メインメニューを開く

C62ニセコ号 (シーろくじゅうにニセコごう)とは、北海道旅客鉄道(JR北海道)の函館本線小樽駅 - ニセコ駅(当初は倶知安駅)間にて1988年昭和63年)4月29日から1995年平成7年)11月3日まで運行されていた、蒸気機関車 (SL) 牽引による臨時快速列車である。

C62ニセコ号
C62ニセコ号
C62ニセコ号
運行者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
列車種別 快速列車
運行区間 小樽駅 - ニセコ駅
経由線区 函館本線
使用車両 スハフ44形・スハシ44形客車苗穂運転所
C62 3(苗穂運転所)
運行開始 1988年4月29日
運行終了 1995年11月3日
備考 廃止時のデータ
テンプレートを表示
(函館本線小樽 - 余市間、1990年9月1日)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

「SLニセコ号」と呼ばれることもあったが、JR北海道はそのようには呼んでいない。

目次

概要編集

C62 3旧型客車スハフ44形4両とスハシ44形1両を牽引する編成で、鉄道事業者ではなく、北海道小樽市に本部を置き[1]設立した民間団体「北海道鉄道文化協議会」(鉄文協)が、一般個人や企業からの寄付を受けてSLの動態復元検査や列車の運転資金をまかない、鉄文協のボランティアが車内清掃や車内案内などを行うという形態で運行された。

産業文化財の保存を目指し、いたずらに華美な装飾を施したり、特別な車両を用いたりすることなく、極力現役時代の列車を再現する方針がとられた。

しかし、SLの全般検査の資金が確保できないことが判明した上、運行に必要な費用の確保もままならなくなった。このため、鉄文協では1995年度に行う10日間の運行をもって運転を終了することを決定し、同年11月3日の運転を最後に廃止された。1996年(平成8年)に鉄文協も解散した。日本の産業文化財の保存に対する意識の低さが露呈した事例であった。

その後、JR北海道は、自社の手により1999年(平成11年)にSLの動態保存と列車の運行を再開したが、SLは小型で維持費用も安いタンク式C11形となった。

停車駅編集

小樽駅 - 余市駅 - 仁木駅 - 小沢駅 - 倶知安駅 - ニセコ駅

当初は小樽 - 倶知安間の運転で、1990年(平成2年)5月3日からニセコ駅まで延長された。午前中に小樽駅を出発し、午後に小樽駅に戻るダイヤとなっており、全区間の所要時間は約2時間であった。

この区間は札幌 - 長万部間にある2つのルートのうち「山線」と呼ばれる区間で、1971年(昭和46年)までは「C62ニセコ号」と同様、C62形がスハ45形やスハフ44形などを牽引する急行ニセコ」が運行されていた[2]

使用車両編集

編成は以下のとおり。ニセコ方が1号車。全車普通車指定席

C62 3は小樽市の北海道鉄道記念館[3]に保存されていたものを苗穂工場で修復し、車籍を復活させた。

客車5両は国鉄時代から使用され、保留車としてJR北海道に承継されたものである。塗装は従来の青15号のままとされた。編成中間に連結される1両はカフェカーとなり、レトロ調のカフェを設置し、主要スポンサーでもあったUCC上島珈琲のコーヒーが販売された。SL・客車ともにカフェ部分以外は大きく手を加えられなかった。

SL・客車ともすべて1996年[4]に車籍が抹消された。C62 3は苗穂工場で静態保存されている。スハフ44 6・7は北海道ワイン株式会社で保存されている。スハフ44 11・27はユニトピア川端パークゴルフ場のレストハウスとして使用されている。スハシ44 1は1999年(平成11年)に再整備のうえ車籍復活し、「SLすずらん号」で使用されるようになった。

ヘッドマーク編集

通常、ヘッドマークは使用されなかったが、下記の2種類のヘッドマークが使用されたことがあった。

  • 1988年7月26日ニセコの風景が描かれており、「SLC62 ニセコ」と横書きで書かれたヘッドマークを装着して運転された。
  • 1989年(平成元年)12月3日、鉄道友の会エバーグリーン賞を受賞し、記念ヘッドマークを装着して運転された。1995年11月2日の運行でも同じヘッドマークを装着して運転された。

登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ その後、主要スポンサーであった札幌市ハドソン(現在はコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併され現存せず)本社内に移転した。
  2. ^ 「ニセコ」自体は1971年から機関車をディーゼル機関車に代えて1986年まで運行されていた。
  3. ^ 現在の小樽市総合博物館の前身。
  4. ^ 一部のウェブサイトや文献では、C62 3の車籍が抹消されたのは2000年(平成12年)となっていることもあるが、誤りである

参考文献編集

関連項目編集