2019-20 V.LEAGUE DIVISION2

V.LEAGUE > 2019-20 V.LEAGUE > 2019-20 V.LEAGUE DIVISION2

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2は、2019年11月から2020年3月まで開催される2019-20V.LEAGUEのDIVISION2(V2、2部相当)である。

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 (V2)
リーグ V.LEAGUE
スポーツ バレーボール
期間 2019年11月2日 - 2020年3月8日
V.LEAGUE DIVISION2 seasons
← 2018-19
2020-21 →

概要編集

男子は、昨シーズンの9チームに、新たにS2ライセンスを取得した3チームが加わり12チームとなった[1]。一方、女子は、1チームが自動昇格、2チームがVリーグ機構退社となり、1チームが新たに参入するが、結局昨シーズンの10チームから2チーム減少し8チームとなった[1]

男子は2回戦総当たり、女子は3回戦総当たりを行う。次シーズンのS1ライセンスを持っているチームは、上位2位までに入れば、V・チャレンジマッチに出場しV1下位チームとの入替戦に出場できる[2][3]。しかし、男子はS1ライセンスを取得したのはヴォレアス北海道のみであり、V・チャレンジマッチはヴォレアス北海道が上位2チームに入った場合のみに開催され、V1リーグ10位との入替戦が行われることとなった[4]。一方、女子は8チーム中6チームがS1ライセンスを取得した[4]

女子のルートインホテルズ Brilliant Aries(Vリーグでは「ブリリアントアリーズ」と表記)は2019-20シーズンのライセンスがS3で本来はV2リーグ参戦権が与えられないが、S3ライセンス保持チームがほかにないため、特例でV2リーグ参戦となった[1]

2020年2月28日、新型コロナウイルスの影響により、V2男子の残り試合が中止・打ち切りとなった[5]。全日程の75%以上を消化しているため、大会として成立し、同日終了時点の順位が年間順位となった。

男子編集

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN
(V2男子)
リーグ V.LEAGUE
スポーツ バレーボール
期間 2019年11月2日 - 2020年3月8日
リーグ優勝 富士通カワサキレッドスピリッツ[6]
準優勝 ヴォレアス北海道[6]
得点王 小林空きんでん[6]
ファイナルMVP 柳田百織(富士通)[6]

日程編集

2019年11月2日 - 2020年3月8日[2]

出場チーム編集

2019年5月に2019-20V.LEAGUE編成が発表された[1]。また、同年10月に来シーズンのV.LEAGUEライセンス交付結果も発表され、ヴォレアス北海道のみがS1ライセンスを取得し、V・チャレンジマッチに出場しV1チームとの入替戦に勝てばV1に昇格できる権利を得た[4]。V2男子の出場チームは以下の12チームである。

チーム 所在
都道府県
2018-19
シーズン
2020-21
ライセンス
備考
富士通カワサキレッドスピリッツ 神奈川県 V2 優勝 S2
トヨタ自動車サンホークス 愛知県 V2 準優勝 S2
警視庁フォートファイターズ 東京都 V2 3位 S2
大同特殊鋼レッドスター 愛知県 V2 4位 S2
埼玉アザレア 埼玉県 V2 5位 S2
つくばユナイテッドSun GAIA 茨城県 V2 6位 S2
きんでんトリニティーブリッツ 大阪府 V2 7位 S2
長野GaRons 長野県 V2 8位 S2
東京ヴェルディ 東京都 V2 9位 S2
ヴォレアス北海道 北海道 V3 優勝 S1 V2新参入
ヴィアティン三重 三重県 V3 準優勝 S2 V2新参入
兵庫デルフィーノ 兵庫県 V3 5位 S2 V2新参入

大会方式編集

参加12チームによる2回戦総当たりを行う。各チーム計22試合行い、最も良い成績を残したチームが優勝となる[2]

S1ライセンス取得チーム(ヴォレアス北海道のみ)が上位2チームに入ればV・チャレンジマッチに出場。V・チャレンジマッチは2020年3月14日、15日に行われ、V1リーグ最下位と入替戦を行う(2試合方式)[2]

順位決定方式編集

以下の優先順位で順位を決定する[2]

  1. 勝利数
  2. ポイント
  3. セット率
  4. 得点率
  5. 当該チーム間の対戦成績
ポイントの付与

各試合ごとに以下の通りポイントが付与される。

条件 付与ポイント
セットカウント「3-0」あるいは「3-1」で勝利 3点
セットカウント「3-2」で勝利 2点
セットカウント「2-3」で敗戦 1点
セットカウント「1-3」あるいは「0-3」で敗戦 0点

V・レギュラーラウンド編集

V・チャレンジマッチ出場
試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 富士通カワサキレッドスピリッツ 19 1 57 57 12 4.750 1707 1364 1.251
2 ヴォレアス北海道 19 1 55 58 12 4.833 1688 1430 1.180
3 埼玉アザレア 13 8 38 48 33 1.455 1835 1778 1.032
4 トヨタ自動車サンホークス 12 6 38 41 22 1.864 1495 1396 1.071
5 大同特殊鋼レッドスター 12 8 35 43 36 1.194 1819 1708 1.065
6 ヴィアティン三重 12 8 31 42 38 1.105 1800 1799 1.001
7 つくばユナイテッドSun GAIA 10 11 34 40 36 1.111 1686 1631 1.034
8 警視庁フォートファイターズ 10 11 31 40 42 0.952 1843 1790 1.030
9 きんでんトリニティーブリッツ 6 14 19 32 50 0.640 1763 1865 0.945
10 東京ヴェルディ 3 17 9 20 56 0.357 1580 1803 0.876
11 兵庫デルフィーノ 2 17 7 13 54 0.241 1262 1632 0.773
12 長野GaRons 2 18 6 15 58 0.259 1474 1756 0.839

出典:[1]

最終順位編集

  • 2020年2月23日時点で打ち切りのため、同日の試合終了時点の成績を最終成績とした[7]
順位 チーム
優勝 富士通カワサキレッドスピリッツ
準優勝 ヴォレアス北海道
3 埼玉アザレア
4 トヨタ自動車サンホークス
5 大同特殊鋼レッドスター
6 ヴィアティン三重
7 つくばユナイテッドSun GAIA
8 警視庁フォートファイターズ
9 きんでんトリニティーブリッツ
10 東京ヴェルディ
11 兵庫デルフィーノ
12 長野GaRons
V・チャレンジマッチ出場

女子編集

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN
(V2女子)
リーグ V.LEAGUE
スポーツ バレーボール
期間 2019年11月9日 - 2020年2月9日
リーグ優勝 群馬銀行グリーンウイングス[8]
準優勝 GSS東京サンビームズ[8]
得点王 吉里遥(GSS東京)[8]
ファイナルMVP 吉岡みなみ(群馬銀行)[8]

日程編集

2019年11月9日 - 2020年2月9日[3]

出場チーム編集

2019年5月に2019-20V.LEAGUE編成が発表された[1]。また、同年10月に来シーズンのV.LEAGUEライセンス交付結果も発表され、6チームがS1ライセンスを取得し、V・チャレンジマッチに出場しV1チームとの入替戦に勝てばV1リーグに昇格できる権利を得た[4]。V2女子の出場チームは以下の8チームである。

チーム 所在
都道府県
2018-19
シーズン
2020-21
ライセンス
備考
JAぎふリオレーナ 岐阜県 V2 準優勝 S1
群馬銀行グリーンウイングス 群馬県 V2 3位 S1
プレステージ・インターナショナルアランマーレ 山形県 V2 4位 S1
大野石油広島オイラーズ 広島県 V2 5位 S2
GSS東京サンビームズ 東京都 V2 6位 S2
柏エンゼルクロス 千葉県 V2 7位 S1
ブレス浜松 静岡県 V2 8位 S1
ルートインホテルズブリリアントアリーズ 長野県 - S1 当シーズンより新規参入

大会方式編集

参加8チームによる3回戦総当たりを行う。各チーム計21試合行い、最も良い成績を残したチームが優勝となる[3]

S1ライセンス取得チームが上位2チームに入ればV・チャレンジマッチに出場。V・チャレンジマッチは2020年2月22日、23日に行われ、1位はV1・12位、2位はV1・11位とそれぞれ対戦する(2試合方式)。V2の上位2チームがS1ライセンスを保持してない場合はV・チャレンジマッチを開催しない。V2リーグの上位2チームのどちらか一方がS1ライセンスを保持している場合は、開催について別途定める[3]

順位決定方式編集

以下の優先順位で順位を決定する[3]

  1. 勝利数
  2. ポイント
  3. セット率
  4. 得点率
  5. 当該チーム間の対戦成績
ポイントの付与

各試合ごとに以下の通りポイントが付与される。

条件 付与ポイント
セットカウント「3-0」あるいは「3-1」で勝利 3点
セットカウント「3-2」で勝利 2点
セットカウント「2-3」で敗戦 1点
セットカウント「1-3」あるいは「0-3」で敗戦 0点

V・レギュラーラウンド編集

V・チャレンジマッチ出場
試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 群馬銀行グリーンウイングス 18 3 54 59 21 2.810 1904 1589 1.198
2 GSS東京サンビームズ 12 9 37 49 39 1.256 1927 1913 1.007
3 JAぎふリオレーナ 11 10 33 44 41 1.073 1910 1884 1.014
4 ルートインホテルズブリリアントアリーズ 11 10 31 43 44 0.977 1938 1924 1.007
5 プレステージ・インターナショナルアランマーレ 11 10 30 42 42 1.000 1879 1864 1.008
6 大野石油広島オイラーズ 8 13 24 37 48 0.771 1853 1938 0.956
7 柏エンゼルクロス 8 13 24 35 49 0.714 1820 1939 0.939
8 ブレス浜松 5 16 19 27 52 0.519 1651 1831 0.902

出典:[2]

最終順位編集

順位 チーム
優勝 群馬銀行グリーンウイングス
準優勝 GSS東京サンビームズ
3 JAぎふリオレーナ
4 ルートインホテルズブリリアントアリーズ
5 プレステージ・インターナショナルアランマーレ
6 大野石油広島オイラーズ
7 柏エンゼルクロス
8 ブレス浜松

S1ライセンス未取得のためV・チャレンジマッチは不出場。

V・チャレンジマッチ出場

脚注編集

  1. ^ a b c d e 2019-20V.LEAGUEの編成決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2019年5月16日). 2020年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【大会概要】2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN”. Vリーグ機構. 2020年1月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【大会概要】2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN”. Vリーグ機構. 2020年1月28日閲覧。
  4. ^ a b c d 2020-21シーズン V.LEAGUE ライセンス交付結果について”. Vリーグ機構 (2019年10月24日). 2020年1月28日閲覧。
  5. ^ a b “【2/28更新】2019-20V.LEAGUE 新型コロナウイルス等感染症に対する対応について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年2月28日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21664 2020年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b c d “【3/14更新】2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN 最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年3月14日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21574 2020年3月14日閲覧。 
  7. ^ “2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年2月28日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21574 2020年2月28日閲覧。 
  8. ^ a b c d “【2/22更新】2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年2月22日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21573 2020年3月14日閲覧。 

外部リンク編集