J.FC MIYAZAKI(ジェイ・エフシーみやざき) は、宮崎県児湯郡都農町を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

J.FC MIYAZAKI
原語表記 J.FC MIYAZAKI
呼称 J.FC MIYAZAKI
クラブカラー     浅葱色
創設年 2014年
所属リーグ 九州サッカーリーグ
ホームタウン 宮崎県児湯郡都農町
ホームスタジアム 都農町藤見総合運動公園陸上競技場
収容人数 3,100
運営法人 株式会社J.FC宮崎
代表者 日本の旗 宮城亮
監督 日本の旗 菅原太郎
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社J.FC宮崎
種類 株式会社
市場情報 (非上場)
本社所在地 日本の旗 日本
889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北1142-1
設立 2015年2月9日
業種 サービス業
法人番号 2350001013245
事業内容 サッカークラブ及びサッカースクールの運営
代表者 宮城亮(代表取締役社長)
資本金 100万円
外部リンク http://jfc-miyazaki.com/wp/
テンプレートを表示

概要編集

2014年
3月鵬翔高校監督の松﨑博美がサッカーを通して、「宮崎県民を元気にしたい」「子供たちに夢をあたえたい」との思いから、前年まで活動していた「宮崎産業経営大学FC」(鵬翔高校と同じく大淀学園が設立した宮崎産業経営大学サッカー部の社会人登録チーム。かつてJリーグを目指していたエストレーラ宮崎の受け皿として2010年に設立)を母体に設立された[1]。監督には大学サッカー部のコーチでもあった笛真人が就任した。
宮崎県リーグ1部で全勝優勝。九州各県リーグ決勝大会ではPK戦の末、NIFS KANOYA FCに勝利し九州リーグへ昇格した。
2015年
笛体制2年目。
初参戦の九州リーグは10勝1PK勝4PK負3敗の3位。
天皇杯では、宮崎県予選で準決勝・ホンダロックSCを3-0、決勝はテゲバジャーロ宮崎をPK戦の末勝利し初出場を果たす。本戦1回戦は北九州に敗れた。第51回全国社会人サッカー選手権大会は1回戦で敗退した。笛はこの年限りで監督を退任し、総監督に異動した。
2016年
長友耕一郎が選手兼任で監督に就任[2]。選手面では、前年所属した選手32名中、DF愛甲光ら23名が退団した(途中退団含む)。一方で、テゲバジャーロ宮崎からGK村尾龍矢ヴェルスパ大分からDF福元考佑ら22名を獲得し、選手総入れ替えとなった。
九州リーグで初優勝。初出場となった全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016は一次ラウンドで敗退した。
2017年
与那城ジョージが監督に就任[3]、長友は現役を退き、トップチームコーチ及びU-18コーチに就任した[2]。選手面では、MF村山充ら18名が退団したが、テゲバジャーロ宮崎からDF山口直大ブラジル・サンパウロ州選手権ECノロエスチからFWブルーノ・アレシャンドレ・ロドリゲスら17名を獲得した(途中加入含む)。
優勝したテゲバジャーロ宮崎にシーズンダブルを許し、15勝2PK勝3敗の2位でフィニッシュ。第53回全国社会人サッカー選手権大会JAPANサッカーカレッジに1 - 2で敗れて1回戦敗退に終わった。
2018年
与那城体制2年目。DFラファエル・カエタノ・デ・アルメイダ北海道十勝スカイアースに移籍)ら19名の選手が退団したが、Y.S.C.C.横浜からMF小笠原賢聖鳥取からFW黒津勝ら13名を獲得した。
同年から九州リーグに昇格した沖縄SVに前半戦を先行されたものの、後半戦の直接対決で勝利し逆転で首位浮上し、そのまま首位を譲らず優勝、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018に出場し、1次ラウンドではグループBで鈴鹿アンリミテッドFCと勝点で並び得失点差で2位となるものの、2位最上位のワイルドカードで決勝ラウンド進出。しかし決勝ラウンドでは、初戦の鈴鹿戦、2戦目の松江シティFC戦と連敗した時点で3位以下が確定、翌年のJFL昇格を逃した。
2019年
与那城体制3年目。前年加入したMF小笠原賢聖(東京ユナイテッドFCに移籍)ら12名が退団した。一方で、テゲバジャーロ宮崎からDF川上典洋FCマルヤス岡崎からFW松本祐樹ら12名を獲得した(途中加入含む)。
15勝1PK負2敗でリーグ2位フィニッシュ。第55回全国社会人サッカー選手権大会栃木シティFCに1 - 3で敗れて1回戦敗退となり、2年連続の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ出場はならなかった。
8月7日、J.FC MIYAZAKIと都農町、一般社団法人ツノスポーツコミッションとの間で、「つの職育プロジェクトに関する協定」を締結した[4]
2020年
この年より、ホームタウンを宮崎市から児湯郡都農町に移転[5]、クラブカラーも緑(   )とサックスブルー(   )から浅葱色(   )に変更した[6]
与那城が前シーズン限りで退任[7]、後任に奈良クラブのコーチの菅原太郎を招聘した[8]。選手面では、前シーズン所属した選手26名中、MFヒューエル・オリベイラ湘南ベルマーレに移籍)やDF佐野裕哉Cento Cuore HARIMAに移籍)ら23名が退団・引退した。一方で、山形からDF古部健太藤枝MYFCからMF大竹隆人・MF北川滉平谷口堅三ら21名を獲得する総入れ替えを行い、チームを一新した。

J.FC MIYAZAKIの「J」は、「Jリーグを目指す」と「Jump~宮崎から全国へ飛躍する」に由来している[9]

戦績編集

「宮崎産業経営大学FC」時代の戦績については、宮崎産業経営大学サッカー部#戦績を参照

年度 所属 順位 勝点 試合 PK勝 PK負 天皇杯 監督
2014 宮崎県1部 優勝 24 9 8 - 0 - 0 56 7 49 -   笛真人
2015 九州 3位 36 18 10 1 - 4 3 41 23 18 1回戦敗退
2016 優勝 25 9 8 0 - 1 0 22 6 16 県予選敗退   長友耕一郎
2017 2位 49 20 15 2 - 0 3 47 15 32    与那城ジョージ
2018 優勝 49 18 16 0 - 1 1 56 13 43
2019 2位 46 18 15 0 - 1 2 49 15 34
2020 18 -   菅原太郎

タイトル編集

リーグ戦編集

所属選手・スタッフ編集

2020年

スタッフ編集

役職 名前 前職 備考
監督   菅原太郎 奈良クラブ コーチ 新任
コーチ   和阪太治 奈良クラブジュニアユース コーチ 新任
  ドウグラス・ドス・サントス   FCヴェレポルトガル語版 コーチ 新任
GKコーチ   カルロス・ベルナルデス   トレドECポルトガル語版 GKコーチ 新任

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 21   佐藤隼 鈴鹿アンリミテッドFC 新加入
30   三善真司 デッツォーラ島根EC 新加入
DF 2   児玉響 四日市大学 新加入
3   マルセロ・カゼミーロ   CEウニオンポルトガル語版 新加入
4   木原昌勲   セント・ジョージズFC英語版 新加入
5   尾崎就斗 東海学園大学
17   古部健太 モンテディオ山形 新加入
20   坂下央晃 静岡産業大学 新加入
22   深谷颯太 沖縄SV 新加入
24   木下壮一   サンカルロスFC 新加入
27   岩切龍二   クロイドン・キングスFC英語版 新加入
28   藤田麗生   トレドECポルトガル語版 新加入
MF 6   与那城智希 FC琉球 新加入
7   大竹隆人 藤枝MYFC 新加入
8   曽我部慶太 奈良クラブ 新加入
10   北川滉平 藤枝MYFC 新加入
14   瀬戸康平 品川CC横浜 新加入
15   山田敦也 ルネス学園甲賀SC 新加入
16   黒木海音 九州保健福祉大学 新加入
18   西山明輝 鹿児島ユナイテッドFC U-18 新加入
23   近藤智耶 愛知学院大学 新加入
25   山内隆司 CUPS 聖籠 新加入
29   兼末貴人 MSGソニャトーレFC 新加入
34   藏坪行秀 J.FC MIYAZAKI U-18 新加入
FW 9   谷口堅三 藤枝MYFC 新加入
11   鈴木将馬 常葉大学
13   白坂拓也   FCアイゼナハドイツ語版
19   田村健 大阪体育大学 新加入

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  • 2014年 - 2019年      緑、     サックスブルー
    • は「宮崎の自然」を、サックスブルーは「宮崎の海」をイメージしたものである。
  • 2020年 -     浅葱色
    • 宮崎県の「神話」、「若者」、「育成」、「農」をイメージしたものである。

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
シフトプラス SHIFT PLUS 2019年 - 2019年は背中下部
(「SHIFT PLUS - ask yourself -」表記)
鎖骨 なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
都農町 つの
100
TSUNO TOWN
100th ANNIVERSARY
2020年 -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー遍歴編集

  • 2014年 - 2019年 PUMA
  • 2020年 - XF

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2014 - - -/
明治安田生命
- 宮崎
産業経営大学
- PUMA
2015 -/
MSG
カレッジリーグ
明治安田生命 mrt
宮崎放送
2016 MSG
カレッジリーグ
-
2017
2018 21フィットネスクラブ
スイミングスクール
2019 SHIFT PLUS
- ask yourself -
ローストチキン
コオロギ
2020 SHIFT PLUS - - つの
100
TSUNO TOWN
100th ANNIVERSARY
- XF

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Jリーグ参入へ新クラブ 松崎監督(鵬翔)が設立へ”. 宮崎日日新聞. 2016年5月29日閲覧。
  2. ^ a b U-18新設のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2016年12月28日). 2017年2月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  3. ^ 与那城ジョージ氏 監督就任のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2016年12月19日). 2016年12月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  4. ^ つの職育プロジェクトに関する協定締結のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2019年8月7日). 2020年3月30日閲覧。
  5. ^ ホームタウン移転および事務所移転のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2020年3月20日). 2020年3月30日閲覧。
  6. ^ クラブカラーの変更および2020シーズンクラブスローガン決定のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2020年3月21日). 2020年3月30日閲覧。
  7. ^ “与那城 ジョージ監督 契約満了に伴う退任のお知らせ” (プレスリリース), J.FC MIYAZAKI, (2019年11月7日), http://jfc-miyazaki.com/wp/2019/11/07/%e4%b8%8e%e9%82%a3%e5%9f%8e-%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%9b%a3%e7%9d%a3-%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%ba%80%e4%ba%86%e3%81%ab%e4%bc%b4%e3%81%86%e9%80%80%e4%bb%bb%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89/ 2019年11月7日閲覧。 
  8. ^ トップチーム監督就任のお知らせ”. J.FC MIYAZAKI (2020年1月24日). 2020年3月30日閲覧。
  9. ^ ジェイエフシー ミヤザキ”. J.FC MIYAZAKI. 2018年7月30日閲覧。

外部リンク編集