メインメニューを開く

アザディ・スタジアムペルシア語: استاديوم آزادی‎、英語: Azadi stadium)は、イランの首都テヘランにあるスタジアムイラン・イスラム共和国放送(IRIB)は、「アーザーディスタジアム」と表記している[3]

アザディ・スタジアム
Azadi Stadium
ورزشگاه آزادی
Azadi Stadium. Tehran, Iran.jpg
施設情報
所在地 イランの旗 テヘラン
位置 北緯35度43分27.99秒 東経51度16分31.98秒 / 北緯35.7244417度 東経51.2755500度 / 35.7244417; 51.2755500座標: 北緯35度43分27.99秒 東経51度16分31.98秒 / 北緯35.7244417度 東経51.2755500度 / 35.7244417; 51.2755500
起工 1971年
開場 1971年
修繕 2002年-03年
所有者 アザディ・スポーツ・コンプレックス
運用者 テヘラン州
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 100 x 60 m
設計者 Abdolaziz Farmanfarmaian
旧称
アーリヤーメヘル・スタジアム (Aryamehr Stadium)
使用チーム、大会
ペルセポリスFC(1971-現在)
エステグラルFC(1971年-現在)
サッカーイラン代表 (1973-present)
1974年アジア競技大会
AFCアジアカップ1976
西アジアサッカー選手権2004
収容能力
84,412[1][2]

目次

概要編集

 
スタジアム西口

公式な収容員人数は84,412人で、1974年のアジア競技大会の為に建設された。スタジアムは「アザディ・スポーツ・コンプレックス」の一角にあり、センター内にはサッカー練習場、重量挙げ、水泳施設、バレーボール、フットサル場が隣接する。

所在地はテヘランの中心から西へ約13キロ、標高1274mに位置する。

1997年11月21日に開催された1998 FIFAワールドカップ・大陸間プレーオフ (AFC-OFC)で128,000人の入場者数を記録している。さらに完成から40年以上が経ち老朽化が激しくなったことから、上部観客席を閉鎖している。

スタジアム名のアーザーディーはペルシア語で自由を意味する[4]。なお、テヘラン市内には他にもイラン革命を期として名称変更されたアーザーディー広場アーザーディー・タワー英語版など「自由」の名前を冠した建築物が複数存在する。

スタジアムはサッカーイラン代表の国際試合の他に、ペルシアン・ガルフ・プロリーグペルセポリスFCエステグラルFCが本拠地として使用している。

かつてはパフラヴィー朝第2代皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィーを記念してアーリヤーメヘル・スタジアムと呼ばれていたが、イラン革命の後に現在の名称へ変更された。バックスタンドにはイランの初代最高指導者のルーホッラー・ホメイニーおよび2代目最高指導者のアリー・ハーメネイーの写真が掲げられている。

宗教上の理由から女性客の入場は認められていないため、試合時は男性客で溢れ返り異様な雰囲気を醸し出している。例外として2005年3月25日に行われたFIFAワールドカップ・ドイツ大会アジア最終予選におけるイラン対日本戦においては、頭にスカーフを巻く等肌を極力露出させないよう義務付けた上で日本から来た女性サポーターの入場を特別に許可した。

ギャラリー編集

スタジアムの全景

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集