メインメニューを開く

ANAクラウンプラザホテル宇部

ANAクラウンプラザホテル宇部(エイエヌエークラウンプラザホテルうべ、: ANA Crowne Plaza Ube)は、山口県宇部市にあるホテルIHG ANA ホテルズのフランチャイズホテルで、宇部興産子会社である株式会社ユービーイーホテルズが運営する[2]。2011年(平成23年)12月1日に宇部全日空ホテルからリブランドした[2]

ANAクラウンプラザホテル宇部
ANA Crowne Plaza Ube
ANA CROWNE PLAZA UBE.jpg
ホテル概要
正式名称 ANAクラウンプラザホテル宇部
ホテルチェーン IHG ANA ホテルズ
デベロッパー 宇部興産ビル株式会社
設計 村野藤吾
運営 株式会社ユービーイーホテルズ
前身 宇部全日空ホテル
階数 地下2 - 地上15階
レストラン数 6軒
部屋数 140室
スイート数 6室
延床面積 11,878 m²
駐車場 123台
最頂部 64.33m
開業 2011年12月
最寄駅 JR西日本宇部線 宇部新川駅
最寄IC 山陽自動車道 宇部IC
所在地 〒755-8588
山口県宇部市相生町8番1号
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ユービーイーホテルズ
UBE Hotels
ANA Hotel Ube.jpg
宇部全日空ホテル時代の外観
(2009年4月撮影)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
755-8588
山口県宇部市相生町8番1号
設立 1982年4月
(株式会社宇部全日空ホテル)
業種 サービス業
事業内容 宿泊、宴会、レストラン等
代表者 代表取締役社長総支配人 川戸範雄
資本金 80百万円
純利益 ▲1629万3000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 2億6498万9000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 宇部興産 80%
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 20%
関係する人物 中安閑一
外部リンク http://www.anacrowneplaza-ube.jp/
特記事項:1999年に株式会社宇部全日空ホテルから改称。
主要指標等は[1]による。
テンプレートを表示

概要編集

1983年(昭和58年)に国内18番目の全日空ホテルとなる「宇部全日空ホテル」として開業した。村野藤吾の意匠設計による宇部興産ビルに入居する。

周辺地域では数少ない本格的なシティホテルであることもあり、宇部興産、ひいては山口県における迎賓館的役割を担う。政治家等によるパーティや講演、各種学会の会場として利用されることも多く、2006年(平成18年)11月には国民文化祭開会式出席のため皇太子の山口県ご行啓の際にお泊所として利用された。最上階のバンケットホールからは周防灘に面して展開する化学コンビナートや宇部市街を一望に収めることができる。

2011年(平成23年)にANAクラウンプラザホテル宇部へリブランドし、国内12番目のクラウンプラザホテルとしてリニューアルオープンした[2][3]

施設概要編集

  • 客室数 - 140室
    • シングル42室、ツイン73室、ダブル15室、トリプル2室、和室2室、スイート6室
  • 定員 - 242名
  • 宴会場 - 8室
    • 国際会議場 - 1,200m2(最大1,200名収容)
    • 中小宴会場 - 万葉(230m2)、弥生(160m2)、飛鳥(120m2)、松・竹・梅(各50m2
    • スカイバンケット - コンフォート(220m2
  • ウェディング施設 - チャペル等
  • 駐車場 - 123台
1階ピロティ部分の駐車場は2階建てバスが進入するのにも十分な高さが確保されており、全長5m×全幅2m以下程度であればキャンピングカーなども駐車することが出来る。ただし、面積は広くないため、長さ、幅が大きい車輌の駐車には不向きである。また、外側区域は内側区域より幅がやや狭いため、幅の広い車輌は内側区域へ駐車することが望ましい。

沿革編集

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集