メインメニューを開く

KAMIYAMA1966年1月4日 - )は、日本タレントマジシャン、パントマイミスト(パントマイマー)である。神奈川県生まれ。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。2008年テレビ番組行列のできる法律相談所』(NTV)に出演した際には「世界的パントマイムパフォーマー」と称されている[1]

KAMIYAMA
生年月日 (1966-01-04) 1966年1月4日(53歳)
出身地 神奈川県
言語 日本語
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1986年 -
過去の代表番組 行列のできる法律相談所
奇跡ゲッター ブットバース!!
など
公式サイト yoshimoto.co.jp
受賞歴
ワールドカップin静岡 ジャパンカップ・ワールドカップ
カンヌ国際広告祭 (International Advertising Festival) チタニウム部門、サイバー部門、グランプリ
テンプレートを表示

サルバドール神山[2]神山一朗[3]名義での活動もある。

芸風・人物編集

父親はニッポン放送ラジオドラマ演出家である神山雄吉(1930年〜1998年)[要出典]。父親が映画好きのため、幼い頃から映画を観せられていた[要出典]。その頃、銀座テアトルシネマで観たチャップリンの「モダン・タイムス」に衝撃を受け無声映画パントマイムへの憧れを抱く[要出典]1982年、16歳で劇団「飛行船」に入団し大道具や脇役をやりながら全国を巡演する[要出典]1983年、パントマイムをボードビリアンやまけいじに師事[要出典]。勉強のために、日本全国でストリートパフォーマンスを始める[3]1985年、劇団「汎マイム工房」に入団[3]。初舞台は1985年12月1日渋谷ジァン・ジァンで上演された汎マイム工房の「男ソロマイムコンサート」で、相方であるちゅうサンと共にコンビ作品「コントマイム」を幕間で演じた[要出典]。この時、花王名人劇場プロデューサーの神津友好に気に入られ、1986年花王名人劇場「第9回一芸名人集」に出演[要出典]

1986年にちゅうサンとコメディ・デュオ「パントマンガ」を結成する[3]。パントマンガは1997年大道芸ワールドカップin静岡でジャパンカップを、1998年にはワールドカップを受賞する[3][4]

ユニクロのウェブ広告『UNIQLOCK』に参加。『UNIQLOCK』は2008年にカンヌ国際広告祭でチタニウム部門、サイバー部門、グランプリを受賞する[4]

出演編集

舞台・ライブ編集

  • 「兵士の物語」兵士役で出演(1992年奏楽堂)[3]
  • 「新しい噺絵巻」(1997年11月8日国立演芸場、平成九年度芸術祭協賛)
  • 「平成10年3月定席公演」(1998年3月11日3月20日、国立演芸場)
  • 「平成11年2月定席公演」(1999年2月1日2月10日、国立演芸場)
  • 「DoTT's」(1999年)[3]
  • 「CLONE'S・Lot-No.0067」(2000年[3]
  • 「カリガリ」(2002年[3]
  • 第二回東京国際フール祭「笑うからだから」fool week2002
  • ゆふいん音楽祭(2001年2003年[3]
  • 「Fiesta in Venice」(2003年)[3]
  • イタリアRai.TV サーカス・フェスティバルFiesta in Venice2003[4]
  • 「モーツァルトニュールック」(2006年かながわアートホール)[3]
  • WEB CM:UNIQLOCK(2008年[4]

テレビ番組編集

DVD編集

関連項目編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b "「大人気企画!気になる人がスタジオ登場!!」". 行列のできる法律相談所. 日本テレビ系列. 日本テレビ. 2008年4月13日放送. 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ サルバドール神山”. ヨコハマ大道芸2016. 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『玩具狂想曲』”. シアターΧ. 2017年1月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h KAMIYAMA(パントマイム・マジック)”. 瀬戸内サーカスファクトリー. 2017年1月19日閲覧。
  5. ^ a b c d “常識を覆すパントマイマー“KAMIYAMA”のDVDがついに発売!”. CD Journal. (2008年8月27日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/20374 2017年1月19日閲覧。 

外部リンク編集