メインメニューを開く

アメリカ合衆国国務次官(経済・実業・農業担当)

アメリカ合衆国において国務次官(経済・実業・農業担当)(こくむじかん けいざい・じつぎょう・のうぎょうたんとう、Under Secretary for Economic, Business, and Agricultural Affairs)は、国務次官の一人である。同職は、国務省の上席経済顧問を務め、国際経済政策に関して国務長官に助言する。また、米国の経済的相手国との貿易農業航空、2国間通商関係に関する業務を主導する。経済・エネルギー・実業局(旧経済実業局)は、同次官に仕える唯一の部署である。

現在の次官はロイベン・ジェフェリー3世で、ジョゼッテ・シーラン(2006年11月、国連事務総長コフィー・アナン食糧農業機関事務局長ジャック・ディウフから世界食糧計画執行役員に任命された)に代わり、2007年6月27日に就任の宣誓をした。

議会の法律は、1946年8月1日に省内第3位の幹部として経済担当国務次官に2年の任期を初めて認めた。しかし同職は更新されず、1947年から1958年までは、対外経済問題を扱う職は国務次官代理または国務次官補のいずれかであった。1958年6月30日、議会は相互安全保障法により、経済担当国務次官職を再び設置した。1959年6月30日の国務省組織法は、政治担当国務次官または経済担当国務次官のいずれかを任命する権限を大統領に付与した。

経済担当国務次官が置かれなかった1959年から1972年までの間、国務次官代理または国務次官補が再び対外経済問題担当の幹部職員となった。1972年7月13日、議会は対外関係委任法に基づき、経済問題と政治問題担当の、国務次官に相当する独立・常設の職を設置した。1985年8月16日、議会は同職を農業問題も含めた名称に改めた。この「経済・農業担当国務次官」は、対外経済及び商業政策に関する主席顧問として長官及び副長官(かつては国務次官)に仕える。明示された任務や責任、課題は時期により多種多様であった。各在職者は、その肩書きの一部として便利な名称で委任された。1994年5月12日、職名が経済・実業・農業担当国務次官に改められた。

目次

国務次官(経済担当)(1946年—1985年)編集

国務次官(経済・農業担当)(1985年—1994年)編集

国務次官(経済・実業・農業担当)(1994年以降)編集

外部リンク編集