アリオ八尾(アリオやお)は、大阪府八尾市に所在する複合商業施設である[2]

アリオ八尾
Ario Yao
Ario Yao 2019 Hato.jpg
建物全景(2019年2月)
地図
店舗概要
所在地 581-0803
大阪府八尾市光町2丁目3番[1]
座標 北緯34度37分58.2秒 東経135度36分20.9秒 / 北緯34.632833度 東経135.605806度 / 34.632833; 135.605806座標: 北緯34度37分58.2秒 東経135度36分20.9秒 / 北緯34.632833度 東経135.605806度 / 34.632833; 135.605806
開業日 2006年(平成18年)12月4日[2]
正式名称 Ario(アリオ)八尾
施設所有者 セブン&アイ・クリエイトリンク
施設管理者 セブン&アイ・クリエイトリンク
敷地面積 68,110[1]
延床面積 151,588[1]
商業施設面積 41,000[2]
中核店舗 イトーヨーカドーアリオ八尾店[1]
店舗数 160以上[1]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 2,500台(駐輪数2,050台)[1]
前身 コクヨ八尾工場
最寄駅 近鉄八尾駅[1](徒歩2分)
最寄IC 近畿自動車道 八尾IC東大阪南IC
外部リンク 公式サイト
Ario
テンプレートを表示
開業時の全景
南西角より(2008年2月24日)

概要

イトーヨーカ堂三井物産の共同出資会社であったモール・エスシー開発(現:セブン&アイ・クリエイトリンク)が新業態「アリオ」として運営する大型ショッピングセンターであり、アリオとしては5店舗目、関西地区では初の出店となる。2006年平成18年)12月4日に営業を開始した[2]

開業時点ではイトーヨーカドーを核店舗として160以上のテナントが出店しており[2]、地上5階建てで小売店舗面積は41,000m2である[2]

コクヨ八尾工場跡地に建設された[3]。施設の設計・施工は竹中工務店

核店舗はイトーヨーカドーアリオ八尾店[1]。その他の主要施設として、座席数で関西最大規模となるシネマコンプレックスMOVIX八尾(12スクリーン・2,436席)[1][4]トヨタ自動車ダイハツ工業の販売店5社を集めたオートモール(サービス工場併設の自動車ショールーム)がある[1]。但しオートモールに関しては、ダイハツが2018年10月9日に、大阪トヨタを除くトヨタ系販売店3社が2019年1月14日に撤退しており、残る大阪トヨタが2019年6月20日まで仮店舗で営業を行い、同日リニューアルオープンした。

最寄駅は近鉄大阪線近鉄八尾駅[1]。隣接地には同じセブン&アイ・ホールディングスグループ企業であるそごう・西武が運営する西武八尾店があり、アリオ・西武・近鉄八尾駅を相互に結ぶペデストリアンデッキを設けるなどグループ内で相乗効果を狙ったが、むしろ西武の顧客がアリオに流出する逆効果となり、2017年にテナントを残して西武は撤退、LINOASに転換した[5][6]

1Fには交通広場(ロータリー)が設けられ、路線バスやタクシー乗り場のほか、JR八尾駅、JR久宝寺駅、JR志紀駅からのバスが運行されている。

なお、2019年4月現在は館内の「超改装」が実施されている[7]

主なテナント

出店テナント全店の一覧・詳細情報については公式サイト「ショップガイド」を参照。

アクセス

道路

鉄道

バス

1Fに「アリオ八尾バスターミナル」が設けられており、近鉄バスの運行拠点の一つとなっている他、大阪バスの路線も乗り入れている。

近鉄バス

  • 44番(若江岩田・荒本駅前・JR住道経由 萱島行き)
  • 94番(高砂住宅行き)

昼間以外の時間帯はアリオ八尾には乗入れず、近くにある光町二丁目から利用することが可能。

運行経路上、アリオ八尾に乗入れない70番(藤井寺駅行き)は近鉄八尾駅前から利用することが可能。

大阪バス

  • 八尾志紀線(八尾プリズムホール・曙川コミセン前・アクロスプラザ北口経由 JR志紀駅行き)

運行経路上、アリオ八尾に乗入れない布施八尾線(布施駅南口行き)は近鉄八尾駅から利用することが可能。

周辺施設

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k アリオ八尾について”. イトーヨーカ堂. 2014年7月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “全国小売流通特集:近畿エリア=多様化する消費者ニーズ対応へ新業態開発進める”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2007年7月24日)
  3. ^ 敷地内にはコクヨ八尾工場跡地の記念碑があるほか、駐輪場の前にある消火栓の標識の下にコクヨのロゴが表記された看板があり、当時の名残が見られる。
  4. ^ これに次ぐのは9スクリーン・2,391席のユナイテッド・シネマ岸和田である(改装前は関西最大であった)。
  5. ^ “西武八尾店来年2月閉店 相次ぐ郊外百貨店撤退 SCと競争激化”. 日本経済新聞. (2016年8月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05589870S6A800C1LDA000/ 2016年8月3日閲覧。 
  6. ^ セブン&アイグループ企業の百貨店とGMSの店舗が近接しているケースとしては、関西地区では八尾が唯一であった。関東地区においては、船橋春日部小田原(西武百貨店とイトーヨーカドー)、川口そごうとイトーヨーカドー)のケースがある。川口のケースは以前のアリオ八尾と同様、アリオとそごう・西武の店舗が近接している。
  7. ^ 超改装 新店舗・改装店舗のご案内|アリオ八尾”. www.ario-yao.jp. 2019年4月4日閲覧。

関連項目

外部リンク