ASCOD歩兵戦闘車(アスコッドほへいせんとうしゃ、Austrian Spanish Cooperation Development infantry fighting vehicle)は、オーストリアスペインが共同開発した履帯式装甲戦闘車両の一群である。オーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフ(Steyr-Daimler-Puch AG)社[2]とスペインのサンタ・バルバラ・システマス(Santa Bárbara Sistemas)社[3]との共同契約によって設計され、その後は分割統合などで再編された企業が引き続き、製造と向上型の計画を行っている。

ASCOD歩兵戦闘車
Museo de Unidades Acorazadas de El Goloso (8615978811).jpg
スペイン製のASCOD歩兵戦闘車「ピサロ」の試作車
基礎データ
全長 6.24m(26ft
全幅 3.64m(12ft)
全高 2.43m(8ft)
重量 28ロングトン(30.9ショートトン)
乗員数 3+8名
装甲・武装
装甲 装甲:全周方向7.62mm弾耐弾/最大14.5mm弾耐弾(射距離500m)
主武装 30mm機関砲MK30-2(最大205発搭載)
副武装 ピサロ
7.62mm汎用機関銃MG3(700発搭載)
ウラン
7.62mm汎用機関銃MG74
備考 生産国:
スペインの旗 スペイン
 オーストリア
機動力
整地速度 72km/h
エンジン MTU 8V-183-TE22
4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
600hp(ピサロ)/720hp(ウラン)
懸架・駆動 トーションバー懸架方式・履帯駆動(接地履帯長:3,990mm)[1]
行動距離 500km(路上走行時)
出力重量比 21(ピサロ)/25(ウラン)
テンプレートを表示

ASCODそのものは、スペインではPizarro(ピサロ)と呼び、オーストリアではUlanウラン)と呼んでいる。

ASCODファミリーには、装甲歩兵戦闘車型の他にも戦闘指揮車両型・砲兵観測車型・迫撃砲車両型・修理回修車両型・救急車両型・SAM発射車両型・ATM発射車両型・軽戦車型といったいくつかの派生型がある。

開発の経緯編集

ASCODは、オーストリアスペイン両陸軍で旧式となったM113装甲兵員輸送車のような軽装甲戦闘車両を代替するために設計された。

ピサロのオーストリア型であるウランは、彼らの重いレオパルト2A4戦車を柔軟に補完すると期待されている。

ウランは、早期にオーストリア軍へと配置され、特に今後一層重要度が増すと予見される国連による軍事活動を必要とする国際的な紛争地のような低強度紛争非対称戦の場で、将来長期に渡って効果的に用いられると期待される[4]

最初のASCODの試作車両は、1992年には準備され試験が行われた後、4年後には量産が可能になった[5]

ASCODは、オーストリアとスペイン両陸軍へ最新の装甲能力を付与するには最適のものだった。広い視点で見れば、ピサロ計画はスペインのM113装甲兵員輸送車・M60戦車、そして、M110 203mm自走榴弾砲を更新する"CORAZA"計画(Project Armour、装甲計画)の一部であった[6]。 同時期にオーストリアで行われた同様の更新計画があり、2005年にオーストリア陸軍は112両のウランを導入し[4]、スペインは144両(歩兵戦闘車型:123両、戦闘指揮車型:21両)を導入した[7]2004年にスペイン国防省はピサロを最大356両の購入予定の元に[1]、212両(歩兵戦闘車型:170両、戦闘指揮車型:5両、砲兵観測車型:28両、回収車型:8両、戦闘工兵車型:1両)を約7億ユーロ(707.5M Euros)発注した[8]

"Steyr-Daimler-Puch Spezialfahrzeuge"社では、ロシアBMP-3砲塔と追加の装甲を備える能力向上型の「ウラン2」を開発中である[9]2008年6月にGDELS(General Dynamics European Land Systems)社は、KMW社と共同でKMW社のAGMシステムを"ASCOD 2"の車台に統合した155mm自走榴弾砲であるドーナルの開発を明らかにした。 1両の試作車によって機動性射撃性の試験がドイツではじめられている[10]

武装・装甲編集

ASCODの基本形となる歩兵戦闘車型は、電気機械式の全旋回砲塔30mm機関砲MK30-2を備えている。この2軸安定化された30mm機関砲は、-10度から+5度まで仰俯角度を持ち、最大毎分800発で走行間射撃が行える。

また、副武装として機関砲同軸に7.62mm機関銃を備えており、30mm機関砲用には即応200発、予備205発(最大)、7.62mm機関銃用には即応700発、予備2,200発(最大)を搭載する[1]

この武装は、M2ブラッドレー歩兵戦闘車CV 90のそれに匹敵し、ノルウェーでの車両試験でも良好な結果であり、結局、スウェーデンCV 90が敗れた。この砲は、全対応デジタル弾道計算機と昼光/赤外線式、およびレーザー測距装置を備えたインドラ(Indra)からのMk-10射撃統制システムの将来型では新しいVC2熱光学式画像装置に対応する予定である[1]

装甲は、ピサロで最も厚い部分では射距離500mからの14.5mm弾にも耐えられるような厚い製の装甲箱で守られ[11]、全周方向では7.62mm弾に対する防護が可能な[1]、厳重な装甲が施されている。

さらに、砲塔の両側に各2基計4基の76mm×3発発煙弾発射機を備え、予備の煙幕弾も12発格納できる[1]。ピサロはまた、限定的な数ではあるがSABBLIR爆発反応装甲を備えており、さらに後には改良される可能性もある[5]。しかし、後付式の鋼鉄板だけでは30mm APDS弾に対する防護しか行えない[11]。追加での耐弾防護性能は、車体正面60度強の範囲での射距離1,000mの30mm APFSDS弾に対する防護が最大であり、全周方向では射距離500mの14.5mm API弾に対する防護が行える。

動力系・駆動系編集

ディーゼルエンジンは、ピサロが600hp(441kW, 2,300rpm)のMTU SV-183 TE22 8-V90を、ウランが720hp(530kW, 2,300rpm)のMTU 8V 1999を搭載しており、それぞれ出力重量比は21と25で、いずれも良好な機動性を提供している。

どちらも、Renk社製のHSWL 106C油圧機械式変速機と、全輪にトーションバーとトレーリングアーム式のサスペンションを備え、1番輪と6番輪はロータリー・ダンパーも備えている。最小旋回半径は7.9m[1]

ピサロは、前進では最大時速70Km、巡航時速50km、後退では最大時速35kmである[5][1]

派生型編集

ASCOD ピサロ編集

 
スペインの「ピサロ」歩兵戦闘車

ASCOD ピサロは、サンタ・バルバラ・システマスによって製造された。これには複数の派生型が存在する[5]

VCI/C(歩兵/騎兵車両)(Infantry/Cavalry Vehicle)
基本型。
VCPC(指揮車両)(Command Vehicle)
VCOAV(先進型偵察車両)(Vehículo de Observación Avanzada)
VCREC(回収車両)(Recovery Vehicle)
VCZ(工兵車両)(Engineering Vehicle)
LT-105
輸出市場用に設計された105mm主砲搭載の軽戦車。固有乗員3名+同乗者1名となる。-8度から+17度まで仰俯角度がとれる2軸安定化式の全周回砲塔に105×617mm主砲と7.62mm機関銃同軸に搭載する。主砲弾は即応16発、予備24発を、7.62mm機関銃弾は即応2,800発、予備1,800発を搭載する。81mm煙幕弾は、発射機2基×4発に加えて予備8発を搭載する[1]
オート・メラーラ(Oto Melara)社、ジェネラル・ダイナミクス(General Dynamics)社、そして、LIW社として知られデネル・エアロスペース・システムズ社を保有するデネルグループ傘下の"DenelLand Systems"社という、各々異なる製造者から3種の砲塔が用意されている[12]
タイ王国海兵隊用の本車は、デネル社の砲塔を採用する予定である[1]
ドーナル
KMW社のPzH2000自走榴弾砲を元にしたAGM砲塔と組み合わせた155mm自走榴弾砲[1]

ASCOD ウラン編集

 
オーストリアの「ウラン」

ASCOD ウランは、シュタイア・ダイムラー・プフ社によって製造される。本車は、より強力な530kWの出力を持つエンジンおよび"Kollsman"社製の射撃統制システムに変更されている[1]

ASCOD SV編集

 
ASCOD SV スカウトの試作車

ASCOD SV(または"ASCOD 2 SV"と呼ばれる)は、イギリス陸軍Specialist Vehicle Programmeに選ばれたASCODの派生型であり、ジェネラル・ダイナミクス UKが製造する予定である[13][14]。 今のところ、本プログラムのために4つの派生型が計画されている。

ASCOD SV(斥候型)(Scout Variant)
この計画での主な派生型となる。
  • ASCOD VCPC(装甲指揮車型)(Command Post Armoured Vehicle Variant)
  • ASCOD VCOAV(装甲前方偵察車両型)(Forward Reconnaissance Armoured Vehicle)
  • ASCOD ARV(装甲回収車型)(Armoured Recovery Vehicle)

ASCOD SVでは、次の改良を含めて計画されている[15]

本車両の重量は42トンになると見積もられている。

国防省は、陸軍向けのCVR(T)の後継車として「スカウトSV」という名称で本車の採用を決定し、7両の試作車と能力検証のためにGDUK社と500万ポンドの契約を交わした。予定通り開発と生産が進めば、第1バッチで400-589両、第2バッチで300両ほどが調達されることになる[16][17][18][19]

配備状況編集

ASCODは、スペインオーストリア両陸軍で任務に就いた[1]
イギリス陸軍は、最初のASCOD SVを受領する予定[13]

運用者編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Army Technology website on ASCOD
  2. ^ 1998年にシュタイア・ダイムラー・プフ社の重装甲車両生産部門が"Steyr-Daimler-Puch Spezialfahrzeug"という名称で分割売却され、これが現在の製造者である
  3. ^ Santa Bárbara Sistemas社はジェネラル・ダイナミクス社傘下のGeneral Dynamics European Land Systems社に吸収され、今では"GDELS"と呼ばれるジェネラル・ダイナミクス社の系列会社の1つである
  4. ^ a b Quod Vadis Armour?
  5. ^ a b c d Santa Bárbara Sistemas website on ASCOD
  6. ^ Candil, pg. 42
  7. ^ Principales Programas de Armamento de DGAM
  8. ^ Ministry of Defence
  9. ^ Military Today website on the Ulan
  10. ^ General Dynamics European Land Systems Press Release
  11. ^ a b Article (in Spanish) on Revistanaval.com
  12. ^ Denel Land Systems website describing the turret for ASCOD
  13. ^ a b Britain to buy GD UK Vehicles
  14. ^ General Dynamics UK team awarded contract to deliver Specialist Vehicle for British Army
  15. ^ ASCOD 2 data on the Army Recognition website
  16. ^ スカウトSV(Scout SV)はテレスコープ弾を発射するCTA インターナショナル社が開発した40mm機関砲CTAS(Cased Telescoped Cannon and Ammunition)を搭載した新型砲塔(ロッキードマーティン UK社開発)を備え、装甲の強化なども加わり約42トンとオリジナルのASCODに比べて約25%重量が増している
  17. ^ 清谷信一著「英陸軍の”装軌”戦闘偵察車 スカウトSV」『軍事研究2012年1月号』、ジャパン・ミリタリー・レビュー、ISSN 0533-6716
  18. ^ Revolutionary CTAI Weapon System to start qualification - BAE Systems (2012年2月8日閲覧)
  19. ^ Scout SV - General Dynamics UK (2012年2月8日閲覧)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集