メインメニューを開く

小劇場 渋谷ジァン・ジァン(しょうげきじょうしぶやじぁんじぁん)は、東京渋谷東京山手教会地下に1969年7月から2000年4月まで存在した、収容観客数200人未満の小劇場である。内部は大変狭く、舞台の左右に観客席があるという変則的なスタイルが特徴で、文字通りアンダーグラウンド芸術の発信地として機能してきた。

目次

歴史編集

オーナーの高嶋進は1932年新潟県生まれ、青山学院大文学部出身。まだ街灯もなかった公園通りに1969年渋谷ジァンジァンをオープン後、1977年名古屋ジァンジァン、1980年沖縄ジァンジァン、1983年座間味ジァンジァンを開店[1]

渋谷ジァンジァンでは、中村伸郎の一人芝居『授業』(イヨネスコ不条理劇で11年間上演された)、シェイクスピア・シアター出口典雄主催、演出。1970年代当時は画期的だったジーンズなど現代服姿の若手俳優によるシェイクスピア連続上演)、淡谷のり子美輪明宏高橋竹山などのライブ、永六輔のトークなど、断続的公演ながら長期にわたっての人気を得たプログラムが多数あった。イッセー尾形の一人芝居も、このジァン・ジァンで始められたものである。人気のあるプログラムでは、開場の数時間前から地下に続く階段に座り込んで待ち、座席を確保しようとする客も少なくなかった。

1980年代まで、同地下内には演劇集団「安部公房スタジオ」が隣接しており、近隣には西武劇場を擁する渋谷パルコがあった。更にその周辺には渋谷公会堂NHKホールもあり、西武流通グループのイメージ戦略にも支えられて、ジァン・ジァンのある渋谷公園通り一帯が先端文化の発信地としての役割を担っていたと言える。しかし、時代の変化や経済的な不況、家主との確執など様々な要因が重なり、ジァン・ジァンは2000年4月25日に公演を終え、閉鎖された。

2017年現在、東京山手教会の地下1階には株式会社銀座ルノアールが運営する「Cafe Miyama 渋谷公園通り店」が入居しており[2]、ジァンジァンのスペースはライブハウス「公園通りクラシックス」になっている[3]

出演したアーティスト編集

関連書籍編集

  • 『ジァンジァン狂宴』(左右社)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ジァンジァン狂宴』高嶋進、左右社、2013
  2. ^ 店舗詳細|Cafe Miyama 渋谷公園通り店”. 銀座ルノアール. 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月21日閲覧。
  3. ^ 公園通りクラシックス

外部リンク編集