソース[18][19]
追記
  • ^1 - ベッテルはタイムを記録できなかったが、スチュワードの判断により決勝出走を許可され最後尾グリッドからのスタートとなった[20]。決勝前に4基を超えるパワーユニットのコンポーネント交換(5基目のエンジン(ICE)、ターボ、MGU-H)を行い20グリッド降格となったが、既に最後尾グリッドが決まっていたため変更なし[21]

決勝編集

2017年10月1日 15:00

決勝前日の予選の日に20歳の誕生日を迎えたマックス・フェルスタッペンが今シーズン初優勝をあげ、2016年スペイングランプリ以来となる通算2勝目を飾った。レッドブルはマレーシアGPを2年連続で制した。一方、メルセデス勢のサマーブレイク後の連勝は3で止まり、優勝候補で最有力のルイス・ハミルトンは2位、最後尾スタートのセバスチャン・ベッテルは猛烈な追い上げを見せたが表彰台に届かず4位に終わった。

展開編集

気温30度、路面温度38度、決勝の2時間半前に豪雨に見舞われたがレコノサンスラップの間に路面は乾き、ドライコンディションでレースが行われた[22]。そのレコノサンスラップでキミ・ライコネンのパワーユニットに異常が発生し、ピットに戻り修復を試みるもレース開始までに間に合わず、スタートすることができなかった。前日にパワーユニットのトラブルが発生し予選を走れず最後尾グリッドが決まったベッテルは、再びパワーユニット(エンジン、ターボチャージャー、MGU-H、いずれも5基目)を交換して決勝に臨んだ。タイヤはベッテルとザウバー勢がソフト、他のドライバーはスーパーソフトでスタートする。

スタートでバルテリ・ボッタスが好スタートを切りダニエル・リカルドをオーバーテイク。ボッタスはフェルスタッペンにも接近したが、フェルスタッペンは2位を死守した。後方ではストフェル・バンドーンが5位に浮上した。バンドーンに抜かれたエステバン・オコンフェリペ・マッサと接触し、ピットインを余儀なくされた。

4周目にフェルスタッペンがペースの上がらないハミルトンを抜いて首位に浮上、リカルドも9周目にボッタスを抜き返す。ベッテルは9周目の時点で9位まで挽回した。

26周目にハミルトンがピットイン、次の周でフェルスタッペンがピットインするが順位は変わらず。ベッテルも27周目にピットインを行い、次の周にピットインを行ったボッタスをアダーカットして4位まで挽回する。ベッテルはスーパーソフトでファステストラップを連発して3位リカルドを猛追する。

ベッテルは45周目にリカルドの1秒後方まで接近したが、48周目に周回遅れのフェルナンド・アロンソの処理に手こずる。それでも次の周にリカルドに仕掛けるが、リカルドは3位を死守。これ以降はタイヤの消耗と軽タンク出走による燃費問題によりベッテルのペースは落ち、リカルドに離されていった。

フェルスタッペンはトップを守り抜き優勝、以下ハミルトン、リカルド、ベッテル、ボッタスの順にチェッカーを受けた。これにより、ハミルトンとベッテルの差はさらに開いて34ポイントとなった。バンドーンは2戦連続で7位入賞を果たし、入賞圏に届かず11位に終わったチームメイトのアロンソを3ポイント上回った。

ウイニングランの最中にベッテルとランス・ストロールが接触し、ベッテルのマシンが大破してしまう。ベッテルは同国出身のパスカル・ウェーレインのマシンに乗せてもらいピットへ帰る羽目になった(本来であればこの行為も違反)。この一件については両者お咎めなしとなったが[23]、予選から決勝終了後までフェラーリにとっては悪夢のレースになってしまった。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 56 1:30:01.290 3 25
2 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 56 +12.770 1 18
3 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +22.519 4 15
4 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 56 +37.362 20 12
5 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 56 +56.021 5 10
6 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 +1:18.630 9 8
7 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 55 +1 Lap 7 6
8 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 55 +1 Lap 13 4
9 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 55 +1 Lap 11 2
10 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 55 +1 Lap 6 1
11 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 55 +1 Lap 10
12 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 17
13 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 16
14 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 55 +1 Lap 15
15 30   ジョリオン・パーマー ルノー 55 +1 Lap 12
16 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 55 +1 Lap 8
17 94   パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 18
18 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 54 +2 Laps 19
Ret 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ 29 パワーユニット 14
DNS 7   キミ・ライコネン フェラーリ 0 バッテリー - 1
ソース[24]
ファステストラップ[25]
ラップリーダー[26]
追記
  • ^1 - ライコネンは決勝直前にマシントラブルが発生したためスタートせず[27]

第15戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Malaysia”. The Official F1 Website. 2017年9月29日閲覧。
  2. ^ マレーシアGPが今季開催で終了、19年の歴史に幕。2018年F1は21戦のカレンダーに”. AUTOSPORTweb (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ F1マレーシアGP 20人のタイヤ選択:メルセデスはライバルよりハード寄りに。マクラーレン・ホンダはSS重視”. AUTOSPORTweb (2017年9月25日). 2017年9月29日閲覧。
  4. ^ ピエール・ガスリー、トロロッソからF1マレーシアGPに急遽参戦決定!”. AUTOSPORTweb (2017年9月26日). 2017年9月29日閲覧。
  5. ^ 固定ナンバーとして最後に使用されてから2年以上経ったナンバーは別のドライバーが使用できる。
  6. ^ ピエール・ガスリー、小林可夢偉が着けていた“カーナンバー10”を選択”. F1-Gate.com (2017年9月27日). 2017年10月1日閲覧。
  7. ^ 「クビアトはF1アメリカGPで復帰する」とスポンサー。来季残留の可能性も示唆”. AUTOSPORTweb (2017年9月28日). 2017年9月29日閲覧。
  8. ^ アストンマーチンがレッドブルF1とタイトルスポンサー契約を締結。将来のエンジン製造は「規則次第」”. AUTOSPORTweb (2017年9月25日). 2017年9月29日閲覧。
  9. ^ a b F1マレーシアGP:雨のFP1でレッドブルがワンツー、アロンソは3番手の好位置”. AUTOSPORTweb (2017年9月29日). 2017年9月30日閲覧。
  10. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - PRACTICE 1”. The Official F1 Website (2017年9月29日). 2017年10月1日閲覧。
  11. ^ F1マレーシアGP FP2:外れた排水溝の蓋でグロージャンが大クラッシュ、赤旗のままセッション終了”. AUTOSPORTweb (2017年9月29日). 2017年10月1日閲覧。
  12. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - PRACTICE 2”. The Official F1 Website (2017年9月29日). 2017年10月1日閲覧。
  13. ^ F1 Topic:グロージャンのクラッシュを受け、FIA「今夜、すべての側溝のフタをチェックする」”. AUTOSPORTweb (2017年9月29日). 2017年10月1日閲覧。
  14. ^ 労働時間の制限のため、夜間にサーキットで作業をすることはシーズンに2回しか許されていない。
  15. ^ クラッシュのグロージャン、「17Gの衝撃」でマシンが大破。夜間修理の許可下りる/F1マレーシアGP”. AUTOSPORTweb (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  16. ^ ライコネンがトップタイム【タイム結果】F1第15戦マレーシアGPフリー走行3回目”. AUTOSPORTweb (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  17. ^ F1マレーシアGP予選:ベッテルがPUトラブルで最下位。マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出”. AUTOSPORTweb (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  18. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  19. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  20. ^ Stewards Decision Doc26 - S.Vettel”. FIA (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  21. ^ Stewards Decision Doc32 - S.Vettel”. FIA (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  22. ^ F1マレーシアGP決勝:フェルスタッペンが逆転勝利!ベッテルは最後尾から4位入賞後にクラッシュ”. AUTOSPORTweb (2017年10月1日). 2017年10月2日閲覧。
  23. ^ ベッテル、チェッカー後のクラッシュはおとがめなしも、懸念されるF1日本GPでのペナルティ”. AUTOSPORTweb (2017年10月1日). 2017年10月2日閲覧。
  24. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  25. ^ 2017 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  26. ^ Lap Chart”. FIA (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
  27. ^ キミ・ライコネン、無念のDNSも「誰も責めることはできない」”. F1-Gate.com (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。
前戦
2017年シンガポールグランプリ
FIA F1世界選手権
2017年シーズン
次戦
2017年日本グランプリ
前回開催
2016年マレーシアグランプリ
  マレーシアグランプリ