メインメニューを開く

私をスキーに連れてって

日本の映画作品

私をスキーに連れてって』(わたしをスキーにつれてって)は、1987年11月21日に公開されたホイチョイ・プロダクション原作、原田知世主演の日本映画である[3]。『彼女が水着にきがえたら』『波の数だけ抱きしめて』と続くホイチョイ三部作の第1作[注釈 1]。略称「私スキ」。スキーシーンを語る上で欠かせない映画である[1]。第2回東京国際映画祭ヤングシネマ1987コンペティションへ出品された。

私をスキーに連れてって
監督 馬場康夫
脚本 一色伸幸
製作 三ツ井康
出演者 原田知世[1]
三上博史[1]
原田貴和子
沖田浩之
高橋ひとみ
音楽 杉山卓夫
主題歌 松任谷由実
サーフ天国、スキー天国
撮影 長谷川元吉
編集 冨田功
製作会社 フジテレビジョン小学館[2]
配給 東宝
公開 日本の旗 1987年11月21日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本作品内のスキー指導は、元アルペンレーサー海和俊宏が行っており、劇中にも登場している。矢野の吹き替えで滑走しているのは、当時のトップデモンストレーターである渡部三郎である。

目次

ストーリー編集

総合商社「安宅物産株式会社」に勤める矢野文男は、会社では冴えない商社マン。高校時代からのスキー仲間とゲレンデへ出ても奥手の文男は女性と喋れず、仲間が連れて来る女性にも全く興味をもたない。ところが一旦ゲレンデに出れば、誰もが舌を巻く名スキーヤーになる。

クリスマスイブ、文男は志賀高原でスキー仲間の泉和彦・小杉正明・羽田ヒロコ・佐藤真理子と滑走していると、雪に埋もれ、もがいている女性・池上優を見つける。文男と泉が助け出した瞬間、文男は彼女に一目惚れしてしまう。それに気づいたヒロコと真理子は優と文男を強引にくっ付けようとする。実は 優は文男と同じ安宅物産の秘書課のOLだった。

優と文男は交際を始める。だが文男はスポーツ課で発売を控えたスキー用品「SALLOT(サロット)」の仕事で残業が続き、優と会えない日が続く。ヒロコ達はバレンタインデー志賀高原スキー場で遊ぶことを計画。当日、文男は仲間のために発表前のSALLOTのスキーウェアを持ち込みスキーを楽しむ。 しかしこの日、万座温泉スキー場でのSALLOTお披露目会場に製品が届いていないというトラブルが発生。これを聞いた優は一人でスキーで飛び出す。優が万座までの危険な山越えルートを目指したと聞いた文男は急いであとを追う。泉、小杉も加わり四人は夜間の山越えを強行する。

ようやくたどりついた万座の会場には誰もおらず、間に合わなかったと思われたが、外のステージでは車で駆け付けたヒロコと真理子がカメラに囲まれポーズをとっていた。ステージの上で優は文男にバレンタインチョコを渡す。

キャスト編集

安宅物産株式会社秘書課のOL。クリスマスイブに同僚の恭世と志賀高原でスキーをしていた時に文男たちと知り合う。
安宅物産軽金属課に勤務するサラリーマン。スキーが得意でスポーツ課のスキーブランド「SALLOT」の売り出しに邁進している。
呉服屋の娘。小杉の恋人。車の運転が得意で雪道でも猛スピードで飛ばす。
バイク屋に勤務。防水カメラを持ち歩き、「とりあえず」と撮影する。
泉の恋人。真理子と同じく運転が得意。
外科医。恋人のいない文男のために女性を紹介するが、文男が優に一目ぼれしたと知るとアプローチするよう応援する。
優の同僚。
文男の上司。自分の仕事そっちのけでスキーに熱中する文男を苦々しく思っている。
文男の同僚。「SALLOT」をスポーツ課のお荷物とこきおろしている。万座に送られる製品を他社製品にすりかえ発表会をつぶそうとした。
元プロスキーヤーで現在は安宅物産で「SALLOT」の開発にあたっている。文男が尊敬する人物。

スタッフ編集

音楽編集

当初、主題歌は原田知世が歌うとスタッフは考えていた。しかし原田が「ユーミンがいいと思う」と提案[注釈 2]。これを馬場監督以下その他スタッフも了承し主題歌・挿入歌共に松任谷由実が担当した。

主題歌編集

松任谷由実「サーフ天国、スキー天国

挿入歌編集

松任谷由実「恋人がサンタクロース」「ロッヂで待つクリスマス[注釈 3]」「A HAPPY NEW YEAR」「BLIZZARD

特筆すべき点として「恋人がサンタクロース」[注釈 4]は、本映画と言えばこの曲の名前が真っ先に挙がるほど一般に浸透した[注釈 5]。主題歌を凌駕した本作品の象徴とも言うべき挿入歌であり、クリスマスの定番曲として現在も数多くのアーティストによってカヴァーされ続けている。

ロケ地編集

ゲレンデ編集

宿泊施設編集

志賀高原プリンスホテル
  • 12月24日に部屋で優と恭世が年賀状を書きながら話すシーンは東館ゲレンデ前の角部屋。
万座プリンスホテル
  • 「サロット」発表会場に駆け込む丸いドームのシーンはエントランスドームにて撮影。
万座温泉ロッジ「ハウスユキ[注釈 6][注釈 7][注釈 8]
  • 12月31日夜に矢野たちが楽しむシーンはセントクリストファーの旧カフェ&レストラン。矢野が立体地図を見るシーンは現在のフロント付近。
  • 当時全日本スキー連盟会長だった堤義明から万座スキー学校校長の黒岩達介への電話依頼で急遽撮影が決まり、通常営業をする中3日間徹夜での撮影が行われた[注釈 9]。真夜中の撮影の合間には、沖田浩之が「おばさん、コーヒー」とスキー指導員資格を持つ校長夫人に催促したという逸話もある。

その他編集

東京日産六本木ショールームビル(現・六本木ヒルズノースタワー)
  • 矢野が勤める商社の外観として登場。
日立製作所本社(旧・日立御茶ノ水ビル
  • 矢野が勤める商社のオフィスとして使用。窓の外に秋葉原電気街のネオンが映るなどの特徴が見られる。
  • 監督の馬場康夫は本作品以前は日立製作所・宣伝部に勤務していた。本作品製作時に退職している。
関越自動車道
ラフォーレミュージアム飯倉800(現在は閉館)
  • 表彰式の会場。

本作品が残した影響編集

エピソード編集

  • 当初、主役の矢野文男には俳優として売り出す予定だったスキーヤーが配役されていたが、クランクイン寸前に出演をキャンセルしている。このため、急遽スキーができる俳優を探したところ、当時無名だった三上博史が抜擢された。
  • 本作品のクランクインは3月であったが、原田知世角川春樹事務所との契約の関係上4月からの撮影参加であった。この時期はスキーシーズン終盤であるため、雪のある場所を追いかけてどんどん山奥へ入っての撮影になった。ついに日本で一番標高の高いスキー場まで行ったが、夜間はマイナス30度になる寒さで過酷な撮影だったという[7]
  • 劇中でクローズアップされているスキーブランドの「SALLOT」(サロット)は商品化を見据えて商標登録を行ったが、諸事情により商品化には至らなかった[8]
  • 夜間の捜索シーンで使用されたライトが2つついた背負子は撮影用に制作されたモックアップ。映画公開後、レスキュー団体から購入したいとの問い合わせがあった[8]
  • 劇用車は当初三菱自動車に打診したが許諾を得られなかったため、トヨタ自動車セリカGT-FOURになった。
  • 叶姉妹の叶美香が旧芸名「玉乃ヒカリ」で出演している。(矢野勤務先の隣席のOL
  • 脚本を書いた一色伸幸は、ショーケン松田優作に代表される団塊世代の青春ドラマは怒りと暴力こそ日常であり、“あの世代へのアンチテーゼとして書いたのが、「私をスキーに連れてって」の、いつも楽しんでいる彼らだった”と述べている[9]

社会的影響編集

スキーブーム
  • 一般に「1980年代のスキーブームはこの映画から始まった」とされるが、馬場康夫本人によれば、実際のところはスキーブームの兆しを察知し当て込んで題材にしたのだという[1]
  • 万座温泉スキー場は、湯治場から発展してきたスキー場である。このため「アクセスが悪い」「標高が高く寒い」といったイメージから若者に敬遠され気味だったのだが、ブーム以降は一転して若いスキーヤーであふれるスキー場となった。それまでは休日でも人が少なく、ゆっくり出かけても余裕の駐車スペースがあったが、ブームにより万座ハイウェー料金所の時点で同スキー場の駐車スペース確保が困難であることを理由に表万座スキー場へ誘導される程であった。
アマチュア無線
  • 当時の携帯電話は、端末代・維持費ともに高額な「高嶺の花」でステータスシンボルであったが、その大きさと重量から機動性に欠けていた。そこで劇中ではアマチュア無線を仲間との連絡に使用。利便性と機動力の高さが効果的に表現されていたことから、アマチュア局増加の一因となった。使用されたトランシーバーアイコムのIC-μ2・IC-28で「映画に出て来た無線機を」と指名買いされた。
  • しかし一方で有資格者(アマチュア無線技士)でない者がアマチュア無線機を入手[注釈 10]スキー場での不法使用が多発した。無線機メーカーもあたかも免許不要無線機のように、一時はレジャー雑誌にまでアマチュア無線機の広告を掲載していた[注釈 11]。結果として不法無線局の増加を助長することにもなった。
  • なお、出演者の中では沖田のみが有資格者(アマチュア無線技士)であった。沖田浩之も参照。
4WD自動車
  • 雪道には2WDより4WDが最適と劇中で明確に描いており、「スキーに行くには4WD」というのを一般化させた。ただし当時の国産4WD[注釈 12]は若者向けと呼べるデザインの車種が少なく、ほとんどがトラックのように大柄で無骨なデザインが多かった[注釈 13]ためか、劇中でのゲレンデ付近の渋滞で映る車のほとんどは通常の乗用車であった。
トヨタ・セリカGT-FOUR(4代目 T160型)
  • 劇用車のトヨタ・セリカGT-FOURは「スキーにセリカで行くのがオシャレ」と大人気となった。また「Naeba」や「APPI」などのスキー場名ステッカーを車に貼るのも流行した。
トレンディドラマ
  • トレンディー性を特徴とする本作品はタイトルの通り「彼女ができたらとりあえずスキーに誘う」や「ゲレンデで彼女を見つける」といった風潮を作り、ゲレンデでおしゃれをするといったことも生み出した。トレンディドラマブームはこの直後となる。
プリンスホテル[注釈 14]

流行・一般化したアイテム編集

流行アイテム
一般化アイテム
  • サントリーがスポンサーでもあったため「滑った後のビールが楽しみ」というシーンがある。

劇中に登場した車編集

スキーテクニック編集

トレイン走行
  • スキーをハの字にした前走者の足の間に同じくハの字にした後走者がスキーを入れ3人以上で列車1編成のように連なった状態で滑る走法である。劇中焼額山スキー場でのシーンにあった影響で行うスキーヤーが増えた。
  • 技術的にはスキーの初歩であるボーゲンを縦に体を密着させて行っているだけなのだが、二人三脚同様に息が合わないと簡単に転倒するため事故につながることと他人の迷惑となるため「トレイン走行の禁止」という立て看板が焼額山スキー場に立てられた時期があった。
  • 「トレイン走行」もしくは「トレイン」という言葉自体は以前からあった。これは上述のように密着して滑るのではなく、何名かが5mなどそれなりに離れてはいるが列に見える程度の距離で前者のシュプールを追って一列に滑ることを指す。スクールレッスンなどでよく見かける。
スキー板盗難防止方法
  • 2セットのスキーの板を交互(左右互い違い)別な場所に置き盗難を防止する方法。

流行語編集

「とりあえず」
  • 写真を撮る際のかけ声。
「凍ってるね」
  • 車を発進させる前にドアを開けて路面状態を確かめる行為。
ゲレンデ美人
  • ヒロインである原田知世の“ニット帽にゴーグル”スタイルは女性に大流行し、「ゲレンデ美人」という言葉も生み出した。この言葉にはゲレンデにいるとき『だけ』美しく見える女性という皮肉もこめられている。

その他 編集

2017年にJR東日本発足30周年と本作の公開30周年の記念企画として、同社が展開しているキャンペーン「JR SKISKI」に起用された。イメージキャラクターとして本作の主演である原田と三上を起用しており、本作を模したポスター(ちなみにキャッチフレーズは「私を新幹線でスキーに連れてって」)が用意されるほか、CMでは「BLIZZARD」が使用される[11]

受賞歴編集

同時上映編集

関連商品編集

  • VHS
    • 「私をスキーに連れてって」(1989年11月21日)
  • LD
    • 「私をスキーに連れてって」
  • DVD
    • 「私をスキーに連れてって」(2000年3月17日)商品コードPCBP-00210
    • 「私をスキーに連れてって」(2003年11月19日)商品コードPCBG-50461

注釈・出典編集

注釈編集

  1. ^ ホイチョイ三部作の合計配給収入は約25億円[4]。『彼女が水着にきがえたら』の配給収入は8億円[5]。『波の数だけ抱きしめて』の配給収入は10.5億円[6]
  2. ^ 松任谷は原田の代表曲の一つ「時をかける少女」の作詞・作曲を担当。
  3. ^ メロディーのみ。
  4. ^ 収録は松任谷由実の10枚目のオリジナルアルバム『SURF&SNOW』。
  5. ^ アルバムからシングルカットされていないにもかかわらず映画公開5年後の第43回NHK紅白歌合戦に出場した嘉門達夫の「替え唄メドレー」 の中でサビ部分を「恋人はサンコン」と替えて歌われたほど一映画の挿入歌としては稀有なほどメジャーな曲である。
  6. ^ 「ハウスユキ」は2010年12月に経営が日進館に移り素泊まりの「日進館ヒュッテ」として営業をしている。撮影に使われた部屋は当時の状態に近く配置を復元されており、同施設の宿泊者と併設のレストラン利用者は見学が可能である。
  7. ^ 当時のオーナーは、オーストリア国立スキー学校出身で『新雪のスキー術』『青春をスキーに』などの著書でもある黒岩達介。日本のスキー指導の第一人者であり、長年万座スキー学校校長を務めてきたが、2009年冬シーズンからはトップ指導者を後身に譲る予定である。ほかにはスキー学校の後輩であるSIA総裁三笠宮寛仁親王とも交流を持つ。
  8. ^ 背景として写る所蔵のスキー板は約100年程前のヨーロッパ製など貴重なものが多数ある。矢野が立体地図を見るシーンでは左から3セット目は新潟県高田市(現・上越市)でレリヒ少佐からスキー講習を受けた高田高専の学生が所有していた物で「大河原」という銘が入った木製スキー板である
  9. ^ 校長夫人の話。
  10. ^ 電波法令上は、無線機の売買や譲渡に免許は不要であり、使用のみに規制がかかる。
  11. ^ 紙面の端に小さく「要免許」と記された広告も多数存在した。
  12. ^ 公開当時は「SUV」という呼称はまだ一般的ではなく、「RV」と呼ばれていた
  13. ^ トヨタ・ランドクルーザー三菱・パジェロなど。
  14. ^ スキーブーム終焉後の2006年から2007年にかけて西武ホールディングスの元で西武グループが再編される際に不採算施設については順次売却されたことからいくつかのプリンスホテルやスキー場の売却があった。
  15. ^ CMに原田知世が出演していた。

出典編集

  1. ^ a b c d 『フィールドライフNo.42』p.032。
  2. ^ 私をスキーに連れてって 日本映画データベース
  3. ^ 私をスキーに連れてって allcinema
  4. ^ 田沼雄一. “Movie & Bicycle 「映画で走ろう!」 01 馬場康夫監督のこと”. MESSENGERS メッセンジャー 公式サイト. フジテレビ/小学館/ポニーキャニオン. 2017年12月4日閲覧。 “今度で4作目。いまの日本映画界の現状では監督4作目ともなればもはや中堅クラス。しかもこれまでの3作合計の配給収入は約25億円。りっぱな〈ヒットメーカー〉である。”
  5. ^ 「1989年邦画3社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社、1990年、 176頁。
  6. ^ 1991年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  7. ^ 三上博史が明かす「私をスキーに連れてって」秘話”. J-WAVE NEWS (2018年1月10日). 2019年3月30日閲覧。
  8. ^ a b 原田知世さんの吹き替えスキーヤーや「バーン」の後ろ姿の人も登場した「私をスキーに連れてって」30周年プロジェクト発足イベント”. トラベルWatch (2017年12月30日). 2019年3月30日閲覧。
  9. ^ 一色伸幸 (2018年3月4日). “ピンとこない若い人は、ショーケンや松田優作の青春ドラマ見るといいよ。…”. Twitter. 2018年3月11日閲覧。
  10. ^ a b 第34回:『私をスキーに連れてって』 【映画の名車】:旬ネタ 日刊カーセンサー
  11. ^ 『JR SKISKI』今年は原田知世&三上博史 “30周年”特別企画として展開 ORICON NEWS 2017年12月5日

参考文献編集

エイ出版社「フィールドライフ」No.42、2013年冬号

外部リンク編集