メインメニューを開く

アドマイヤマックス(英語表記:Admire Max、香港表記:大賞識)とは日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍は、2005年の高松宮記念。2歳時から活躍したものの故障と善戦止まりが重なり、ようやくGIタイトルを手に入れたのは6歳を迎えてからであった。

アドマイヤマックス[1]
欧字表記 Admire Max[1][2]
香港表記 大賞識[3]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1999年4月10日(20歳)
サンデーサイレンス[1]
ダイナシュート[1]
母の父 ノーザンテースト[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 近藤利一[1]
調教師 橋田満栗東[1]
競走成績
生涯成績 日本国内:21戦4勝
日本国外:2戦0勝
[1]
獲得賞金 3億5244万1000円[1][4]
800,000香港ドル[4]
 
勝ち鞍
GI 高松宮記念 2005年
GIII 東京スポーツ杯2歳ステークス 2001年
GIII 富士S 2004年
テンプレートを表示

競走馬時代編集

2001年 - 2002年編集

2001年にデビューして新馬戦を快勝後、東京スポーツ杯2歳ステークスも制し、デビューから2戦目での重賞勝利と華々しいスタートを切る[5]。続いてラジオたんぱ杯2歳ステークスに出走するが、大外を追い込んできたもののメガスターダムにわずか届かず3着に敗れる[6]。2002年のクラシックシーズンを迎えた矢先に右橈骨遠位端骨折を発症し戦線離脱、春のクラシック戦線は全休となる[7]。秋のセントライト記念で復帰し、2着と好走[8]。続く菊花賞では2番人気に支持されるが、11着と大敗。続く京阪杯で3着に入ったが、レース後に今度は左橈骨遠位端骨折が判明して手術が行われ、再び戦線からの離脱を余儀なくされる[9]

2003年 - 2005年編集

故障が癒え、2003年は休み明けの安田記念が初戦となり、6番人気ながら好位追走、直線はたたき合いを制していったん抜け出したもののアグネスデジタルにクビ差差され2着に惜敗[10]関屋記念セントウルステークスでの善戦を経てスプリンターズステークスではデュランダルの3着[11]。暮れにはローエングリンテレグノシスとともに香港マイルへ出走し、4着に踏ん張るる[12][13]

2004年は春シーズンを全休し、休み明け2戦目の富士ステークスで約3年ぶりの勝利を挙げる[14]。続くマイルチャンピオンシップCBC賞は6着、5着と振るわず[15][16]2005年は年明け初戦として初のダート戦となる根岸ステークスに出走するも後方の位置取りのまま見せ場なくメイショウボーラーの14着と大敗[17]。芝に戻って阪急杯キーンランドスワンの4着と持ち直した後[18]、高松宮記念を迎える。

5度目となった武豊の手綱により4番人気で臨んだ高松宮記念では、カルストンライトオの逃げを他馬がマークする展開となり、メイショウボーラーらが後退する中で馬群から伸びてきた1番人気プレシャスカフェを直線半ばで捕まえ、さらに外から追い込んできたキーンランドスワンの追撃を2馬身2分の1差押さえて、ついに念願のGI初勝利を挙げた[19]。しかし、その後のレースでは京王杯スプリングカップでは4着に踏みとどまったものの[20]、安田記念は武豊も首をかしげる12着大敗に終わり[21]、秋競馬を迎えてスプリンターズステークスではサイレントウィットネスの3着[22]。マイルチャンピオンシップ6着を経てラストランとなった香港スプリントでは、2番人気に推され中団追走からレースを進めたが直線伸びず香港馬ナチュラルブリッツの11着と大敗を喫し、これを最後に引退した[23][24]

翌年の1月16日には、ノーザンホースパークで同じく2005年で引退したアドマイヤドンアドマイヤグルーヴとの合同引退式が行われた[25]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[26]、JBISサーチ[27]および香港賽馬會の情報[28][29]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
2001.10.13 京都 新馬 芝1600m(良) 8 8 8 04.1(3人) 1着 1:36.1 (35.0) -0.7 福永祐一 53kg (メイショウトキムネ)
0000.11.17 東京 東京スポーツ杯2歳S GIII 芝1800m(良) 18 8 16 04.8(2人) 1着 1:48.2 (35.4) -0.6 福永祐一 55kg (マチカネアカツキ)
0000.12.22 阪神 ラジオたんぱ杯2歳S GIII 芝2000m(良) 16 2 4 01.4(1人) 3着 2:03.5 (34.7) -0.1 福永祐一 55kg メガスターダム
2002.09.15 新潟 セントライト記念 GII 芝2200m(良) 17 5 9 03.1(1人) 2着 2:13.1 (34.6) -0.2 後藤浩輝 56kg バランスオブゲーム
0000.10.20 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 8 18 04.8(2人) 11着 3:08.1 (37.3) -2.2 後藤浩輝 57kg ヒシミラクル
0000.11.23 京都 京阪杯 GIII 芝1800m(良) 15 4 6 01.8(1人) 3着 1:45.5 (34.5) -0.2 後藤浩輝 55kg サイドワインダー
2003.06.08 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 8 16 18.6(6人) 2着 1:32.1 (34.0) -0.0 武豊 58kg アグネスデジタル
0000.08.03 新潟 関屋記念 GIII 芝1600m(良) 16 2 3 01.6(1人) 3着 1:32.0 (34.4) -0.2 後藤浩輝 56kg オースミコスモ
0000.09.14 阪神 セントウルS GIII 芝1200m(良) 13 5 7 04.6(3人) 4着 1:08.2 (33.9) -2.9 福永祐一 56kg テンシノキセキ
0000.10.05 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 15 7 13 05.1(2人) 3着 1:08.2 (33.7) -0.2 武豊 57kg デュランダル
0000.12.14 沙田 香港マイル GI 芝1600m(GF) 14 14 4 06.7(3人) 4着 1:34.60 (-) -0.3 福永祐一 126lbs Lucky Owners
2004.10.02 阪神 ポートアイランドS OP 芝1600m(良) 10 8 10 01.7(1人) 4着 1:33.9 (34.6) -0.2 赤木高太郎 56kg ニューベリー
0000.10.23 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 14 1 1 02.3(1人) 1着 1:33.2 (34.3) -0.2 武豊 56kg (モノポール)
0000.11.21 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 16 6 12 12.7(6人) 6着 1:33.7 (34.9) -0.7 武幸四郎 57kg デュランダル
0000.12.19 中京 CBC賞 GII 芝1200m(良) 16 8 16 05.2(2人) 5着 1:08.4 (34.1) -0.2 武幸四郎 57kg プレシャスカフェ
2005.01.29 東京 根岸S GIII ダ1400m(良) 16 2 4 06.6(2人) 14着 1:25.4 (36.9) -2.4 武豊 57kg メイショウボーラー
0000.02.27 阪神 阪急杯 GIII 芝1200m(良) 16 8 15 05.0(2人) 4着 1:08.6 (33.8) -0.1 福永祐一 57kg キーンランドスワン
0000.03.27 中京 高松宮記念 GI 芝1200m(良) 18 8 18 11.8(4人) 1着 1:08.4 (34.6) -0.4 武豊 57kg (キーンランドスワン)
0000.05.15 東京 京王杯スプリングC GII 芝1400m(良) 18 7 13 05.6(4人) 4着 1:21.1 (34.6) -0.8 武豊 59kg アサクサデンエン
0000.06.05 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 7 13 07.6(4人) 12着 1:33.0 (34.9) -0.7 武豊 58kg アサクサデンエン
0000.10.02 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 16 6 12 10.7(3人) 3着 1:07.6 (33.4) -0.3 武豊 57kg サイレントウィットネス
0000.11.20 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 1 2 24.9(6人) 6着 1:32.5 (33.9) -0.4 武豊 57kg ハットトリック
0000.12.11 沙田 香港スプリント GI 芝1000m(GF) 12 4 2 04.6(2人) 11着 0:58.6 (-) -1.0 上村洋行 126lbs Natural Blitz
  • 香港マイル、香港スプリントのオッズおよび人気は、香港賽馬會によるもの。また、「Draw」が枠番、「Horse No.」が馬番に該当。
  • 馬場状態:GF=Good to firm

種牡馬時代編集

2006年、春よりビッグレッドファームで種牡馬となり、84頭に種付けを行った[30]2007年9月11日ブリーダーズスタリオンステーションに移動[31]ステイゴールドと2年ごとに互いの供用場所を交換する契約となっており、初めてブリーダーズスタリオンステーションで過ごすことになる[31]

2009年に初年度産駒デビュー。6月20日札幌競馬場の新馬戦でコスモソルスティスが制し、JRA・地方通じて産駒勝ち上がり第1号となった[30]。さらに2011年9月4日にはモンストールが新潟2歳ステークスを制し、産駒の重賞初制覇を飾っている。

アドマイヤコスモスが後継種牡馬として種牡馬入りする予定だったが、引退の原因となった骨折が悪化し、種牡馬入り直前に予後不良となった[32]

主な産駒編集

 
ケイティブレイブ(2013年産)

血統表編集

アドマイヤマックス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

ダイナシュート
1982 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
シャダイマイン
1973 黒鹿毛
*ヒッティングアウェー
Hitting Away
Ambiorix
Striking
*ファンシミン
Fancimine
Determine
Fanciful Miss F-No.9-f
母系(F-No.) 9号族(FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Almahmoud4×5、Lady Angela4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アドマイヤマックス 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com アドマイヤマックス 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ アドマイヤマックス 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ アドマイヤマックス 5代血統表2017年8月28日閲覧。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n アドマイヤマックス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ ADMIRE MAX (CD608) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ 大賞識 (CD608) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g アドマイヤマックス”. ビッグレッドファーム - スタリオン. ビッグレッドファーム. 2019年8月12日閲覧。
  5. ^ 東京スポーツ杯2歳S、アドマイヤマックスが制覇!”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  6. ^ ラジオたんぱ杯は、メガスターダム!”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  7. ^ アドマイヤマックス、骨折”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  8. ^ セントライト記念はバランスオブゲーム”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  9. ^ アドマイヤマックス、骨折”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  10. ^ 第57回安田記念 歴代優勝馬ピックアップ アグネスデジタル”. 競馬予想・競馬情報トップ G1特集. JRA-VAN. 2019年8月6日閲覧。
  11. ^ スプリンターズS、デュランダルが制す”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  12. ^ 香港国際競走、日本馬4頭出走へ”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  13. ^ 香港国際競走、日本馬のコメント”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  14. ^ 富士S、アドマイヤマックス快勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  15. ^ マイルCS全着順、払戻金”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  16. ^ CBC賞、プレシャスカフェ初重賞制覇”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  17. ^ 根岸S、メイショウボーラー7馬身差の圧勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  18. ^ 阪急杯、キーンランドスワン差し切り”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  19. ^ 高松宮記念、アドマイヤマックス差し切り”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  20. ^ 京王杯SC、アサクサデンエン快勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  21. ^ 安田記念、騎手コメント「よく伸びてくれた」”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  22. ^ サイレントウィットネス、日本馬を撃破”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  23. ^ 香港スプリント、アドマイヤマックスは11着”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  24. ^ 香港国際競走、騎手・調教師コメント”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  25. ^ アドマイヤ3騎の合同引退パーティー開催”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  26. ^ netkeiba アドマイヤマックスの競走成績”. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  27. ^ アドマイヤマックス 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  28. ^ RACE 7 (259) - THE HONG KONG MILE” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年8月6日閲覧。
  29. ^ RACE 5 (237) - THE CATHAY PACIFIC HONG KONG SPRINT” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2019年8月6日閲覧。
  30. ^ a b 新種牡馬アドマイヤマックス産駒が初勝利”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  31. ^ a b ステイゴールド、アドマイヤマックスが移動”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月6日閲覧。
  32. ^ アドマイヤコスモスが種牡馬入り前に死亡”. 競馬ラボ. KEIBA LAB. 2019年8月6日閲覧。
  33. ^ アドマイヤコスモス”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  34. ^ ドリームフォワード”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  35. ^ メイショウマシュウ”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  36. ^ モンストール”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  37. ^ ショウナンアポロン”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  38. ^ エトワールドロゼ”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  39. ^ ケイティブレイブ”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。
  40. ^ ケイティマーヤ”. JBISサーチ. 2018年3月15日閲覧。

外部リンク編集