メインメニューを開く

JAPANNEXT

東京都千代田区の企業

株式会社JAPANNEXT(ジャパンネクスト)は、東京都千代田区外神田に所在する企業[1][2]4Kなどの高精細な画面解像度に対応しつつも、低価格な液晶ディスプレイ製品を取り扱っていることで知られる[3][4]

株式会社JAPANNEXT
Uchida Building (Akihabara).jpg
本社が入所する秋葉原・内田ビル
種類 株式会社
本社所在地 101-0021
東京都千代田区外神田1丁目9-9[1][2]
設立 2006年3月[1]
法人番号 8040001060098
事業内容 液晶ディスプレイ電子機器製品の取り扱い[1]
代表者 ベッカー サムエル(代表取締役[1]
資本金 9,900万[1]
外部リンク japannext.net
テンプレートを表示

本項では同社ECサイトを運営している、千葉県長生郡一宮町に所在する株式会社ATLANTIS[5](アトランティス[6])についても触れる。

沿革編集

  • 2006年(平成18年)3月 - 会社設立[1]
  • 2011年(平成23年)6月 - 「株式会社ATLANTIS」設立[7]。同年11月17日、「JAPANNEXT」を商標出願(のちに抹消[8])。
  • 2014年(平成26年)12月15日 - 「株式会社ATLANTIS」(当時、千葉県長生郡一宮町一宮2886-2、代表取締役社長 ベッカー サムエル)が、「JAPANNEXT」ブランドの27型WQHD液晶ディスプレイ「JN-IPS27WQHD-B」を発売[7]
  • 2015年(平成27年)11月20日 - 「JAPANNEXT」を商標出願[9]
    • 12月21日 - 「青桜株式会社」から現社名の「株式会社JAPANNEXT」へと改称[2]
    • 12月24日 - 所在地を千葉県長生郡一宮町東浪見7530番地から東京都千代田区岩本町1丁目3-1に変更[2]
  • 2016年(平成28年)2月1日 - 28型4K液晶ディスプレイ「JN-T280UHD」発売。初回販売価格を4万円台半ばに設定[10]。同年5月17日には後継製品「JN-T2820UHD」発売[11]
  • 2017年(平成29年)2月7日 - 世界初、49型4K湾曲液晶ディスプレイ「JN-VC490UHD」発売[12]
  • 2018年(平成30年)4月14日 - ビックカメラと共同開発した27型液晶ディスプレイ「JN-IPS270WQHD」がビックカメラ・コジマソフマップ店舗で発売[13]
  • 2019年(平成31年)2月26日 - HDR対応86型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS8600UHDR」および同75型「JN-IPS7500UHDR-KG」発売[14]
  • 2019年(令和元年)6月11日 - USB Type-C対応15.6型FHDモバイル液晶ディスプレイ「JN-MD-IPS1506FHDR」発売[15]
    • 7月25日 - 所在地を現在の場所へと変更[2]

事業所編集

内田ビルの位置
  • 株式会社JAPANNEXT(法人番号8040001060098
    • 本店又は主たる事務所の所在地 - 東京都千代田区外神田1丁目9-9[1][2][注 1]
    • 液晶ディスプレイ CS部 - 千葉県長生郡一宮町一宮2114-64[1]
  • 株式会社ATLANTIS(法人番号2040001060475
    • 本店又は主たる事務所の所在地 - 千葉県長生郡一宮町東浪見7530番地[17](ただしウェブサイト上では「東浪見7294-2」と表記[5]

評価編集

価格.comプロダクトアワード2017 パソコン周辺機器部門 液晶モニタ・液晶ディスプレイの分野において、31.5型WQHD液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」が金賞、49型4K湾曲液晶ディスプレイ「JN-VC490UHD」が銀賞を受賞した。 獲得した評価ポイントはそれぞれ3,684ポイント・3,671ポイントで、次点の他社製品に対し500ポイント以上の差を付けてのダブル受賞となった[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 会社所在地には6階建て鉄骨鉄筋コンクリート構造オフィスビル「内田ビル」が立地する。JR秋葉原駅から徒歩3分、地下鉄秋葉原駅末広町駅神田駅からは徒歩6 - 7分である[16]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 会社概要”. JAPANNEXT. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 法人番号公表サイト 株式会社JAPANNEXT”. 国税庁. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ 貝塚 (2016年5月12日). “あまりにも安い! 実売4万円台の28型4Kディスプレーが17日発売”. ASCII.jp×デジタル (角川アスキー総合研究所). https://ascii.jp/elem/000/001/161/1161820/ 2019年10月2日閲覧。 
  4. ^ 鳥居一豊 (2016年5月28日). “5万円以下でも買える! 安いPC用4Kモニターをテレビにする”. ASCII.jp×デジタル (角川アスキー総合研究所). https://ascii.jp/elem/000/001/169/1169186/ 2019年10月2日閲覧。 
  5. ^ a b 特定商取引に関する法律に基づく表示”. ATLANTIS. 2019年10月2日閲覧。
  6. ^ a b プロダクトアワード2017 パソコン周辺機器部門 液晶モニタ・液晶ディスプレイ”. カカクコム. 2019年10月4日閲覧。
  7. ^ a b 株式会社ATLANTIS (2015年1月8日). “アットプレス「ATLANTISが27型ワイドWQHD モニター(2,560×1,440ドット) 「JN-IPS27WQHD-B」発表」”. ソーシャルワイヤー. 2019年10月2日閲覧。
  8. ^ 特許情報プラットフォーム 商願2011-082842”. 工業所有権情報・研修館 (2018年10月3日). 2019年10月2日閲覧。
  9. ^ 特許情報プラットフォーム 商願2015-114685”. 工業所有権情報・研修館 (2017年2月15日). 2019年10月2日閲覧。
  10. ^ 劉尭 (2016年1月20日). “JAPANNEXT、実売44,440円の28型4Kディスプレイ”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/739881.html 2019年10月2日閲覧。 
  11. ^ 佐藤岳大 (2016年5月12日). “JAPANNEXT、実売4.5万円を切る28型4K液晶ディスプレイ”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/756988.html 2019年10月2日閲覧。 
  12. ^ 劉尭 (2017年2月1日). “JAPANNEXT、世界初の4K対応49型湾曲ディスプレイ”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1042000.html 2019年10月2日閲覧。 
  13. ^ 佐藤岳大 (2018年4月13日). “ビックカメラ、約3万円の27型WQHD液晶”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1116990.html 2019年10月2日閲覧。 
  14. ^ 中村真司 (2019年2月26日). “JAPANNEXT、86型と75型の4K HDR対応IPS液晶”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1171703.html 2019年10月2日閲覧。 
  15. ^ 佐々木翼 (2019年5月23日). “JAPANNEXT、USB Type-C/フルHD対応の15.6型モバイルディスプレイ”. PC Watch (インプレス). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1186278.html 2019年10月4日閲覧。 
  16. ^ オフィサイト 内田ビル”. アドマイアー. 2019年10月2日閲覧。
  17. ^ 法人番号公表サイト 株式会社ATLANTIS”. 国税庁. 2019年10月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集