メインメニューを開く

TOKYOサンライズ号

TOKYOサンライズ号(山交バス)
TOKYOサンライズ号(東北急行バス)

TOKYOサンライズ号(とうきょうサンライズごう、The TOKYO Sunrise)は東京都山形県内陸部の村山最上地方を経由し新庄市を結ぶ予約指定制の高速バスである。

全席指定制なので、あらかじめ乗車券を購入しなければならない。

目次

概要編集

現在では東京と最上地方を結ぶ直行交通機関として山形新幹線があるが、両地へ早朝に到着できることや新幹線に比べて安価であること、利用者無料駐車場の設置(寒河江・天童)などにより根強い人気があり、夏期や冬季の繁忙期には山交バスが他営業所からの応援も含め貸切車による続行便を多数設定し運行している。なお、舟形町尾花沢市寒河江市からは首都東京との唯一の直行機関となる。

運行会社編集

  • 東北急行バス(東京営業所)
    • 3列シート車によるツーマン運行(2014年4月2日運行便より。それ以前はワンマン運行であった。)。続行便については、仙台車庫入出庫(回送)で仙台営業所の乗務員が担当する場合がある。
  • 山交バス新庄営業所
    • 3列シート車によるツーマン運行。

運行経路編集

浜松町バスターミナル - 東京駅八重洲通り - 上野駅前 - 浅草駅前 - (堤通IC) - (6号向島線) - (堀切JCT) - (中央環状線) - (江北JCT) - (川口線) - (川口JCT) - (東北自動車道) - (村田JCT) - (山形自動車道) - (山形蔵王IC) - 山形県庁前 - 山交ビルバスターミナル - (山形中央IC) - (東北中央自動車道) - (山形JCT) - (山形自動車道) - (寒河江IC) - 寒河江営業所 - 天童車庫前 - 国道13号 - さくらんぼ東根駅前 - 村山駅前 - 尾花沢待合所 - 舟形十字路 - 新庄駅

所定の休憩箇所は、下りは東北自動車道の羽生パーキングエリア、上りは山形自動車道の古関パーキングエリアである。

毎年8月24日から26日に開催される新庄まつりでは、新庄市中心部で交通規制が敷かれてバスが新庄駅前に乗り入れできないため、山交バス新庄営業所に臨時停留所が設置され、営業所始発・終着で運行される[1]

運行回数編集

  • 夜行便1日1往復。

歴史編集

  • 1991年12月20日 - 開業。
  • 1999年2月1日 - 寒河江営業所経由に経路変更。
  • 1999年12月4日 - 楯岡駅前停留所を村山駅前に改称(山形新幹線の新庄延伸に伴う駅名改称のため)。
  • 2003年10月10日 - 山形山交ビルバスターミナル経由に経路変更。
  • 2006年4月21日 - 公立病院(北村山公立病院)前停留所を廃止し、さくらんぼ東根駅乗り入れ開始。一部運行時間の見直しを実施。東北急行バス便が再度独立3列シート車での運行になる。
  • 2007年2月1日 - 上り便の山形山交ビルの発車時刻を10分繰り下げ。
  • 2012年2月1日 - この日の出発便より上野駅前・浅草駅前に停車。
  • 2017年4月24日 - この日の出発便より山形県庁前に停車。同時に、カレンダー制運賃を導入し往復割引を廃止。上り便の運行時間を見直し新庄発を10分繰り上げ[2]

使用車両編集

 
かつて使用していた東北急行バスのボルボ・アステローペ
  • ハイデッカー車またはスーパーハイデッカー車(独立3列シート)で運行(増発便は4列シート車の場合あり)。
    • 東北急行バスは運行開始当初ボルボ・アステローペの3列シート車を専用車として充当していた。同車引退後は一時4列シート車での運行となっていたが、現在は3列シート車での運行に戻っている。

乗車券発売箇所編集

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 756 16,494 45.2 21.8
2003(平成15)年度 365 763 17,630 48.2 23.1
2004(平成16)年度 365 838 20,409 55.9 24.4
2005(平成17)年度 365 818 20,105 55.1 24.6
2006(平成18)年度 365 984 23,656 62.5 23.2
2007(平成19)年度 366 866 23,656 64.6 27.3

関連項目編集

脚注編集

外部リンク先編集