メインメニューを開く

Ultra HD Blu-ray

光学ディスク規格 Blu-ray Discの後継規格

Ultra HD Blu-ray(ウルトラ エイチディー ブルーレイ)は、 Blu-ray Discの後継となる光ディスク規格。第4世代光ディスクであり、UHD BD(ユーエイチディー ビーディー)と略される[1][2]。プロモーションでは4K Ultra HDブルーレイの表記が推奨されている[3]

Ultra HD Blu-ray
UHD BD
Ultra HD Blu-ray logo.svg
メディアの種類

光ディスク

  • カバー層
  • 記録膜
記録容量
  • 50GB(2層 82Mbps)[1]
  • 66GB(2層 108Mbps)[1]
  • 100GB(3層 128Mbps)[1]
  • フォーマット
  • 物理フォーマット
    • レーザー波長
    • 対物レンズ開口数(NA):
    • トラックピッチ:320nm
    • 線速度
    • チャネル周波数
    • 変調方式:1-7PP
    • 誤り訂正
    • アドレス方式
  • ファイルシステム:UDF 2.5
  • アプリケーション・フォーマット
  • コーデック
  • 映像
  • 音声
  • 読み込み速度
  • 50GB:92Mbps
  • 66GB:123Mbps
  • 100GB:123Mbps
  • 策定 Blu-ray Disc Association(BDA
    主な用途 4K映像(映画)等
    ディスクの直径 120mm
    大きさ Φ120mm(12cmディスク)/t=
    下位規格 Blu-ray Disc
    テンプレートを表示

    UHD BDは4K UHD(2160p - 3840×2160 60fps)をサポートする。

    概要編集

    物理メディアはBD-ROM Version2.0であり、すなわちBlu-ray Discと同じ第3世代光ディスクの一種であるが、大容量化が図られている。標準的なBD-ROMが25GB×1 - 2層であるのに対し、UHD BDは25GB×2層、33GB×2 - 3層のいずれかとなる[4]。既存のBlu-ray規格・機器との互換性はない。

    UHD BDは4K UHDをサポートし、ビデオ・エンコードはH.265(ISO/IEC 23008-2 HEVC)を使用する。また、ハイダイナミックレンジ合成(HDR)をサポートする。

    なお、4K UHDおよびHDRは必須ではなく、H.265/HEVC下で2K(HDTV)、SDR(標準ダイナミックレンジ)の選択もそれぞれ独立して可能である。この場合にも、既存Blu-rayとの互換性はない。

    一般的には、UHD BD機器に接続されるディスプレイの4K UHDのサポート/非サポート、HDRのサポート/非サポートを自動的に判別し、非対応機器に対しては自動的に2K(HDTV)やSDRへのダウンコンバートを行う。

    UHD BDにおけるDRMはいずれもAACS 2.0に更新される。

    DVDや既存のBlu-rayと異なり、UHD BDはリージョンコードを持たないと信じられている[5]

    なお、Blu-rayでサポートされたBlu-ray 3DはUHD BDでは一般的には非サポート(optional)となる。

    UHD BDでは一般に、CMP Exportという外部媒体コピー技術をサポートする[6]

    パソコンにおいてのUHD BDは導入のハードルがやや高く、Intel製第7世代Core i5以上もしくは第8世代以降のCore i5以上のCPUが搭載されている必要があり、AMD製CPUでは2019年現在導入不可能。またCPU内蔵グラフィックのみ使用可能となるため、グラフィックボードを介しての出力は出来ず、マザーボードがIntel SGXに対応していることが必須となるなど、特殊な構成を取る必要性が生じる。

    用途編集

    ホームシアターなど映像フォーマットとしての用途編集

    Ultra HD Blu-rayの用途は2017年現在これが一般的であり、ソフトは2017年現在で数百種類がある。

    Ultra HD Blu-ray規格の採用例編集

     
    Ultra HD Blu-rayの再生に対応したBDレコーダー(ソニー・BDZ-FT1000)

    レコーダー編集

    • パナソニックは2015年11月に Ultra HD Blu-ray規格に世界で初めて対応(Ultra HD Blu-rayは再生のみ)したBDレコーダー「DMR-UBZ1」を発売した。

    採用作品編集

    洋画(実写、アニメを含む)
    邦画(実写、アニメを含む)

    再生専用機器編集

    • パナソニックは2016年6月24日に Ultra HD Blu-ray 規格に日本で初めて対応したBDプレーヤー「DMP-UB900」を発売した。また、同年7月には「DMP-UB90」を発売した。その後、2017年6月16日には「DMP-UB30」を発売した。
    • ソニーは2017年6月24日にUltra HD Blu-ray 規格対応のBDプレーヤー「UBP-X800」を発売した。

    家庭用ゲーム機編集

    • マイクロソフトの据置型ゲーム機、Xbox One SならびにXbox One XはUltra HD Blu-rayに対応したドライブを搭載している(ゲームディスクは従来のBlu-ray Discのみ)。
    • 2020年末に登場予定のプレイステーション5は、ゲームディスクに最大100GBのUHD Blu-ray Discを採用予定であると伝えられている。

    沿革編集

    2015年編集

    • 5月11日 - Ultra HD Blu-rayの規格(最大解像度3840x2160 ピクセル、HDR、Digital Bridge、片面2層で66GB、片面3層で100GB)策定完了を発表[7]
    • 11月13日 - パナソニックが世界初Ultra HD Blu-ray規格対応のBDレコーダー「DMR-UBZ1」を発売[8]

    2016年編集

    • 3月26日 - 日本初のUltra HD Blu-rayソフト「4K 夜景 HDR」を発売。収録時間は約42分でディスク仕様は2層66GB[9]

    2017年編集

    • 1月24日 - パイオニアが世界初Ultra HD Blu-ray再生に対応した内蔵型BD/DVD/CDドライブ「BDR-S11J」を発売することを発表[10]
    • 2月28日 - パイオニアが世界初Ultra HD Blu-ray再生に対応したポータブルBD/DVD/CDドライブ「BDR-XD06J-UHD」を発売することを発表[11]

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c d White Paper: Blu-ray Disc™ Format”. www.blu-raydisc.com (2015年). 2016年12月28日閲覧。
    2. ^ “4K Blu-ray discs arriving in 2015 to fight streaming media”. CNET. (2014年9月5日). http://www.cnet.com/news/4k-blu-ray-discs-arriving-in-2015-to-fight-streaming-media/ 2014年10月18日閲覧。 
    3. ^ UHD BDの推奨表記は「4K Ultra HDブルーレイ」。2020年にUHD世界最大市場へ」『AV Watch』株式会社インプレス、2017年11月22日。2019年11月7日閲覧。
    4. ^ 画像6 - 次世代BD「Ultra HD Blu-ray」の詳細をキーマンに聞く(前編)年内発売へ準備着々 - PHILE WEB
    5. ^ Michael S. Palmer (2015年10月7日). “Everything We Know About Ultra HD Blu-ray”. High-Def Digest. 2016年12月26日閲覧。
    6. ^ sMedio、組込み向けのUltra HD Blu-rayソリューション - AV Watch
    7. ^ ブルーレイディスクアソシエーション UltraHDBlu-rayTM規格策定と新ロゴを発表 2015年夏よりライセンス開始へ
    8. ^ 世界初、4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応
    9. ^ 日本初のUltra HD Blu-rayソフト「4K 夜景 HDR」が3月26日発売 - AV Watch
    10. ^ ~世界初、高精細な4Kコンテンツ“Ultra HD Blu-ray”再生に対応~ 内蔵型BD/DVD/CDライター 2モデルを新発売 | 報道資料 | ニュース・イベント | 企業情報 | Pioneer
    11. ^ ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XD06J-UHD」を新発売 | 報道資料 | ニュース・イベント | 企業情報 | Pioneer

    関連項目編集