わたせ せいぞう(本名:渡瀬 政造1945年2月15日 - )は、日本漫画家イラストレーター福岡県北九州市出身。

わたせ せいぞう
本名 渡瀬 政造
生誕 (1945-02-15) 1945年2月15日(76歳)
日本の旗 日本福岡県小倉市(現北九州市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
教授
活動期間 1974年 -
ジャンル 青年漫画
ラブストーリー
絵本
代表作ハートカクテル
受賞 第13回小学館ビッグコミック賞(1974年)
第33回文藝春秋漫画賞『私立探偵フィリップ』(1987年)
公式サイト APPLE FARM わたせせいぞう公式HP
テンプレートを表示

略歴編集

兵庫県神戸市で生まれ、生後まもなく小倉市(現北九州市)に転出し、高校まで同地で過ごした。小倉市立堺町小学校(現北九州市立小倉中央小学校)、明治学園中学校福岡県立小倉高等学校早稲田大学法学部卒業[1]

大学卒業後は、同和火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険[1]の総合職[2]として勤務。休日を利用して絵を描き始める。社内でも上司に絵を描いていることを報告し、会社の広報誌などのイラストも描いて公認されていたが、「営業成績を下げたら絵は止めてもらうぞ」と上司に言われ、常に恐怖を感じていた。しかし、イラストを描いている珍しい課長ということで、若い部下が興味を持ってついてきたり、集中して効率よく仕事をするように努めていたため、全国の営業所でトップの営業成績を取っていた[2]

1974年に第13回小学館ビッグコミック賞を受賞する。1983年、代表作の『ハートカクテル』を『モーニング』(講談社)誌上で連載開始。1986年にアニメ化とドラマ化もされ、1989年に連載を終了。

1985年、企画課長への昇進を上司から示唆された時、「絵を止めなければよかった」と後悔する自分の姿を想像したため[2]、16年間勤務した同和火災海上保険を退社した。以降、作家活動に専念することとなる。

1987年には『私立探偵フィリップ』で第33回文藝春秋漫画賞を受賞。

2010年より2018年まで神奈川大学外国語学部国際文化交流学科にて「日本文化論(表象)」特任教授。

作風編集

わたせの作品の特徴はグラフィックデザイン風のレイアウトや色彩感覚を用いたカラー原稿は透明感に溢れ、新鮮でおしゃれな作風として「純愛」や「カラー」(カラースクリーントーンを使用)「1話あたり4ページ」「B5サイズの大判、豪華本の装丁」という基本フォーマットをほぼ全ての作品で踏襲しているところにある。それまで『モーニング』にいないタイプの漫画家だった。

イラスト集を除くと、例外としてはエッセー+イラスト集として刊行された『〜Reasonたち』(全3巻)と、モノクロをコンセプトとして刊行された『東京エデン』(全2巻)くらいである。

また、わたせの代表作であり出世作の『ハートカクテル』は松岡直也を始めとするジャズフュージョン系のミュージシャンとのコラボレートによる短編アニメーション化がなされ、日本テレビ系でテレビ放映された。近年ではその映像美を生かした「日本の美」を追求する作品が増えてきていて、初期作品はつげ義春の影響が見られる(BSマンガ夜話でのいしかわじゅんの指摘)。

『季節ぴあ』など、各種雑誌や実用書などの表紙のイラストレーション等も手がけている。『ハートカクテル』以降、カラー作品を手がけるようになったのは『おとこの詩』からの担当編集が作風にカラー処理が合うと判断したからであるらしく、わたせ本人もかなり乗り気であったことに始まる。『モーニング』ではわたせのマンガ賞も存在しており、主に講談社で活躍する。

  • 「純愛」:わたせの作品で登場する男女は真剣に愛を追究する誠実な人々ばかりであり、癒し系の元祖であるともいえる。
  • 「カラー」:色の変わり目に実線が引かれるリーニュ・クレール様式は鈴木英人東風人エルジェの作風に酷似していたが(少なくとも本人も意識していたと思われる)、そこで描かれる独特な登場人物ならびにグラデーション処理などの起用により、わたせ独自の世界が確立されている。

主な作品編集

書籍編集

  • ハートカクテル(1983年 - 1989年、講談社週刊モーニング」連載、全11巻)
  • おとこの詩(1985年、角川書店
  • 私立探偵フィリップ(1986年、実業之日本社
  • 僕のオールディーズはオールカラー(1985年、竹書房
  • リーズン・シリーズ(ハッピーなリーズンたち、8ビートのリーズンたち、恋するリーズンたち)(1987年 - 1989年、竹書房)
  • チョーク色のピープル(1987年、角川書店)
  • ふたりだけのSeason I - III(1987年、角川書店)
  • イエスタデイズ(1990年、角川書店)
  • 男と女のストーリィ
  • KEN&JUN(1987年、竹書房)
  • ハリケーン(1989年、講談社)
  • 近くそして遠い雲の下(1989年、角川書店)
  • TOKYO BLUE(2002年 - 2004年、ソフトバンクパブリッシング社『月刊ビジネススタンダード』連載)
  • 東京エデン(1998年 - 1999年、講談社『週刊モーニング』連載、全2巻)
  • 菜(さい)(1992年 - 1998年、講談社『週刊モーニング』連載、全12巻)
  • 八重と次郎(2003年、講談社『週刊モーニング』連載)
  • ハナドキロード(2000年、講談社『週刊モーニング』連載)
  • 江戸恋もよう(2003年 - 2004年、講談社『週刊モーニング』連載)
  • HEART COCKTAIL eleven
  • ボッチボン(2006年、講談社『コミックボンボン』連載)
  • The Motorcycle Letters(2005年 - 2006年、実業之日本社『月刊ガルル』連載)
  • Sea Side Story 7つの港 11の恋(2005年、講談社『ディズニーランド別冊with Minnie』連載)
  • Heart Station(2006年、光文社
  • 北のライオン(2009年 - 2013年、講談社『モ―ニング』連載)
  • 菜〜ふたたび〜(2007年 - 2009年、講談社『モーニング』連載)
  • サンタ サンタ サンタ(2011年、竹書房
  • あの頃ボクらは若かった(2013年 - 2015年、毎日新聞社『サンデー毎日』連載)
  • Dr.愛助(あいすけ)の孤独(2013年 - 2014年、講談社『モ―ニング』連載)
  • telephone(2014年 - 2015年、講談社『モ―ニング』連載)
  • ワンダーカクテル(2018年 - 、小学館『Men's Precious』連載)
  • なつのの京(2020年 - 、小学館『ビッグコミック増刊』連載)

映像化作品編集

  • ハートカクテル 1 - 6
  • 僕のオールディーズはオールカラー(1987年
  • チョーク色のピープル(1988年
  • TWO ON THE ROAD「いつもふたりで」(1992年
  • ハートカクテルアゲイン(2003年
    • 映像特典として収録された作品のみ、原作コミックス版は存在せず。

その他編集

コラボレート・アーティスト編集

作詞編集

イラストの活動の他にも、アーティストへの作詞活動も行っている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「Collaboration 家族のコラボレーション」100名様にプレゼント (PDF) - 2014年7月14日閲覧。
  2. ^ a b c 「趣味と仕事は違いますよね…?」”. リクナビNEXT [転職サイト]. 2014年7月14日閲覧。
  3. ^ “わたせせいぞう「ハートカクテル」自選集全4巻刊行、第1弾には夏の物語25編収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年7月7日). https://natalie.mu/comic/news/435765 2021年7月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集