メインメニューを開く

たけしの頭の良くなるテレビ

たけしの頭の良くなるテレビ』(たけしのあたまのよくなるてれび)は、1989年10月20日から1990年9月21日までTBS系列で毎週金曜20:00 - 20:54に放送されていたバラエティ番組である。

概要編集

ビートたけし(番組中では「北野武」名義で出演)が「科学」の分野に挑戦、各テーマごとに20人の生徒の中から毎週5人がたけし教授の講義に出席、身の回りの素朴な疑問に取り組む内容。

1年で番組は終了した。この番組を最後に『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』以来続いたビートたけしの冠番組枠は廃止。以降この時間帯は90分(後に2時間)の特番枠『金曜テレビの星!』に移行した[1]

エンディングでは、ジョルジュ・メリエスが監督を務めたフランス映画月世界旅行』(1902年)のワンシーンが挿入されていた。

出演者編集

ネット局編集

脚注編集

  1. ^ なおこの枠での1990年10月19日に、『風雲!たけし城スペシャル-谷軍1000人の総攻撃-』が放送された。

関連項目編集


TBS 金曜20時台(1989年10月 - 1990年9月)
前番組 番組名 次番組
たけしの頭の良くなるテレビ
金曜テレビの星!
※19:30 - 20:54