TOKI

TOKI(とき、1969年10月31日 - )は日本のミュージシャン。所属事務所はKeasler Japan Limited。法人企業グループConquest Group代表取締役CEO。血液型A型。現在は自身のバンドC4」や、自らのプロジェクトバンド「STEALTH」等で活動している。

TOKI
生誕 (1969-10-31) 1969年10月31日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ロック
職業 ミュージシャンボーカリスト
担当楽器 ヴォーカルギター
活動期間 Kill=slayd (1992 - 1998)
C4 (2007 - )STEALTH (2010 - )
レーベル Keasler Japan Limited
TK2 RECORDS
(TAKURO(GLAY)との共同レーベル)
事務所 Conquest Group
共同作業者 C4,STEALTH
公式サイト C4 Official website-Viper-
TOKI'S BAR (Official Blog)

目次

経歴編集

  • 1992年2月Kill=slayd(キル・スレイド)結成。
  • 1994年GLAYTAKUROとの共同プロデュースプロジェクト[an Optic]を始動。
  • 1997年6月25日、Kill=slaydメジャーデビュー。
  • 1998年10月31日、Kill=slayd解散
  • 2002年Stealth(ステルス)始動。
  • 2003年以降、数年間音楽業界を離れ実業家として活動。Conquest Groupの代表取締役CEOに就任。(傘下企業 CONQUEST,Inc,Conquest Architects.,K.K等[1]
  • 2007年C4(シー・フォー)結成。約4年ぶりにシーンに復帰。自身のレーベルKeasler Japan LimitedをConquest Group内に設立、その他イベントオーガナイザー等多岐に渡り活動している。
  • 2010年、5月23日のライブを以ってC4活動休止。C4再始動までの期間STEALTH(ステルス)再始動。6月13日にC4、14日のGLAYのHP上でSTEALTHの1st Album「アルストロメリア」の制作を発表。12月24日「アルストロメリア」発売。
  • 2011年3月26日、C4活動再開。「TOKYO BURNING」と銘打った新宿LOFTで行われた復活LIVEはSOLD OUT
  • 2011年9月19日、最初で最後のソロ公演、自叙伝の最後を締め括るものとして「時と呼ばれた男 THE FINAL」をTOKYO FM HALLにて敢行(SOLD OUT)
  • 2014年6月8日渋谷公会堂にて行われたコンサート「TOSHI祭り!BUZZ☆DRUM~30th Anniversary&Birthday~Produced by GLAY」にゲスト出演。
  • 2014年9月21日ひとめぼれスタジアム宮城で開催されるGLAY EXPO大反省会におけるスペシャルバンドのVocalとしてゲスト参加。(Vocal:TOKI(C4)/Guitar:TAKURO(GLAY)/Guitar:HISASHI(GLAY)/Bass:人時(黒夢)]/Drums:TOSHI NAGAI/Key:川村ケン
  • 2014年12月9日 函館のライブハウス「club COCOA」で開催される「TAKURO MOBILE MEETING公開録音-2014大忘年会-」にVocalとして参加。メンバーはVocal:TOKI(C4)、Guitar:TAKURO(GLAY)、Key:川村ケン
  • 2016年2月から全国7ヶ所で行われる「TAKURO MOBILE MEETING公開録音“Journey without a map 2016"」の内、名古屋、京都、新潟の3ヶ所にゲスト参加。

人物編集

  • ヴォーカリスト音楽プロデューサーの他に、自社ビルを擁すグループ法人「Conquest Group」の代表取締役CEO、格闘家(フルコンタクト空手※準指導員級[2])としての顔も持つ。
  • 強面の外見からは想像できないほど柔和で腰が低く礼儀正しい。ファンに対しても丁寧で、敬語を使って接している。
  • 視力が悪く(視力は両眼とも0.002)レンズに度が入ったサングラスを常用。
  • 自身のTwitter@c4toki)で稀に呟かれる独自の人間学は「TOKISM」と称され、好評を博している。一部HPでまとめられている。http://www.keasler.co.jp/tokism/index.html
  • その他、記憶力に定評があり、相当数のファンの顔と名前を暗記している。記憶力に対し、幼少期から周囲の定評がある事を理由に、自らを「直観像記憶(映像記憶)の素養があるのかもしれない」と述べている(THE INTERVIEWS/2015年10月29日掲載分)。
  • 愛車はカスタムされたFAIRLADY Z ROADSTERカワサキ・Z1000MKII

交友関係編集

  • Kill=slayd時代からGLAYと交流があり、TERUHISASHITwitter等で度々「GLAYの兄貴」として紹介されている。TAKUROとは互いに「俺の親友」と紹介しあう間柄である。TAKUROはTOKIのソロプロジェクト「STEALTH」にギター・コンポーサーとして参加している。
  • C4の5th Album「Perfection BABEL」の中に収録されている唯一のバラードナンバー「EMBRACE」はTAKUROに対しての思いが綴られている。
  • GLAY EXPOで販売された公演パンフレット付属CD(俗称「本読みCD」)にレギュラー参加。fm osaka「BUZZ ROCK」(2002年9月29日ON AIR分)にGLAYが出演した際にTOKIの話題となり「TOKIさんには世話になりっぱなし」と述懐している。
  • IUMA日本振藩國術館およびUSA修斗の代表を務める中村頼永と交流があり、中村頼永にmixiをやる事を勧められたのがきっかけで外部との交流を持つようになった事が自身の音楽活動への復活に繋がったと自叙伝「時と呼ばれた男」で明かされた。
  • 永井利光と親交があり、彼に復帰に関して自分の歌に自信を持つよう諭された。
  • D'ERLANGERZI:KILLに影響を受け、自身のライブで同バンドの曲をカバーしたこともある。

エピソード編集

  • 養護施設や知的障害児童の支援に積極的に取り組んでおり、雑誌等のインタビューで「将来の夢は養護施設の経営」と語っている。
  • クリスマスに社会福祉法人友愛学園児童部の子供達にお菓子の寄付をしたファン全員に感謝の気持ちとして、宛名を全て自筆で書いた封筒にプライベートで撮ったDVDを封入して送っている。
  • 20歳の時に交通事故で多臓器破裂し、2年間寝たきりで闘病生活を送っていた。Stealthの楽曲「sickbed」の歌詞は、その時の心情を表したものである。
  • 2009年8月、北海道在住の女性ファンが末期ガンになった事を知り、単身北海道まで見舞いに行った。その女性は後に他界。
  • 音楽業界に復帰した理由は、古くからのTOKIのファンであった一人の女性が自殺をはかり植物状態になった事を知って自責の念に駆られての事、と活動初期に販売された小冊子「My Confidential Notes」に綴られている。
  • CDの複数売り商法(c/w曲や特典の違いで同じシングルやアルバムを数種類販売する商法)を熱烈に批判している。
  • 十代の頃から少女漫画のファンである事を公言している。好きな漫画家として挙げているのは一条ゆかり渡辺多恵子いがらしゆみこ池田理代子。特に「ファミリー!」(渡辺多恵子)に関しては自身のブログに書くほどの大ファン。
  • 祖父は日本の水上滑空機界の第一人者である津野藤吉郎
  • 2014年9月22日Twitterにて自身が経営する会社で福島県福島市東日本大震災の被災者に向けての集合住宅の提供(清水市(4棟):蓬莱町(4棟):宮代(2棟)合計10棟:計94世帯)に携わっている事を明かした。
  • 2014年11月7日放送分の笑福亭鶴瓶がパーソナリティーを務めるTBSA-Studio」にカメオ出演。番組ゲストであったGLAYの人物像を「彼らは幼稚園で習った事を今でもずっと守ってる。「挨拶をキチンとする」「自分がされたら嫌な事は人にしない」「人に優しくする」そういう当たり前の事を当たり前に出来る凄さがある」と評した。
  • 2015年1月22日のTwitter上でファンから「名言カレンダーを作ってほしい」と言われ、「このツイートが300くらいリツイート(ReTweet)されたら作ります」と呟くと、瞬く間に300を超え、翌日には「TOKISM-DAILY PAD TYPE CALENDAR」と銘打った日めくり式の万年カレンダーの発売を発表。予約者のみの限定で販売した(現在入手不可)。
  • 「TOKISM-DAILY PAD TYPE CALENDAR」の発売を受け、C4のギタリストである大村孝佳を輩出した音楽学校MI JAPANにてセミナー(7月~8月:全国5カ所:福岡校・大阪校・仙台校・名古屋校・東京校)が開催される(全講演ともチケットはSOLD OUT)。
  • TOKIの日常の面白いエピソードを描いたブログを取りまとめ「TOKI伝説」として書籍化。全4巻をBOXセットにして2016年5月29日に発売。各巻の帯にマキタスポーツが絶賛のコメントを寄せている。販売はG-Directのみの限定販売。

STEALTH編集

Stealth(ステルス ※2010年以降は全て「STEALTH」という大文字表記)は元々TOKIを中心としたプロジェクトだったが、現在はTAKUROとのコラボレーションユニットとして知られる。

経歴編集

作品編集

  • 「灼熱〜しゃくねつ〜」
    (1st Single 2002年9月25日発売、2008年6月4日再発)
  • 「RE-LAX 【Howling trance + five tracks attached】」
    (2nd Single 2003年1月23日発売、2008年6月4日再発)
  • 激情/sickbed
    (3rd Single 2010年10月31日発売/現在入手不可)
  • アルストロメリア
    (1st Album 2010年12月24日発売)
    全作詞TOKI、全作曲TAKURO
    参加アーティスト
    TOKI(C4)
    TAKURO(GLAY)
    K-A-Z(SADS
    Junji(C4)
    Tomoi(C4)
    HISASHIGLAY)
    永井利光
    永井誠一郎
    佐久間正英
  • 「Affection of Alstromeria」
    (2013年1月16日渋谷O-EASTのLIVE DVD 2014年1月16日発売)
  • 「My Dear Alstromeria」
    (2016年5月29日Zepp TokyoのLIVE DVD 2016年12月16日発売)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集