メインメニューを開く

査読依頼は、ほぼ完成した項目について、内容の正確性や構成の適切さなどについて批評と査読を依頼する場です。記事を秀逸な記事の選考良質な記事の選考に出す前段階として利用することもできます。ここで受けた批評を項目に反映させてより良いものにしていきましょう。

キャッシュを破棄

目次

査読依頼をする前に編集

ウィキペディアにおける査読依頼は、自分がある程度完成させた記事について、他者の意見を求めたいときに使用します。必ずしも専門家の意見がつくとは限りませんので、掲載期間が終了しても記事の質が保証されたわけではありません。

もし記事に問題点があると明確にわかっている場合は、査読依頼より先に、以下の各依頼へお願いします。

依頼の要件編集

  1. 依頼者は、当該記事の主たる執筆者、もしくはそれに準じる役割を果たした利用者であること。
  2. 依頼者は、指摘を受け適宜編集する態勢を整えていること。

上記を満たしていないと判断された場合、依頼は取り下げられることがあります。

査読依頼にはそれを取り仕切るような人はいませんので、依頼を放置しないようにお願いします。途中で依頼の要件を満たせなくなった場合は、一旦掲載を終了してください。

利用の仕方編集

依頼の手順編集

依頼の要件を満たしていれば、誰でも利用できます。依頼にはサブページを使用します。

まず、下にある「依頼を追加する」のリンクをクリックし、最下部に以下の記述を加えてください。

{{Wikipedia:査読依頼/○○○_yyyymmdd}}

○○○は項目名、yyyymmddは年月日です。例えば、査読してほしい項目が「コンピュータ」の場合は、 {{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}} のようにします。

すると、

{{Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401}}

と赤リンクが表示されるので、このリンクをクリックしてください。

リンクを開くと、ページ作成の画面になります。そこに以下のように依頼の中身を記述します(中身を記述することにより、他の依頼と同じ書式がこのページに表示されます)。

=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~

中身は上記のように見出しを作成し、当該項目へリンクしてください。何か依頼者からのコメントがあった方が回答もしやすいと思うので依頼文を記入してください。また署名もお忘れなくお願いします(見出しの部分は === {{subst:Article|○○○}} === で代用できます)。

次に、査読依頼を行っていることを告知します。依頼記事のノートに{{査読依頼}}を貼ります。さらに、Wikipedia:査読依頼/リストを編集して、査読依頼サブページへのリンクを追加してください。これによってWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示されます。

最後に、査読依頼者は掲載期間を忘れないように、以下のように{{査読依頼者}}を会話ページ、もしくは利用者ページ冒頭に貼りつけてください。

{{査読依頼者
 | 査読依頼サブページ名 = Wikipedia:査読依頼/コンピュータ_20060401
 | 査読掲載終了年月日 = 2007年5月10日 (木) 12:30 (UTC)
}}

査読する側は読んでみて気軽にコメントしてください。コメントは当該のサブページにお願いします。掲載期間は原則2ヶ月です。

ルール編集

以下は査読依頼のルールです。原則であり、厳守すべきものではありません。ひとつの基準としてお使いください。

  1. 査読期間は原則2ヶ月とする。
  2. コメントが寄せられ議論が続いているものは、最後の発言から10日間、終了を猶予する。
  3. コメントを受けて当該記事に有意な編集があった場合も、最後の編集から10日間、終了を猶予する。
  4. コメントが寄せられているにも関わらず有意な編集のない依頼は、依頼開始後1ヶ月の早期終了を宣言できる。

ヒント編集

査読依頼をよりうまく活用するためのノウハウを例示します。

  • 査読のプロセスをスムーズにすすめるために、Template:査読欄を活用してみて下さい。依頼時に
=== [[○○○]] - [[ノート:○○○|ノート]] ===
(何か適当な依頼文)--~~~~
{{subst:査読欄}}
とすると、テンプレートの部分が
【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など
と展開されます。使用するときには、substを付けることを忘れないようにしましょう。
  • 過去の複数の例から見るかぎり、査読依頼がもっともうまく機能するのは、ある程度以上の完成度がある記事で、査読や批評の結果を反映できるアクティブな執筆者がいる場合です。
  • 一般的な記事の出来に加えて、どのような点をコメントしてもらいたいのか要望があれば遠慮せずに依頼文で述べてください。「ウィキペディアの編集にまだ不慣れなので基本的な点についてコメントしてほしい」「他言語版から翻訳した記事なので翻訳の出来を見てもらいたい」「秀逸な記事・良質な記事の選考に出すつもりなのでそれに見合うかどうかの視点でコメントしてほしい」など。
  • 査読してくれる人を集めるためには、査読依頼を行っていることを広くお知らせすることが大事です。以下は任意ですが、/リストに書いた内容はWikipedia:コミュニティ・ポータルに表示され、他の人の目に触れる機会が増えます。Template:査読依頼を依頼記事のノートに貼ることで、その記事に関心がある人たちへ告知できます。依頼記事に該当する分野のWikipedia:ウィキポータルWikipedia:ウィキプロジェクトがあるようなら、そのノートページや、もし告知用スペースが用意されている場合はその告知用スペースで告知することによって、その分野に興味・関心がある人たちからのコメントが集まるかもしれません。
  • なお、ポータルによっては査読依頼をポータル側で独自に設置している場合もあります。もしその分野のポータルに査読依頼がある場合は、そちらの査読依頼に提出されても結構です。各ポータルの査読依頼の設置の有無については各ポータルのページをご確認ください。

依頼終了時の手順編集

  1. 掲載期間が終了したら、依頼者は査読依頼中の記事から項目を削除し、Wikipedia:査読依頼/掲載が終了した依頼に査読のサブページへのリンクを加えてください。
  2. 記事ノートの{{査読依頼}}を除去してください。後から議論を読み返しやすくしたり、その後に編集する人や再び査読依頼する人の参考にしやすくするために、記事ノート冒頭に{{査読依頼された記事}}を貼りつけてください。
  3. Wikipedia:査読依頼/リストから査読サブページへのリンクを除去してください。
  4. 依頼者の会話ページもしくは利用者ページに貼られている{{査読依頼者}}を除去してください。
  5. 依頼者に通知して1週間が経過したにも関わらず上記1~4が行われない場合は、第三者が作業代行することができます。

査読依頼中の記事編集

依頼を追加する

蒋経国 - ノート編集

冷戦時代の中華民国の指導者の記事であり、Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/蒋経国 20150911の選考で良質な記事に選出されていますが、内容、出典の充実さからして、秀逸な記事に近い出来であると考えます。つきまして、まずは査読依頼を提出して、現在の内容に何か大きな問題が存在するかを問いたいと思います。もしよろしければ、コメントをお願いします。--ネイ会話) 2019年7月20日 (土) 17:32 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
【感想】 ──専門外の方による感想。
  以下はなんというか、基本的な百科事典観の違いに基づくもののような気がするので、あくまでも参考意見としてお読みいただければと。私としては、百科事典の人物記事は、その人物の業績や特徴を、いくつかの側面として簡潔にまとめたものだと考えています。より具体的にいえば、対象が政治家であれば、生涯よりもむしろその思想や主張、政策と政治手法、業績と評価、人物像などの切り口があるはずです。しかしこの項目では「概要」、「生涯」(節構造がおかしいですがそれは置いておきます)、「死去と残された課題」、「評価」、「家庭」の大きな節から成っているとはいえ、「概要」から「死去と残された課題」までは内容的にすべて生涯であり、「評価」といいつつ評価そのものは少なく、「家庭」の記述もわずかで、要するに全体が長大な生涯、いわば伝記そのものです。これでは、上に述べたような端的な側面というものは、記事を全部読まなければ把握できないことになります。30万バイトを超える容量の記事をものにするには大変な労力と努力が必要だったと思いますが、このような構成では、読む側に対しても相当な負担を強いることを知っていただきたいと思います。いかにページの制約を受けないウィキペディアといえども、常に簡潔にする努力は必要ではないでしょうか。以下、初めの方だけですが、節の内容についても具体的に触れておきます。
「概要」は概要になっていません。すでに述べたように、概要であれば、蒋経国という人物が果たした役割、業績、評価などが簡潔に述べられるべきです。現状はあとに続く長大な生涯のやや短縮版ですがこれでも長く、結局のところ読者は生涯を二度読まされることになるわけです。もし概要を置くことで、生涯をいくら長くしてもいいというようなお考えがあるのだとしたら、むしろ概要なしで成立するような記事構成を考えていただきたい。
「誕生」では、父親の蒋介石の方が中心となっています。しかし、蒋介石を読めばわかることは省略し、経国にとって必要な事柄に絞るべきでしょう。経国を中心にすれば、蒋一族代々の家業が経国が生まれたころにどうなっていたのか、誕生時に父親がなぜ(どういう意図で)日本にいたのか、どんな家庭だったのか、後に触れられる兄弟や叔父との関係などが重要ですが、これらについてはよくわかりません。
「伝統的な教育を受ける」では、段落と文章のつながり方に違和感があります。とくに蒋介石の教育方針は逆接の連続でとりとめがなく、途中で段落が別れているのも疑問です。父親の教育方針については、この節以外でも何度も出てくるキーワードであり、どこかでまとめておき、同じ表現を繰り返さないように配慮すべきでしょう。また、「2つの大きな出来事」とは、祖母の死と、それをきっかけにした父親の離婚・再婚のことかと思いますが、これで3つのようにも読めるし、そのあとに小学校入学、家庭教師の話もあるわけで、「2つ」って?となります。しかもその翌年に「人生の転機となる上海行き」があるわけですから、そもそも「2つの大きな出来事」などと強調するところなのかという疑問があります。同じ節内で表現の重複も目立つため、整理すべきでしょう。
「父・蒋介石からの思想的自立」では、経国が五・三〇事件への抗議デモに参加したことが書かれていますが、その理由や経緯が弱い。「新しい思想の洗礼を受け」とは具体的にどんな思想で、だれのどのような影響を受けて、経国がどのような意図でデモの隊長まで引き受けたのかがわかりません。これらが不明にもかかわらず、その行動のみをとって「思想的自立」というのは大言壮語的ではないでしょうか。このとき本当に思想的自立を果たしたのであれば、むしろ経国の生涯の中でもとくに重点を置いて詳述すべき箇所でしょう。また、上の節のところでも述べましたが、父親との関係については生涯ではくどく書かず、別に「人物」節を作って説明してはいかがでしょうか。
「希望に満ちた留学」もタイトルが大言壮語的です。このあとも物語あるいはノンフィクション風な記述・形容が散見されますが、百科事典記事として主人公目線のような語り口は避けた方がいいと思います。また、「留学初期」がなぜ分かれているのか疑問です。なぜなら「留学初期」とはモスクワに着くまでの話であって、そこだけ取り出す意義があるのでしょうか。モスクワ中山大学の説明は基本的に当該項目に任せるべきです。あと、乗った貨物船が悪臭を放った話などはどうでもよくないですか? 仮に「人物」節があって、そこで人柄を示すようなエピソードとして紹介するのであれば、まだわかりますが。
「モスクワ中山大学時代」でも大学そのものの説明が長い。スターリン派とトロツキー派の抗争については、これもあちこちにちりばめてありますが、まとめないと煩わしいです。恋愛について触れてありますが、「モスクワで勉学に励む蒋経国にまもなく恋が芽生えることになる」といった物語の予告編のような記述は不要でしょう。後半は父親の行動が中心的ですが、経国が在籍する大学に大きな影響を及ぼしたのは上海クーデターですから、それ以外の経国が関与しない細々とした経緯は省くべきです。
この調子でやっていくと全然終わりません。まだ記事の1/4もカバーできていないわけですが、この先も必要ですか? 正直このような批判ばかりするのも心苦しいので、いったん切ります。--みっち会話) 2019年8月10日 (土) 06:43 (UTC)
【その他】 ──表記・文体など

関連項目編集