メインメニューを開く

JR九州リテール株式会社(ジェイアールきゅうしゅうリテール)は、九州旅客鉄道(JR九州)の物販部門を担当する子会社である。

JR九州リテール株式会社
JR Kyushu Retail Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1番14号
設立 1996年2月1日
業種 小売業
法人番号 1290001013566
事業内容 詳細は事業概要を参照
代表者 代表取締役社長 本郷譲
資本金 4億9,000万円(2012年7月1日)
売上高 287億300万円(2011年3月期)
従業員数 約1,790名(2012年7月1日)
決算期 3月
主要株主 九州旅客鉄道株式会社(100%)
外部リンク http://www.jr-retail.co.jp/
特記事項:各種指標は会社概要による。
テンプレートを表示

コンビニエンスストアファミリーマート」のエリアフランチャイズ事業および駅売店「キヨスク」事業を柱とする。

目次

沿革編集

  • 1987年昭和62年)
    • 2月 - 生活列車1号店(二日市駅店・後にam/pmを経てファミリーマートへ転換)開店。
    • 6月 - JR九州鉄道弘済会の合弁で、九州エリアのキヨスク運営を担当する会社として「九州キヨスク株式会社」設立[1]
  • 1996年平成8年)2月1日 - JR九州の物販部門を分社化し、同社の完全子会社ジェイアール九州リーテイル株式会社」として設立[2]
  • 1999年(平成11年)
    • 2月 - エーエム・ピーエム・ジャパンとエリアフランチャイズ契約締結。
    • 6月29日 - am/pm九州1号店(博多駅 店)開店。博多駅付近を襲った水害によりこの日は営業開始から5時間で営業を終了している。
  • 2005年(平成17年)7月1日 - 九州キヨスク株式会社と合併し、商号をJR九州リテール株式会社に変更[2]
  • 2006年(平成18年)4月 - 福岡市交通局地下鉄駅構内の売店「fショップ」の運営を受託[3]
  • 2009年(平成21年)10月23日 - 株式会社ユニクロとの業務提携の第1号店として、博多デイトス内に九州初の駅型小型店「ユニクロ博多デイトス店」を開店[4]
  • 2010年(平成22年)
    • 6月4日 - 九州地区の「am/pm」および「生活列車」店舗を2011年までに[要出典]ファミリーマートへ転換、新規出店もファミリーマートとして行うことで、株式会社ファミリーマートと基本合意を締結[5]
    • 7月9日 - ファミリーマートとの基本合意に基づき、同社と共同エリア・フランチャイズ契約を締結[6]
  • 2011年(平成23年)7月25日 - 本社および博多支店を現在地(福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1番14号)に移転[7]
  • 2017年(平成29年)2月22日 - 「兄弟会社」JR九州ドラッグイレブンとの共同運営店舗として同社北方店(北九州市小倉南区)をリニューアルオープン[注釈 1]

経営機構編集

経営陣編集

代表取締役1名のもと、以下の役員を置いている[8]

  • 代表取締役社長1名
  • 専務取締役1名
  • 常務取締役2名
  • 取締役7名(うち非常勤の1名はJR九州の代表取締役専務を兼務[9]
  • 監査役1名

組織編集

事業部門では事業本部と事業部をそれぞれ2つ設置しており、そのほか管理部門として3部を設置している[10]

  • コンビニエンス事業本部
  • 専門店事業本部
  • ファッション・コスメ事業部
  • 自販機事業部
  • 経営企画部
  • 店舗開発部
  • 総務部
  • 経理部

事業拠点編集

5支店を設置している[10]。各支店連絡先等の詳細は「『会社概要』10ページ」を参照。

  • 本社(福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1番14号)
    • 支店 - 長崎支店、大分支店、熊本支店、鹿児島支店

事業概要編集

JR九州リテールでは、以下の4事業を主な事業内容としている[8]

コンビニエンス事業
コンビニエンス事業としては、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の共同エリアフランチャイザーとして、九州地方におけるエリアフランチャイズを行っているが、宮崎県および鹿児島県についてはJR九州駅構内に所在する店舗のみを担当し、それ以外は南九州ファミリーマートのフランチャイジーとなっている[11]。JR九州リテールが運営するファミリーマートの店舗では、一部店舗を除き看板の店舗名表示の左側に同社のロゴマークを掲示している(画像参照)。
かつては「am/pm」の九州地区におけるエリアフランチャイズ事業、および独自のコンビニエンスストアブランドである「生活列車」の運営も手がけたが、ファミリーマートとの基本合意に基づき両ブランドとも「ファミリーマート」へ転換した[5]
専門店事業
専門店事業としては、以下の売店やスーパーマーケットの運営を行っている[8]
ファッション・コスメ事業
ファッション・コスメ事業としては、雑貨や化粧品等を扱う「メリーメイズ」、化粧品専門店の「ラ・クラース」の運営のほか、ユニクロと業務提携し駅立地における「ユニクロ」の運営を行っている[14][15]
自販機事業
自販機事業としては、JR九州および福岡市地下鉄空港線の駅構内等で自動販売機の運営を行っている[15]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 23時から翌日9時まではドラッグイレブンコーナーの営業を休止。

出典編集

  1. ^ 沿革 - 財団法人鉄道弘済会
  2. ^ a b 会社概要 - JR九州リテール株式会社
  3. ^ a b c d e 店舗のご案内(駅構内) - JR九州リテール株式会社
  4. ^ “「博多デイトス」グランドオープン迫る-一足先に内部公開” (日本語). 博多経済新聞 (福岡市: 株式会社九州インターメディア研究所). (2009年10月21日). http://hakata.keizai.biz/headline/705/ 2012年1月8日閲覧。 
  5. ^ a b “JR九州リテールとファミリーマートが九州地区のファミリーマート店展開における基本合意を締結” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR九州リテール株式会社, 株式会社ファミリーマート, (2010年6月4日), http://www.jr-retail.co.jp/news_100913.pdf 2012年1月8日閲覧。 
  6. ^ “JR九州リテールとファミリーマートが共同エリア・フランチャイズ契約を締結” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR九州リテール株式会社, 株式会社ファミリーマート, (2010年7月9日), http://www.jr-retail.co.jp/news_100913.pdf 2012年1月8日閲覧。 
  7. ^ “本社および博多支店移転のご案内” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR九州リテール株式会社, (2011年7月), http://www.jr-retail.co.jp/company/info20110708.pdf 2012年1月8日閲覧。 
  8. ^ a b c 会社概要』 P.10
  9. ^ KYUSHU RAILWAY COMPANY 2011 会社案内
  10. ^ a b 会社概要』 P.11
  11. ^ 会社概要』 P.4
  12. ^ 会社概要』 P.7
  13. ^ 会社概要』 P.6
  14. ^ 会社概要』 P.8
  15. ^ a b 会社概要』 P.9

参考文献編集

  • JR九州リテール株式会社『会社概要』(eBook)JR九州リテール株式会社。

外部リンク編集