IHG・ANA・ホテルズグループジャパン

日本の東京都港区にあるホテル運営会社
全日空ホテルズから転送)

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社(アイエイチジー・エーエヌエー-)は、日本ホテル事業者。インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)とANAホールディングスの合弁企業である。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社
IHG ANA Hotels Group Japan LLC,
種類 合同会社
市場情報 非上場
本店所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門一丁目2番8号
虎ノ門琴平タワー20階
北緯35度40分10.4秒 東経139度44分54.4秒 / 北緯35.669556度 東経139.748444度 / 35.669556; 139.748444
設立 1989年平成元年)12月5日
(株式会社ANAホテルズ&リゾーツ)
業種 サービス業
法人番号 2010403005782 ウィキデータを編集
事業内容 ホテル経営
代表者 アビジェイ・サンディリア(最高経営責任者
勝島 基江(最高執行責任者
資本金 8億3,000万円
従業員数 70名(2016年1月現在)
主要株主 インターコンチネンタルホテルズグループ74%
ANAホールディングス25%[PR 1]
IHG・ANA・ホテルズホールディングス1%
外部リンク https://www.anaihghotels.co.jp/
テンプレートを表示

IHG・ANA・ホテルズとして、日本国内とミクロネシアで「インターコンチネンタル」、「クラウンプラザホテル」、「ホリデイ・イン」、「ホリデイ・イン リゾート」、「ホリデイ・イン エクスプレス」、「キンプトン」、「ホテルインディゴ」、「voco」の6つのブランドのホテルを展開している。かつては韓国も管轄していたが、IHG内における区域変更に伴い、現在は管轄外となっている。

元々は全日本空輸(ANA)グループの株式会社ANAホテルズ&リゾーツであり、全日空ホテルズを運営していたが、2006年(平成18年)にIHGとの合弁となった。現在は「全日空ホテルズ」や「ANAホテルズ」は存在していない。

概説 編集

ANAは自社航空旅客路線の就航地に全日空ホテルズとして、ホテル事業を1973年(昭和48年)に設立した子会社「全日空エンタプライズ株式会社」を通じて展開した。かつては日本国内のみならず、就航地とそれ以外の欧米東南アジアオーストラリアの複数の都市でも現地ホテル企業とマネジメント契約を締結してチェーン展開していたが、この海外部門が利用客の伸び悩みとコスト高から多くの不採算を抱えたため、1999年(平成11年)よりANAの中期経営計画で海外ホテルズの縮小(マネジメント契約撤退・売却)と、エンタプライズ社に残された各ホテルのオペレーション機能(経営・建物所有・マネジメント)を以下の通りそれぞれ分割し別会社に移管させ、同社は2003年(平成15年)9月に解散した。

株式会社ANAホテルズ&リゾーツ
1989年(平成元年)設立。全日空ホテルズの運営統括、及び各ホテルのマネジメントを手がける。2006年11月より「IHG-ANA合同会社」へ組織変更。
IHG-ANA発足までの札幌・東京・沖縄などANA直系のホテル運営企業はANAの子会社であった。
ANAホテルズマネジメント株式会社
チェーンホテル経営企業への出資企業として2001年(平成13年)設立。IHG-ANA発足後はIHG-ANA合同会社へ継承した。
エー・エヌ・エー・プロパティマネジメント株式会社
全日空ホテル(一部)の不動産所有企業。1999年設立。後述の城山プロパティーズに売却されたか等は不明。

インターコンチネンタルグループとの合弁化 編集

2005年(平成17年)ごろよりANAは、本業である航空運送業へ経営資源を集中させる狙いから、有益な物件を抱えたホテル事業を同業者へ売却することの検討に入り、2006年(平成18年)10月23日にインターコンチネンタルホテルズグループとの提携で合意したと発表した。合弁のスキームは、

  • 「ANAホテルズ&リゾーツ」を、2006年(平成18年)11月30日に「IHG・ANAホテルズグループジャパン合同会社」 (LLC) に組織変更し、旧 株式会社全日空ホテルズ&リゾーツの組織は新会社に吸収された。2006年(平成18年)12月1日付で増資を行い、IHG74%、ANA25%、IHG・ANA・ホテルズホールディングス株式会社(IHG66%、ANA34%出資)1%の出資持分とする[PR 2]
これによってANAとの関係を維持しつつ、IHGがホテルズ運営の実権を握る形となった。
2007年4月1日に旧東京全日空ホテルのANAインターコンチネンタルホテル東京への共同ブランド化を皮切りに、2017年平成29年)12月までに29のホテルが全日空ホテルとIHGの「インターコンチネンタル」、「クラウンプラザ」あるいは「ホリデイ・イン」と共同ブランド化され、最後まで残った松山全日空ホテルも2018年(平成30年)11月にリブランドされ、「ANAホテル(全日空ホテル)」ブランドは消滅した。

外資系投資銀行への自社系ホテル売却 編集

IHG-ANA体制となった翌年の2007年(平成19年)4月に、ANAが直系(ANAグループ)として経営にあたった13ホテルの不動産物件と運営企業をモルガン・スタンレーへ売却し、B787を中心とした新機材投入などの設備投資資金に充当することを発表し、同年6月までにモルガン・スタンレーの特定目的会社である有限会社城山プロパティーズへ2813億円で売却した。日本国内の不動産売買金額としては過去最大規模で、1500億円程度の簿価を差し引いた売却益は約1300億円に上り、実体経済不動産証券化ビジネスが好景気であったことが反映されている。

買収に伴い、モルガン・スタンレーが買収した各ホテルの運営企業はモルガン・スタンレー系のパノラマ・ホスピタリティが新規に設立した「株式会社パノラマ・ホテルズ・ワン」へ一旦は一本化されることになったが、その後は株式会社パノラマ・ホテルズ・ワン、株式会社ホライズン・ホテルズ、株式会社セントラル・ホテルズの3社に分社化された。モルガン・スタンレー系の施設は順次売却による資本撤退が進められ、2015年7月に株式会社ホライズン・ホテルズを星野リゾートへ売却した[1]のをもって、他の運営企業への譲渡が完了した。

ホテル会員・ポイントサービス制度 編集

会員制度 : IHG One Rewards ※旧IHG Rewards。IHGのホテルロイヤリティープログラム[PR 3]

グループホテル 編集

ブランド 編集

IHG・ANA・ホテルズグループのホテルカテゴリーは以下の通り。

日本国内の旧:全日空ホテルズおよび、統合前の英国IHGがチェーン展開していた日本国内のIHGホテル
  • InterContinental(インターコンチネンタル)
  • ANA InterContinental(ANAインターコンチネンタル)
  • ANA Crowne Plaza(ANAクラウンプラザホテル)
  • ANA Hotel(全日空ホテル)- すでに他のブランドへ移管され、ブランドは存在しない。
  • ANA Holiday Inn(ANAホリデイ・イン)
  • ANA Holiday Inn Resort(ANA ホリデイ・イン リゾート)
  • Holiday Inn(ホリデイ・イン) - 日本では一時撤退していたが2016年11月に「ホリデイ・イン大阪難波」がオープン。
  • Holiday Inn Express(ホリデイ・イン エクスプレス) - 日本では一時撤退していたが2021年12月に「ホリデイ・イン エクスプレス大阪シティセンター御堂筋」がオープン
  • Hotel Indigo(ホテルインディゴ)
  • Kimpton(キンプトン)
  • Six Senses(シックスセンシズ)
  • Regent(リージェント)
  • voco(ヴォコ) - ラテン語で「招待する」「呼び集める」という意味を持つIHGプレミアム・コレクションのライフスタイルホテルブランド。日本では2023年5月開業の「voco大阪セントラル」が初となる。
  • Vignette Collection(ヴィニェット コレクション) - 独立系ホテル。日本では2023年6月に加盟したリーガロイヤルホテル(大阪)が改装完了後同コレクションホテルの一員となる予定。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社はIHG・ANAと以下略記する。

日本国内 編集

北海道 編集

 
ANAクラウンプラザホテル札幌
 
ANAクラウンプラザホテル釧路
  • ANAクラウンプラザホテル札幌
    【経営】株式会社札幌ホテルマネジメント【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    全日空ホテルズの1号店で「札幌全日空ホテル」として1974年6月開業。JA北海道共済連が所有する「新共済ビル」をほぼ一棟借りしている。建物の正面(北5条手稲通)向かいに北農ビルなどJA系の建物が点在している。
    2017年(平成29年)12月1日にANAクラウンプラザホテル札幌へリブランド。
  • ANAホリデイ・イン札幌すすきの
    【経営】株式会社タスク【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2014年(平成26年)4月、「ラマダホテル札幌」からリブランド[PR 4]
  • ANAクラウンプラザホテル千歳
    【経営】GHS株式会社 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    1997年(平成9年)5月に「千歳全日空ホテル」として開業。道内で唯一全日本空輸グループが自己所有する物件であった。築年数が経過した札幌よりも価格設定が高い。2007年(平成19年)11月12日にリブランド。2017年(平成29年)4月28日に新館が開業[2]
  • ANAクラウンプラザホテル釧路
    【経営/運営】 株式会社釧路ホテルマネジメント 【契約】フランチャイズ
    1993年(平成5年)5月に「釧路全日空ホテル」として開業。フジタ建物(フジタ子会社)が家主としてフランチャイズしていたが、2006年6月より経営権がゴールドマン・サックス出資の有限会社日本ホテルインベストメントから、2011年8月よりGHS株式会社(大阪市)に異動後、2015年に同社オーナーが設立した有限会社釧路ホテルマネジメント(本社 釧路市)へ更に異動。現在は改組して株式会社釧路ホテルマネジメント(本社 釧路市)となっている。北海道放送のお天気カメラが屋上に設置され、札幌の本局で遠隔操作されている。2013年(平成25年)8月1日にリブランド。

東北 編集

 
ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート
  • ANAホリデイ・イン仙台
    【経営】株式会社福田商会 ホテル事業部 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2001年(平成13年)7月20日に「ホリデイ・イン仙台」として開業。2010年(平成22年)7月に運営委託をIHG・ANAに切り替え、「ANA ホリディ・イン」の一号店としてリブランドが行なわれた。

関東 編集

 
ANAクラウンプラザホテル成田
 
ANAインターコンチネンタルホテル東京(アークヒルズ内)

中部 編集

 
ホテルインディゴ犬山有楽苑

近畿 編集

  • ANAクラウンプラザホテル京都
    【経営/運営】裕進観光 【契約】フランチャイズ
    1986年(昭和61年)6月開業。2013年(平成25年)2月1日に「京都全日空ホテル」よりリブランド。
  • インターコンチネンタルホテル大阪
    【経営】IHG Japan Management 合同会社 【運営】IHG Japan Osaka 合同会社
    2013年6月5日開業。世界中でも数少ないIHG直営。
  • ANAクラウンプラザホテル大阪
    【所有】ダイビル、【経営】GHS株式会社 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2008年(平成20年)10月1日に大阪全日空ホテルよりリブランド。開業時から1995年(平成7年)3月までは「大阪全日空ホテル シェラトン」と称していた。
    かつてホテルの敷地には大阪テレビ放送の社屋・スタジオがあり、朝日放送に合併後も1966年(昭和41年)まで使われていた。
  • ANAクラウンプラザホテル神戸
    【経営】株式会社新神戸ホールディング 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2010年(平成22年)1月20日に「クラウンプラザ神戸」(旧:新神戸オリエンタルホテル)よりリブランド。
  • ホリデイ・イン大阪難波
    【経営/運営】オーダブリュー・ホテル・オペレーションズ(ホテルマネージメントジャパン傘下)【契約】フランチャイズ
    2008年(平成20年)4月開業。2016年(平成28年)11月1日に「ホテルビスタグランデ大阪」よりリブランド[PR 10]
  • ホリデイ・イン&スイーツ新大阪
    【経営/運営】新大阪ホスピタリティ合同会社 (パシフィカ・キャピタル傘下) 【契約】フランチャイズ
    2020年 (令和2年) 10月1日に「オークウッドホテルズ&アパートメンツ新大阪」よりリブランド
  • ホリデイ・イン エクスプレス大阪シティセンター御堂筋
    【経営】BPEAリアルエステート 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2021年 (令和3年) 12月15日に開業。閉鎖されたThe b 大阪御堂筋の跡地に居抜きで入居。
  • voco大阪セントラル
    【経営】UDホスピタリティマネジメント 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    大阪市西区に2023年5月30日開業[PR 11]。日本では初のvocoブランドとなる。
  • リーガロイヤルホテル(大阪)
    【経営】ベントール・グリーンオーク 【運営】ロイヤルホテル 【契約】フランチャイズ
    2023年6月30日に加盟[PR 12][7]。2023年8月現在改装を進めており、改装後は国内では初となるヴィニェット コレクションホテル「リーガロイヤルホテル(大阪) ヴィニェット コレクション」となる。

中国 編集

 
ANAクラウンプラザホテル広島
  • ANAクラウンプラザホテル米子
    【経営/運営】ホテルマネージメント米子【契約】フランチャイズ
    2003年(平成15年)6月開業。2017年(平成29年)10月1日に「米子全日空ホテル」からリブランド。
  • ANAクラウンプラザホテル岡山
    【経営】株式会社レイ 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2005年(平成17年)8月27日開業。2015年(平成27年)9月1日に「岡山全日空ホテル」からリブランド。
  • ANAクラウンプラザホテル広島
    【所有】星野リゾート・リート投資法人 【経営】ホライズン・ホテルズ(星野リゾートグループ) 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    1983年(昭和58年)9月に開業。2007年(平成19年)12月3日に「広島全日空ホテル」からリブランド。
  • ANAクラウンプラザホテル宇部
    【経営/運営】ユービーイーホテルズ 【契約】フランチャイズ
    1983年(昭和58年)開業。2011年(平成23年)12月1日に「宇部全日空ホテル」からリブランド[PR 13]

四国 編集

九州 編集

  • ANAクラウンプラザホテル福岡
    【所有】福岡地所 【経営】株式会社ホライズン・ホテルズ(星野リゾートグループ) 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    2008年(平成20年)12月4日に「博多全日空ホテル」よりリブランド。
  • ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル
    【経営/運営】株式会社グラバーヒル 【契約】フランチャイズ
    ※旧長崎東急ホテル
    2012年(平成24年)1月23日に「長崎全日空ホテルグラバーヒル」よりリブランド[PR 14]
  • ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ(2019年8月1日開業)
    【所有/経営】東京センチュリー 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    別府八湯の1つである明礬温泉近くの高台に開業のホテル[8]。89室を備え、インフィニティプールや露天風呂、温泉施設などを備えたラグジュアリーリゾート。
    開業時は経営はGHS株式会社だったが、2022年10月1日付けで経営が施設所有者である東京センチュリーに移管され、所有と経営が一体化された。
  • ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
    【経営/運営】株式会社ニュースカイホテル 【契約】フランチャイズ
    2014年(平成26年)4月16日に「熊本全日空ホテルニュースカイ」よりリブランド。
  • ANAホリデイ・イン リゾート宮崎
    【経営】青島リゾート株式会社(宮崎交通グループ) 【運営】IHG・ANA【契約】マネジメント
    1996年(平成8年)7月開業。2013年(平成25年)7月16日に、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社とのフランチャイズ契約を締結し、「青島パームビーチホテル」よりリブランド[PR 15]。国内初のホリデイ・インリゾートブランド。

沖縄 編集

 
万座ビーチホテル&リゾート
 
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ミクロネシア 編集

  • クラウンプラザリゾート グアム
    【経営】Tan Holdings 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
  • クラウンプラザリゾート サイパン
    【経営】Asia Pacific Hotels Inc. 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント

韓国 編集

現在はIHG・ANAは韓国のホテルとは無関係

新規オープン予定 編集

  • ANAインターコンチネンタル美らSunリゾート (沖縄県豊見城市)
    【経営】CHC Ryukyu 【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
     2025年度開業予定。台湾嘉新セメントグループが那覇空港至近の豊崎海浜公園周辺に建設する。[PR 16]
  • シックス・センシズ京都東山 (京都府京都市)
    【経営】ホテルWマネジメント【運営】IHG Japan Management 合同会社 【契約】マネジメント
    不動産投資企業のウェルス・マネジメントと投資会社キーストーン・パートナースが共同出資する株式会社ホテルWマネジメントが京都市東山区のホテル東山閣(2019年12月営業終了)跡地を開発。[PR 17]
  • シックス・センシズ箱根強羅 (神奈川県箱根町)
    【経営】ホテルWマネジメント【運営】IHG Japan Management 合同会社 【契約】マネジメント
    [PR 18]
  • シックス・センシズ北海道ニセコ (北海道虻田郡倶知安町)
    【経営】ホテルWマネジメント【運営】IHG Japan Management 合同会社 【契約】マネジメント
    [PR 19]
  • リージェント京都 (京都府京都市左京区)
    左京区岡崎料亭を改修して2025
    年に開業する計画がある。料亭の岡崎つる家は吉田五十八の設計による近代数寄屋建築で、1928年に昭和天皇即位の礼に合わせて開業した。植熊による池泉回遊式庭園琵琶湖疏水から引いた水を利用している。[9]
  • ホテルインディゴ長崎グラバーストリート (長崎県長崎市)
    長崎県長崎市に2024年冬開業予定。森トラストとパートナーシップを締結した初のホテルとなる[PR 20]。また、西日本では初のホテルインディゴブランドともなる。
  • インターコンチネンタル札幌 (北海道札幌市)
    アクサ生命保険が札幌で進めている「アクサ札幌中島公園プロジェクト」の上層階に入居し、2025年秋に開業予定。札幌では初の外資系ラグジュアリーホテルとなる[PR 21]
  • voco広島
    【経営】サムティ【運営】IHG・ANA 【契約】マネジメント
    サムティがIHG・ANAと初めて運営受託契約を締結したホテル[PR 22]。2027年開業予定。vocoブランドとしてはvoco大阪セントラルに次いで2件目となる。

過去に営業・提携していたホテル 編集

全日空ホテルズではないインターコンチネンタルホテルズグループ傘下のホテル(ホリディ・イン等)については

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ “星野リゾート、4つのANAクラウンプラザホテルを買収”. 日本経済新聞. (2015年7月27日). http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASDZ27H4H_27072015EAF000 2015年7月27日閲覧。 
  2. ^ ANAクラウンプラザホテル千歳、新館を4月28日にオープン 新設レストランもTraicy(2017年1月26日)2017年1月29日閲覧
  3. ^ “成田に10番目の大型ホテル完成”. 千葉日報 (千葉日報社). (1989年6月20日) 
  4. ^ “「ANAクラウンプラザ」に名称変更 成田全日空ホテル”. 千葉日報 (千葉日報社). (2007年12月18日) 
  5. ^ 英インターコンチ、新宿に新ブランドホテル 日本経済新聞 2018年7月19日
  6. ^ 箱根に日本初進出ブランド、「ホテルインディゴ」  英インターコンチ 交流型に 日本経済新聞 2017年11月22日
  7. ^ IHG ホテルズ&リゾーツ、1,000 室を持つ由緒あるホテルとの契約締結を予定している旨の発表、大阪にヴィニェット コレクションが誕生 - IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2023年1月20日(2023年1月22日閲覧)
  8. ^ “インターコンチネンタル別府 8月1日にオープン”. 大分合同新聞. (2019年4月18日). オリジナルの2019年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190420132501/https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/04/18/123907600 2019年4月20日閲覧。 
  9. ^ “エリザベス女王ら利用、京都の老舗料亭に高級ホテル 英大手が24年中に開業”. 京都新聞. (2021年8月10日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/615502 
  10. ^ 山形「ホテルキャッスル」閉館へ 建物老朽化、年内限り”. 山形新聞 (2023年1月17日). 2023年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月18日閲覧。
  11. ^ 朝日新聞 2001年10月23日付記事

広報資料・プレスリリースなど一次資料 編集

  1. ^ ANAホールディングス株式会社 2021/3期 有価証券報告書 p.11
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ ANAホリデイ・イン札幌すすきの、2014年4月21日(月)にリブランドオープン”. IHG・ANA・ホテルズグループジャパン (2014年4月21日). 2014年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月12日閲覧。
  5. ^ 2022 年 2 月 25 日、ANA インターコンチネンタル安比高原リゾート、本日開業” (PDF). ANA IHG Hotels (2022年2月25日). 2023年1月7日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG) 日本初上陸のラグジュアリー・ブティックホテル・ブランドとなる「キンプトン東京・新宿」を2020年開業 IHG 2018年7月19日
  7. ^ 2020年春、国内2軒目となるホリデイ・インリゾートを黒部ダム・白馬エリアに開業”. IHG (2019年4月3日). 2019年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月9日閲覧。
  8. ^ 名鉄犬山ホテルを再開発、中部圏初「ホテルインディゴ」開業 ~インターコンチネンタルホテルズグループと提携~』(PDF)(プレスリリース)名古屋鉄道、2018年6月4日。 オリジナルの2018年6月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180605230609/http://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2018/__icsFiles/afieldfile/2018/06/04/release180604_hotel.pdf2018年6月25日閲覧 
  9. ^ 都心からわずか1時間の非日常リゾート「ホテルインディゴ軽井沢」が2022年2月17日開業” (PDF). ホテルインディゴ軽井沢 (2022年2月17日). 2023年1月7日閲覧。
  10. ^ 【ホリデイ・イン大阪難波】2016年11月1日(火)にリブランドオープン”. dot. (2016年11月1日). 2016年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  11. ^ IHGホテルズ&リゾーツ、プレミアムホテルブランドvocoの日本初進出を発表 2023年に「voco大阪セントラル」を開業』(プレスリリース)IHG・ANA・ホテルズグループジャパン、2022年6月22日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000380.000002364.html2022年6月30日閲覧 
  12. ^ 日本初の「ヴィニェット コレクション」誕生に向けて、リーガロイヤルホテル(大阪)がIHG ホテルズ&リゾーツに加盟 - IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2023年7月18日(2023年8月10日閲覧)
  13. ^ ANAクラウンプラザホテル宇部、12月1日より営業開始 国内で12軒目のANAクラウンプラザホテルとして、国内ネットワーク拡大へ”. IHG・ANA・ホテルズグループジャパン (2011年12月1日). 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月26日閲覧。
  14. ^ ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル、1月23日より営業開始 国内で13軒目のANAクラウンプラザホテルとして、国内ネットワーク拡大へ”. IHG・ANA・ホテルズグループジャパン. 2012年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月26日閲覧。
  15. ^ リブランドについてのご案内”. 青島リゾート. 2014年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月21日閲覧。
  16. ^ 美らSUNビーチエリアに沖縄県内3軒目となるインターコンチネンタルが2023年に開業』(PDF)(プレスリリース)IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社、2019年9月11日https://www.anaihghotels.co.jp/pdf/NewsRelease_20190911.pdf2021年3月2日閲覧 [リンク切れ]
  17. ^ 当社連結子会社 株式会社ホテルWマネジメントとIHG Japan Manegement 合同会社(インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ)との ホテル運営委託契約締結に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)ウェルス・マネジメント株式会社、2020年2月10日http://pdf.irpocket.com/C3772/ly8K/m4bF/x64L.pdf2021年3月2日閲覧 
  18. ^ 当社連結子会社 株式会社ホテルWマネジメントとIHG Japan Manegement 合同会社(インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ)との ホテル運営委託契約締結に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)ウェルス・マネジメント株式会社、2020年12月8日http://pdf.irpocket.com/C3772/j9N9/woYe/M4p4.pdf2021年3月2日閲覧 
  19. ^ 当社連結子会社 株式会社ホテルWマネジメントとIHG Japan Manegement 合同会社(インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ)との ホテル運営委託契約締結に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)ウェルス・マネジメント株式会社、2020年12月22日http://pdf.irpocket.com/C3772/oc0k/LoCJ/ZknU.pdf2021年3月2日閲覧 
  20. ^ IHGホテルズ&リゾーツ、森トラスト株式会社とパートナーシップ契約を締結 2024年、「ホテルインディゴ長崎グラバーストリート」を開業 - IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2023年5月24日(2023年5月25日閲覧)
  21. ^ IHGホテルズ&リゾーツ、2025年秋に「インターコンチネンタル札幌」を開業 - IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2023年5月18日(2023年5月25日閲覧)
  22. ^ IHGホテルズ&リゾーツ、サムティ株式会社と運営受託契約を締結 2027年、「voco 広島」を開業 - IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2024年3月27日(2024年3月28日閲覧)
  23. ^ ANA クラウンプラザホテル稚内、4 月 23 日(水)より営業開始』(PDF)(プレスリリース)ANAクラウンプラザホテル稚内、2014年4月23日http://www.anacpwakkanai.com/information/pressrelease0423.pdf2014年4月24日[リンク切れ]閲覧 
  24. ^ 全日空ゲートタワーホテル大阪の送客業務提携契約終了のお知らせ IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2011年7月1日[リンク切れ]
  25. ^ 全日空ゲートタワーホテル大阪の運営受託契約終了のお知らせ IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2011年(平成23年)6月30日[リンク切れ]
  26. ^ a b c フランチャイズ契約終了のお知らせ IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2011年10月31日[リンク切れ]
  27. ^ フランチャイズ契約終了のお知らせ IHG・ANA・ホテルズグループジャパン 2012年12月25日[リンク切れ]
  28. ^ ANAハーバーグランドホテルシドニー 売却に向け契約締結 ANA NEWS 2002年8月8日付

外部リンク 編集